酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

御朱印(東京)

〖開運〗小網神社の御朱印と強運厄除のご利益

今回は日本橋の小網神社の御朱印をご紹介します。「ブサイク芸人」が人気女優と結婚するという奇跡を実現させた山里亮太のお気に入りの神社ということで最近特に話題となっており、強運厄除のご利益で大人気となっています。 小網神社の由緒 強運厄除のご利…

〖調布〗常性寺の御朱印と明るく開放的な境内

今回は調布の常性寺(じょうしょうじ)の御朱印をご紹介します。京王線の布田駅で下車して国領神社へ向かう途中に進行方向右手に出現する寺院で、比較的地味な街並みの中で少々異彩を放つような雰囲気の寺院です。もともと鎌倉時代に創建された歴史のある寺…

〖調布〗国領神社の御朱印と開花期に大変に賑わう「千年の藤」

今回は國領神社の御朱印をご紹介します。もともと多摩川の畔にあった神社が別当寺の移転により移されてきたもので、境内には「ちょうふ八景」のひとつである「千年の藤」があり、毎年四月下旬の見頃になると大変に賑わいます。 最寄り駅は国領ではなく布田 …

〖北新宿〗鎧神社の豪快な御朱印と鎧にまつわる数々の伝説

今回は北新宿の鎧神社の御朱印をご紹介します。一度聞いたら忘れない名前の神社ですが、実際に鎧にまつわる数々の伝説が残されています。御朱印も「鎧」という社号にふさわしい豪快な書体でした。 鎧にまつわる数々の伝説が残された場所 鎧神社の豪快な書体…

〖御朱印〗免許更新の際に少しだけ寄り道して鮫洲八幡神社をお参りしてみよう

今回は鮫洲八幡神社の御朱印をご紹介します。鮫洲といえば運転免許試験場の街ですが、鮫洲駅を下車してからのルートのすぐ脇に神社があることをどれだけの方がご存知でしょうか。江戸時代初期にすでに存在していた歴史のある神社で、境内は江戸前漁業の漁師…

〖四谷〗須賀神社の御朱印と三十六歌仙絵と「君の名は。」

今回は四谷の須賀神社の御朱印をご紹介します。あの四谷怪談で有名な陽運寺の近隣にあって、アニメ映画「君の名は。」の舞台にもなったことから多くのファンが訪れる場所になっています。拝殿内には平安時代初期から中期にかけての優れた歌人36名一人一人を…

〖令和初〗陽運寺の御朱印と四谷怪談

今回は四谷の陽運寺の御朱印をご紹介します。四谷怪談で有名なお岩ゆかりの寺院ですが、実際のお岩は家庭を大事にした貞淑な妻であったということで、悪運を切って良縁を結ぶ縁結びの寺として知られています。 四谷怪談とは お岩ゆかりの寺院である陽運寺 「…

〖目黒〗大鳥神社の御朱印と「長禄江戸図」

今回は目黒の大鳥神社の御朱印をご紹介します。目黒不動尊や五百羅漢寺といった見どころの多い地域ですが、大鳥神社はその中でも古い資料に名を残している神社です。御朱印は正月、例大祭、酉の市開催中に限られていましたが、通年に変わったようです。 「長…

〖両国〗回向院の御朱印と鼠小僧からペットまで供養する理念

今回は両国の回向院の御朱印をご紹介します。回向院といえば勧進相撲や鼠小僧の墓ばかり取り上げられているように感じますが、お参りしてみて動物にまつわる施設が多いことに誰もが気付くと思います。鼠小僧からペットまで供養する理念には回向院の日本一の…

〖御朱印〗小石川諏訪神社は真ん前に行くまで気付かないから要注意

今回は小石川諏訪神社の御朱印をご紹介します。全国に約25,000社ある諏訪神社の一つで室町時代初期からの歴史があるとされており、創建に際してはなかなか興味深い伝説が残されています。出世稲荷神社と同様に普段は無人ですが、御朱印は兼務社の牛天神北野…

