困ったときこそ酒と神様

ようやくたどり着いた、ストレスフリーで酒やうどんを楽しめる日々。これこそがご利益だったのかもしれません。

〖ライオン通り〗高松市で夕食におすすめ!川福本店の美味しい「ざるうどん」

川福本店は高松市の中心部にあるライオン通り商店街に位置しており、夕食をとるのに適した店です。「ざるうどんの元祖」と言われるだけあって麺の美味さが最高でした。

高松で問題なのは夕食

讃岐うどん店の営業時間は9:00~14:00という場合が最も多く、それに加えて製麺所系の店が早朝の6時頃から開いていたりします。この場合特に何か書かれていなくても「麺が無くなり次第終了」であることは暗黙の了解であり、人気店の場合13時を過ぎたら閉まっていることがほとんどです。

そのため香川を訪れた場合は朝一番から12時半ころまで忙しく駆け回り、それ以降に神社や寺院を巡っているのですが、疲れているので大抵の場合は夕方頃ホテルに入ります。

そこでいつも問題になるのが「夕食をどうするか」ということです。

夕食としてうどんを食べられるエリア

せっかく香川に来たのですから香川でしか食べられないようなものを食べたいものです。そこで「第二の名物」と呼ばれる骨付鳥の店をいつも覗くのですが、本格的な店は一瞬で心が折れてしまうような行列ができているのが常で、そうなるとやはり夜もうどんということになります。

兵庫町商店街のはなまるうどん

そうはいっても香川に来てまではなまるうどんに入りたくはありません。(但し、丸亀製麺と違ってはなまるうどんは香川県内で立派に通用しています。)

ライオン通りた商店街

ネオンが輝くフェリー通り

香川で夕食にうどんということになるとエリアが限定され、飲み屋さんの多いライオン通り商店街(上)がフェリー通り(下)のどちらかということになります。

川福本店

今回はライオン通り商店街の川福本店を訪れました。

「ざるうどんの元祖」川福本店

川福本店の提灯

川福本店は「ざるうどんの元祖」として知られており、店頭の提灯にも「ざるうどん」と記されています。「ざる蕎麦があるならざるうどんも」というのは誰でも考えられることですが、客に出せるようなレベルのうどんを打つのは難しかったようです。

うどんで最も大切なのはのど越しと考えた川福の初代は麺の表面を滑らかにするために生地を練る際に様々な工夫をしました。また試行錯誤した結果「うどんの太さを4ミリにすると、一番のどごしがいい」との結論に至り、それ以来うどんの太さはずっと縦横4ミリ、長さ90センチに保たれています。これにより夏場は半数以上、冬場でも3割ほどのお客様がざるうどんを注文しているといいます。

麺の美味さが最高だった

店内の様子

あれやこれや自分でやらなければいけないセルフではなく、川福本店は席でメニューを見て注文すると席までうどんを持ってきてくれる「一般店」タイプの店です。壁には相撲関係者との記念写真が数多く貼られており、店の格式の高さが感じられました。

メニュー

川福本店のメニューです。香川のうどんとしては値段が相当に高いことに驚かされます。

天ざるうどん

今回注文したのは天ざるうどんです。恐ろしいほど麺のきめが細かく表面が滑らかで、シルクの極みといった口当たりでした。どこまでもモチモチつるつるしており、柔らかでありながらしっかりとしたコシもありました。

初代店主がのど越しの全てをかけただけあって、のどに吸い付いてくるような麺の美味さが最高でした。

www.goshuinbukuro.com

川福本店について

主なメニュー

天ざるうどん                1390円

釜上げ天ぷらうどん  1390円

かけうどん       620円

ぶっかけうどん     750円

地図

店舗概要

香川県高松市大工町2-1

087-822-1956

営業時間 11:00~14:00 18:00~22:00

定休日 火曜日

「評価に値する」と思われたらワンクリックお願いします。読者登録とブックマークを頂けるともっと嬉しいです。

お勧め記事 

 www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

 

www.goshuinbukuro.com