酒とうどんと御朱印の日々

過ごしやすくなりました。GoToキャンペーンで旅をしたいのですが仕組がわかりません

御朱印(神奈川)

〖霊気〗大雄山最乗寺の御朱印と世界一の高下駄にまつわる天狗伝説

※最終更新日2020年6月22日 今回は大雄山最乗寺の御朱印をご紹介します。神奈川県西部を代表するターミナル駅である小田原駅にはJRや小田急、箱根登山鉄道の他に大雄山線が乗り入れていて、名前からして大きな寺院があるらしいということだけは知っており、…

〖竜神水〗箱根神社の御朱印とインスタ映えで人気の「平和の鳥居」

今回は古来より関東総鎮守として知られる箱根神社と九頭龍神社新宮の御朱印をご紹介します。芦ノ湖の湖畔に面した「平和の鳥居」はインスタ映えすることもあり、境内でも屈指の撮影スポットとなっていました。3種類頂ける御朱印は格の高い神社らしくシンプル…

〖遊郭〗金刀比羅大鷲神社の御朱印と「横浜最大」の酉の市

今回は横浜の金刀比羅大鷲神社の御朱印をご紹介します。桂歌丸で有名な横浜橋通商店街に隣接した静かな神社ですが、調べてみると遊郭の守護神という意外な歴史がありました。月替わりの限定御朱印は鷲を舳先に掲げた青い宝船でした。 金刀比羅大鷲神社の御朱…

〖4種類〗大稲荷神社の御朱印と開運パワースポットの錦織神社

今回は小田原の大稲荷神社の御朱印をご紹介します。小田原駅から徒歩5分くらいの場所にある閑静な神社ですが、テニスの錦織選手の活躍とともに境内社の錦織神社がパワースポットとして話題になりました。御朱印は4種類どれも大変にカラフルです。 御朱印は4…

〖つつじ寺〗等覚院の御朱印とただものではない雰囲気の境内

今回は川崎市宮前区の等覚院の御朱印をご紹介します。詳しい沿革などはほとんどわかっていない寺院ですが、江戸時代末期に再建された本堂を持つただものではない雰囲気の寺院で、あじさい寺の妙楽寺に対して「つつじ寺」と呼ばれています。 等覚院の御朱印 …

〖宿河原〗妙楽寺の御朱印と一面に咲き誇っていたあじさい

今回は川崎の妙楽寺の御朱印をご紹介します。源頼朝の弟も住職を務めた源氏累代の祈祷所であった寺院の旧跡であり、現在では「あじさい寺」として地元では知る人ぞ知る存在です。 妙楽寺の御朱印 御朱印所 御朱印 一面に咲き誇っていたあじさい 源氏累代の祈…

〖破産〗伊勢山皇大神宮の御朱印と伊勢神宮の社殿を移築した本殿

今回は横浜の伊勢山皇大神宮(いせやまこうたいじんぐう)の御朱印をご紹介します。幕末から明治にかけて急速に西洋化した横浜における精神的支柱となることを期待されて誕生した神社で、一方で日本で初めて破産した神社という珍しい一面もあります。本殿は…

〖延命院〗成田山横浜別院の御朱印と超過酷なアクセス

今回は成田山横浜別院として知られる延命院の御朱印をご紹介します。全国に8か所ある成田山新勝寺の別院の一つで、幕末の日米通商条約がきっかけとなったという意外な歴史をもっています。土砂崩れが発生したような斜面上にあり、アクセスは超過酷です。 成…

〖平成最後〗久里浜天神社の御朱印とご利益

今回は久里浜天神社の御朱印をご紹介します。ペリー上陸の地である久里浜で350年以上の歴史を持つ神社で、三浦半島唯一の天満宮です。ちょうど改元間近というタイミングであったため境内は「令和」一色となっており、結果的に平成最後の御朱印となりました。…

〖大船〗定泉寺の御朱印と一見の価値がある「田谷の洞窟」

今回は定泉寺の御朱印をご紹介します。定泉寺は大船駅からバスで10分くらいの場所にあり、本堂裏手の「田谷の洞窟」は一見の価値がある文化財です。これまで大船駅は何度も利用してきましたが、最近まで存在も知らなかった完全なる穴場スポットです。 定泉寺…