〖本郷〗出世稲荷の御朱印と春日局のシンデレラストーリー

今回は本郷の出世稲荷神社の御朱印をご紹介します。「出世稲荷」という社号の神社は全国各地にありますが、本郷の出世稲荷神社は徳川幕府第三代将軍家光の乳母として知られる春日局にまつわる神社です。「逆臣」の娘から幕府内で老中をも上回る権力者となっ…

〖元祖〗牛天神北野神社の御朱印と撫でると願いが叶う御神体の「ねがい牛」

今回は牛天神北野神社の御朱印をご紹介します。正式名称は「北野神社」ですが一般的には「牛天神」と呼ばれ、各地にある北野神社と区別することができるようになっています。天満宮には「撫で牛」がつきものですが、こちらには全国の撫で牛の元祖とされる「…

〖将軍家〗傳通院の御朱印と多くの著名人が埋葬された墓地

今回は小石川の傳通院(でんづういん)の御朱印をご紹介します。傳通院は実は増上寺に次ぐ徳川将軍家の菩提所次席でという格の高い寺院で、徳川家康の生母である於大を筆頭として数多くの著名人の墓がありました。 傳通院の由緒 傳通院の御朱印 御朱印所 御…

〖小石川〗こんにゃく閻魔の御朱印と山積みのこんにゃく

今回はこんにゃく閻魔として知られる小石川の源覚寺の御朱印をご紹介します。こんにゃくをお供えすることから呼ばれるようになった名前で、お供えのこんにゃくが山積みになった閻魔堂が印象的です。周辺にこんにゃくを売っている店はなさそうで、お供えする…

〖猫〗三崎稲荷神社の御朱印と大隈重信や南極探検隊もあやかろうとした「旅の安全」のご利益

今回は三崎稲荷神社の御朱印をご紹介します。水道橋の駅前にありながらほとんどの人が見逃してしまうような地味な神社ですが、じつは平安時代末期に創建された大変に歴史のある神社です。「清めの稲荷」として「交通安全」や「旅の安全」のご利益で知られて…

〖水道橋〗金刀比羅宮東京分社の御朱印と「まるこん」の紋

今回は水道橋の金刀比羅宮東京分社の御朱印をご紹介します。地元で「水道橋のこんぴらさん」として親しまれている神社ですが、起源は香川と縁もゆかりもありませんでした。有名な「金」のマークは「まるこん」と呼ばれ、香川の金刀比羅宮と直轄の6社だけが使…

〖圧巻〗護国寺の御朱印と江戸時代の姿を現在に伝える境内

今回は護国寺の御朱印をご紹介します。元禄時代に創建された徳川幕府の祈願寺で主要な建物が数々の大災害を乗り切っており、江戸時代の姿を現在に伝えています。重要文化財の本堂は堂内が圧巻の美しさでしたが、HPに掲載されていないような意外な見どころ…

〖重要文化財〗鬼子母神堂の角(つの)のつかない「鬼」の字を用いた御朱印

今回は雑司ヶ谷の法明寺飛び地境内にある鬼子母神堂の御朱印をご紹介します。正式には角(つの)のつかない鬼の字を用いており、寺院では珍しい権現造りのお堂は国の重要文化財に指定されています。 鬼子母神堂の由緒 角のつかない鬼の字を用いる鬼子母神堂…

〖雑司ヶ谷〗法明寺の御朱印と平安時代初期に創建された歴史

今回は雑司ヶ谷の法明寺の御朱印をご紹介します。法明寺は都電の駅名にもなっている雑司ヶ谷鬼子母神堂の本院で、平安時代初期に創建された大変に歴史のある寺院です。地下鉄副都心線の開通により都電との乗り換えでよく利用していた場所ですが、今回初めて…

〖御朱印〗菅原神社(町田)は今も昔も重要な場所に位置している

今回は町田の菅原神社の御朱印をご紹介します。幹線道路が交差する場所ですが、鎌倉時代には幕府防衛のための重要な拠店で、今も昔も重要な場所に位置する神社のようです。現在は町田三天神の一つとされています。 今も昔も重要な場所に位置する菅原神社 菅…

