酒とうどんと御朱印の日々

うどんを食べて感動するという経験をしたい方は、サンライズ瀬戸に乗って香川に行きましょう

本場の讃岐うどん

〖改訂増補〗讃岐うどんの名店ランキングを僭越ながらまとめてみた

これまで香川県内で食べたうどん屋を誠に僭越ながらランク付けしてみました。サンライズ瀬戸で香川を訪れて讃岐うどんの食べ歩きをするための完全ガイドで、ご紹介しているのは全てハイレベルな店ばかりです。

〖片原町〗地上最強のウドン ゴッドハンドは麺が長く柔らかいがコシもあった

「地上最強のウドン ゴッドハンド」はとんがった挑発的な店名で知られています。「店主のおすすめ」とだという釜あげうどんは麺の一本一本が長く、柔らかいながらコシがありました。

〖円座〗マルタニ製麺のかけうどんは柔らかいのにコシがある

マルタニ製麺はレンタカーを利用しなくても電車でたどり着けます。ガイドブックに掲載されるような店ではありませんが、柔らかいのにコシがあるうどんは香川でも最上級だと思います。

〖高松〗手打ち麺や大島はこれまで食べてきた中で一番うまい

「手打ち麺や大島」は高松市を代表するベッドタウンの真ん中の店で、食器の片づけまで自分でやる「真のセルフ」です。麺も出汁も完璧で、私がこれまで食べ歩いてきた中で最高のうどんかもしれません。

〖深夜営業〗手打ちうどん鶴丸のカレー天うどんは全ての要素が美味かった

手打ちうどん鶴丸は讃岐うどんでは珍しく深夜のみ営業している店です。「飲んだ後の締めのうどん」として最適なカレー天うどんはうどん・カレー・天ぷらの全てが美味いと思いました。

〖箕浦〗西端手打上戸はうどんもロケーションも最高だった

西端手打上戸(じょうと)は香川県の最西端で愛媛県との県境の近くに位置する店で、燧灘の絶景が目の前に広がっています。いかにも手打ちした生地を包丁で切ったというような極太麺で、からめの出汁とよく合っていました。

〖温室〗根ッ子うどんはコシの強い麺と旨味が凝縮した出汁が印象的

多度津の根ッ子うどんは「温室の中でうどんを食べる店」として知られています。温室を店舗に改造したのではなく最初からうどん店の客席として温室を建てたもので、コシの強い麺と旨味が凝縮した出汁が印象的でした。

〖セルフ〗麺処綿谷丸亀店は大量生産ぽいが美味い

麺処綿谷丸亀店は香川県でも屈指の讃岐うどんの大型店で、少しでも客を待たすことなくうどんが提供できるようスタッフの配置に細かい工夫をしています。いかにも機械で大量生産したような麺でしたが、イリコの旨味が凝縮させたような出汁と絡んで大変な美味…

〖坂出〗怪しさいっぱいの山下うどんは麺も出汁も完璧だった

坂出の山下うどんは香川県内でも数少ない薪を使用して大釜でうどんを茹でる店です。川の土手沿いにある怪しさいっぱいの店で食べたかけうどんは麺も出汁も完璧でした。

〖東かがわ〗吉本食品のかけうどんはお昼時を過ぎていても美味かった

吉本食品は香川県と徳島県の県境にある東かがわ市にある店で、令和2年度「うどん技能グランプリ2020」では最高賞の農林水産大臣賞を受賞しています。お昼時をかなり過ぎた時間で最後に残っていた2玉にもかかわらず滑らかさとコシはしっかりと残っており、打…

〖かしわざる〗手うちうどん麦蔵はかしわ天とうどんの相性が最高だった

「手打ちうどん麦蔵」(むぎぞう)は香川県立中央病院と高松競輪場の間の三角形の空間にあるかしわざるが看板メニューの店です。宮崎県産地鶏を使用した揚げたての天ぷらは強烈なコシのうどんと相性抜群でした。

〖空港通〗手打ちうどんの田のかけうどんは麺も出汁も理想的だった

「手打ちうどんの田」(でん)は角煮うどんが名物の店ですが、厳しい数量制限があるので食べたければ開店前に並ばなければ無理です。代わりに注文したかけうどんは麺も出汁も理想的で感動的な美味さでした。

〖あつあつ〗宮武うどんは捻じれた麺に強めの出汁がよく絡んでいた

宮武うどんは初代に弟子入りした二代目がのれん分けを許されて誕生した店で、屋号を初めてして何から何まで譲り受けています。機械を一切使わない「手切り」の店らしいうどんは強めの出汁とよく絡んでいました。

〖国分寺〗うどん一福はシルクのような口当たりのグミ系うどんだった

うどん一福(いっぷく)は予讃線の線路沿いにある店で、「中村」で修行した現在の店主が一度閉店した店の屋号を受け継いで続けています。フワフワとしたシルクのようなで、それでいてしっかりとしたグミ系の細麺が印象的でした。

〖綾川町〗手打ちうどん田村はきめの細かい麺が印象的だった

手打ちうどん田村は讃岐うどんの名店として古くから知られた店で、民家と間違えてしまうような外観だけに探すときは注意が必要です。メニューは基本的に4種類だけで、やさしい歯ごたえと舌触りのきめの細かい麺が印象的でした。