〖渡し船〗叶神社の御朱印と東西両神社の見どころ

今回は浦賀の叶神社(かのうじんじゃ)の御朱印をご紹介します。大願が叶う縁起の良い神社として知られており、東西両神社にはそれぞれ異なる見どころがありました。 叶神社の御朱印 御朱印所 御朱印 叶神社の由緒 西叶神社の見どころは社殿の彫刻 大鳥居 参…

〖鎌倉大仏〗高徳院の御朱印と「大佛殿」への並々ならぬこだわり

今回は高徳院の御朱印をご紹介します。有名な鎌倉大仏は鎌倉時代の姿を現在まで残しており、国宝に指定されています。当初存在したという大仏殿は消えてしまっていますが、HPでは「鎌倉大仏殿高徳院」と名乗り御朱印には「大佛殿」と記されており、並々な…

〖鎌倉〗長谷寺の御朱印は十一面大悲殿、出世開運大黒天の二種類

今回は長谷寺の御朱印をご紹介します。春はアジサイ、秋は紅葉の名所として知られていますが、見どころはそれだけではありません。御朱印は十一面大悲殿、出世開運大黒天の二種類頂けます。 長谷寺の御朱印は二種類 御朱印所 御朱印 長谷寺の意外な見どころ …

〖紅葉〗大山寺の御朱印と境内の意外な見どころ

今回は大山寺の御朱印をご紹介します。大山阿夫利神社と大山ケーブル駅のちょうど中間に位置しており、神社からはケーブルカーを利用するか傾斜の急な坂を下らなければなりません。御朱印は本尊の不動明王を思わせる力強い書体でした。 大山寺の御朱印 御朱…

〖下社〗大山阿夫利神社の御朱印と境内の意外な見どころ

今回は大山阿夫利神社(下社)の御朱印をご紹介します。現在でも神奈川を代表する紅葉の名所として人気があり、神社からの眺望はミシュラン・グリーンガイドで二つ星の評価を受けるなど意外な見どころがあります。こちらでは歴史ある神社らしい風格のある御…

〖横浜〗妙蓮寺の御朱印は美しい花の絵が印象的

今回は妙蓮寺の御朱印をご紹介します。東急東横線の駅名となっている何かと鉄道に縁のある寺院で、御朱印は美しい花の絵が印象的でした。 御朱印は美しい花の絵が印象的 御朱印所 御朱印 妙蓮寺の由緒 妙仙寺と蓮光寺から一字ずつとった妙蓮寺 何かと鉄道に…

〖社殿構造〗伊勢原大神宮の御朱印と「内宮・外宮二社殿形式」

今回は伊勢原大神宮の御朱印をご紹介します。伊勢原という地名の由来となった神社ですが、創建されたのは江戸時代初期という、この地域では比較的新しい神社です。伊勢神宮に倣って内宮と外宮を設けて天照皇大御神と豊受姫大神を別々に祀っていますが、これ…

〖伊勢原〗比々多神社の御朱印と縄文から続く歴史

今回は伊勢原の比々多神社(ひびたじんじゃ)の御朱印をご紹介します。歴史ある神社や寺院が点在している大山山麓の中心部に位置しており、何と縄文時代中期から人々の祈りの場所であったといいます。御朱印も歴史を感じさせるどっしりとした書体でした。 比…

〖伊勢原〗高部屋神社の御朱印と思わず息を飲む境内の景観

今回は伊勢原の高部屋神社の御朱印をご紹介します。建築年代の異なる拝殿と本殿が独特の景観を形成しており、思わず息を飲みました。国道246号線沿いにあることから日向地区へ向かうときに気付いており、それ以来気になる存在となっていました。延期式神名帳…

〖伊勢原〗石雲寺の御朱印と石造の五重塔

今回は伊勢原の石雲寺(せきうんじ)の御朱印をご紹介します。伊勢原市の日向地区に集中する仏教施設の中で最も奥まった場所に位置しており、飛鳥時代の大友皇子にまつわる意外な由緒のある寺院です。皇子を供養するために設けられた石造の五重塔が知られて…