〖出世の石段〗愛宕神社の御朱印と縁結びの象徴のハートマーク

愛宕神社の御朱印をご紹介します。出世の石段で有名ですがそれ以外に商売繁盛や煙霧市日といったご利益があります。今回初めて思いがけない場所に縁結びの象徴であるハートマークがあるのを発見しました。初詣の行列は大変なものがあります。 愛宕神社の由緒…

〖ご利益〗神田明神の新しい御朱印と境内の雰囲気を一変させた文化交流館

今回は神田明神の新しい御朱印をご紹介します。12月15日に文化交流館がオープンして、境内の雰囲気が一気に華やかなものになり、御朱印も新しいタイプに変わりました。特色が全く異なる様々な地区を氏子地域として持ち、性格の異なる3体の御祭神として祀る…

〖茶室〗増上寺の2ヶ所で頂ける御朱印と東京を代表する風景

今回は増上寺の御朱印と境内の茶室で開催された茶会をご紹介します。御朱印は2ヶ所で頂ける他、毎月第4日曜日は境内の茶室で茶会が開催されています。徳川家の菩提寺であった増上寺は時代に翻弄され続けてきましたが、先の大戦による荒廃から立ち上がり、現…

〖宮の坂〗世田谷八幡宮の御朱印と美しい造りの相撲場

今回は世田谷八幡宮の御朱印をご紹介します。有名なボロ市通りから10分の場所に位置する世田谷の総鎮守で、境内は美しい緑に囲まれた境内には美しい造りの相撲場があり、現在でも奉納相撲が行われています。 世田谷八幡宮の由緒 世田谷八幡宮の御朱印 御朱印…

〖和歌〗江北氷川神社の平成30年度版の御朱印は「人の世の道」を詠んでいた

今回は江北氷川神社の御朱印をご紹介します。こちらでは名誉宮司が詠んだ和歌を2頁にわたって記した御朱印を頂けるのですが、その人気は非常に高く遠く海外からお参りに来る人もいるといいます。内容については毎年正月になると新しいものに変更されるため、…

〖とげぬき地蔵〗高岩寺の御朱印と本尊より人気の「洗い観音」

今回は巣鴨の高岩寺の御朱印をご紹介します。高岩寺は「おばあちゃんの原宿」のシンボルの「とげぬき地蔵」としてあまりにも有名な寺院で、巣鴨地蔵通り商店街のど真ん中に位置しています。境内の「洗い観音」には長蛇の列ができており、本尊のとげぬき地蔵…

〖巣鴨〗眞性寺の美しい御朱印と江戸六地蔵尊

今回は巣鴨の眞性寺(しんしょうじ)をご紹介します。巣鴨地蔵通りの入り口にあり、江戸六地蔵第三番の「銅造地蔵菩薩坐像」で知られています。この地は古くから商業や信仰の街であり、それが受け継がれて「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる現在の街並みにな…

〖777〗六本木天祖神社の金文字の御朱印は受付日と初穂料に要注意

今回は六本木天祖神社(龍土神明宮)の御朱印をご紹介します。東京ミッドタウンに隣接した高層ビル群の合間に位置する神社で、金文字の御朱印を頂くには受付日と初穂料に注意が必要です。このあたりはこれまで度々ご紹介しているラーメン屋の「まる彦」があ…

〖縁〗千束稲荷神社の御朱印と「千束」の由来と樋口一葉

今回は千束稲荷神社の御朱印をご紹介します。5000円札に描かれている樋口一葉が明治26年から27年にかけて近所に住んでおり、代表作の「たけくらべ」には神社の祭りが登場します。吉原遊郭とともに発展したこの地域の鎮守で、境内は派手さはないものの落ち着…

〖最古〗渋谷氷川神社の御朱印と毎月15日の「えんむすび祈願」

今回は渋谷氷川神社の御朱印をご紹介します。渋谷最古といわれる古い歴史を持っており、江戸時代は「江戸郊外三大相撲」の一つでしたが、現在では縁結びのパワースポットとしても知られています。毎月15日の「えんむすび祈願」では限定御朱印を求めて行列が…