〖移転!〗おうどん瀬戸晴れのすだち冷やかけはスッキリとした出汁が印象的

おうどん瀬戸晴れは創業以来高松市新田町で営業してきた店ですが、2022年7月に高松市牟礼町に移転しています。おすすめのすだち冷かけは粘りと弾力のある麺をスッキリとした出汁が受け止めていました。

〖宇多津〗おか泉のひや天おろしは口にものどにも優しかった

おか泉(おかせん)は比較的新しい店ながらさぬきうどんを代表する人気店で、客の8割が「ひや天おろし」を注文します。麺の柔らかさ、滑らかさ、しっかりとしたコシの3要素が極限の所で並び立ち、口にものどにも優しいうどんでした。

〖食べ方〗小縣家では自分で大根をおろしながらうどんの茹で上がりを待つ

小縣家はしょうゆうどんが看板メニューの店で、「満濃うどんトライアングル」と呼ばれる交差点に面しています。こちらでは自分で大根をおろしながらうどんが茹で上がるのを待ちます。

〖食べ方〗須崎食料品店のうどんは香川でも屈指の美味さ

須崎食料品店は「何だこりゃ?」と言いたくなる名前ですが、香川県内でも人気のうどん店で、セレブがヘリコプターに乗って食べに来たような店です。味の吟味も忘れて私がついつい一気食いしてしまったほどのうどんは香川県内で一番うまいと思います。

〖煙突〗やまうちうどんはノスタルジー感あふれる立地と店構えが印象的だった

やまうちうどんはうどんの美味さに加えてノスタルジー感あふれる立地や店構えが印象的なさぬきうどん店です。出汁が実にうまく、コシが強めの麺がそれを受け止めていました。

〖釜バター〗手打十段うどんバカ一代は店も店員もうどんもオーソドックスでマイルドだった

手打十段うどんバカ一代は何ともとんがった店名です。高松市の中心地にあって営業時間も長い訪れやすい店で、うどんも店員も店の様子もどれもオーソドックスでマイルドでした。

〖おすすめ〗うどん本陣山田家本店の釜ぶっかけは太麺のずっしり感が素晴らしい

うどん本陣山田家本店は四国霊場第85番札所八栗寺の参道にあり、登録有形文化財の屋敷の座敷で極上のうどんを食べることができます。おすすめメニューの「釜ぶっかけ(卵黄付)」は太麺のずっしり感が素晴らしく、うどんと店の雰囲気の両方を楽しめました。

〖ちくせい〗「元祖セルフうどんの店」竹清はうどんも天ぷらも素晴らしい

竹清(ちくせい)本店は高松市内の中心部に店を構えています。うどんはもちろんのこと、天ぷらにも力をいれており、半熟卵の天ぷら発祥の地となっています。柔らかさと弾力を兼ね備えた麺がだしの美味さを受け止めており、天ぷらも最高でした。

〖るみばあちゃん〗池上製麺所のかけうどんは出汁の美味さが印象的

池上製麺所は「るみばあちゃん」の店として全国的に有名で、全国各地から客がやってきます。現在店は孫が引き継いでおり、かけうどんの出汁の美味さが印象に残りました。

〖勝手〗橋本製麺所ではたった80円で十分に満足できるうどんが味わえる

橋本製麺所は製麺と卸だけをやっている店で、客はマイどんぶりにうどんを分けてもらい、しょうゆをかけて店先で「勝手に」食べていきます。一玉なんとたったの80円、それだけで十分に満足できるうどんを味わうことができました。

〖高松〗感動的うまさだったさか枝本店のかけうどんと注文の仕方

さか枝本店は高松市の中心部にあるさぬきうどんの超有名店で、こちらで食べたかけうどんは感動的なうまさでした。注文の仕方が少し変わっているので知っておいた方がいいでしょう。

〖讃岐うどん〗毎日1時間しか店を開けない日の出製麺所のうどんはしゃきっとしていた

日の出製麺所は製麺業第一が徹底された店で、本業に支障をきたさないよう毎日お昼前後の1時間だけに限って食べることができます。うどん玉だけが入ったどんぶりに自分でだしをかけたうどんは全体的にしゃきっとしていました。 讃岐うどん店の3タイプ 一般店 …

〖讃岐うどん〗がもうはオーソドックスを極限まで突き詰めた正統派の店だった

「がもう」はインターネットや雑誌等、様々な媒体で紹介されている店で、恐らく最も知名度の高い讃岐うどん店ではないかと思います。ナビがあっても道に迷うような立地で、しかも外で食べるしかないという店です。しかしこちらでは「オーソドックス」を極限…

〖讃岐うどん〗ブラタモリに登場した山ともの「ひやあつ」はぷるんぷるんとしていた

ブラタモリに登場した店である丸亀の山ともはまだ歴史の浅い店ですが、有名店で修業して指導を受けた麺とだしで新進気鋭の店として評価されています。柔らかくプルンプルンとした麺の良さを優しい味わいのだしが引き出していました。 [:contents]

〖丸亀〗「これぞセルフ」なかむらのかけうどんは感動的美味さだった(動画あり)

丸亀の「なかむら」は「客が裏の畑へ行って自分でネギを抜いて刻む店」という伝説的なうどん店です。讃岐うどんブームで客が押し寄せるようになった現在でも、受け取った麺を客が自分でテボを使って温める「これぞセルフ」というような仕組みが残っています…