〖伊勢原〗浄発願寺の御朱印と印象的な三重塔

今回は伊勢原の浄発願寺の御朱印をご紹介します。江戸時代は山全体を寺領とするほど繁栄した寺院で、明治以降衰退するものの山中にいきなり出現する三重塔には驚かされます。 浄発願寺の由緒 雨乞い信仰の寺であり、罪人の駆け込み寺でもあった 浄発願寺の御…

〖伊勢原〗日向薬師の御朱印と絶対に息をのむ本堂

今回は伊勢原の日向薬師(ひなたやくし)の御朱印をご紹介します。急な階段を上って仁王門をくぐり、寺林の間を進むと美しい本堂の姿が見えてきますが、きっとそこで息をのむと思います。奈良時代に創建されたという伝承を持つ寺院で、江戸末期まで山伏の修…

〖海老名〗有鹿神社の御朱印とTwitterで話題の「パンダ宮司」

今回は海老名の有鹿神社(あるかじんじゃ)の御朱印をご紹介します。最近では「パンダ宮司」がTwitterで取り上げられて話題になっており、御朱印にも登場しています。 有鹿神社の御朱印 御朱印所 御朱印 Twitterで話題の「パンダ宮司」 有鹿神社の由緒 アク…

〖厚木〗飯山観音の御朱印と神秘的な雰囲気の境内

今回は飯山観音として知られる厚木の長谷寺(ちょうこくじ)の御朱印をご紹介します。厚木の郊外にある真言宗の寺院で、神秘的な雰囲気の大変に印象的な寺院でした。厚木にはもう一つ曹洞宗の長谷寺がありますが、そちらは全然違う場所にある寺院ですので、…

〖金沢八景〗瀬戸神社では2種類の対照的な御朱印を頂ける

今回は金沢八景にある瀬戸神社および摂社の琵琶嶋神社の御朱印をご紹介します。オーソドックスな瀬戸神社と超個性的な琵琶嶋神社という、同一の人が書いたとはとても思えない2種類の対照的な御朱印を頂けます。 瀬戸神社の由緒 かつては罪や穢れを流してしま…

〖御朱印〗神武寺(逗子)のお参りはほぼ登山である

今回は逗子の神武寺の御朱印とアクセスについてご案内します。神武寺は海底の凝灰岩が隆起して形成された山上にあり、古くから山岳信仰の霊場として敬われ、現在でも「女人禁制」の石碑が残されているといいます。現在はハイキングコースの中に組み込まれ、…

〖御朱印〗弘明寺の境内は「横浜最古」で満ちていた

今回は弘明寺の御朱印をご紹介します。京急線や横浜地下鉄の駅名になっているだけではなく、周辺の地名にまでなっている歴史のある寺院で、境内は「横浜最古」で満ち満ちています。京急線の開通にあたっては寺が用地を提供しましたが、その際に意外なことが…

〖金沢文庫〗称名寺の御朱印と美しい浄土庭園

今回は横浜市金沢区の称名寺の御朱印をご紹介します。住宅街の中に突如として出現する大変に美しい寺院で、浄土庭園の桜が満開となっており大変に美しい光景が広がっていました。京浜急行線には「金沢文庫」「金沢八景」という駅名がありますが、称名寺はこ…

〖下鶴間〗諏訪神社の御朱印と拝殿の見事な彫刻

今回は大和市下鶴間の諏訪神社の御朱印をご紹介します。「鶴間」というのは東京と神奈川の2県にまたがる地名です。かつてこのあたりには広大な湿地帯があったとされ、鶴が舞うような土地であったという事から「鶴舞い」⇒「鶴間」という名前になったという説…

〖座間〗鈴鹿明神社の御朱印と「鈴鹿」を社名にする理由

今回は座間の鈴鹿明神社の御朱印をご紹介します。神楽殿や授与所は高速道路の最新のSAを思わせる近代建築で、堂々たる木造建築の社殿も実は平成4年築という、新しいものと古いものが見事に融合した神社です。座間に存在しない地名である「鈴鹿」を社名と…