酒とうどんと御朱印の日々

うどんを食べて感動するという経験をしたい方は、サンライズ瀬戸に乗って香川に行きましょう

〖讃岐うどん〗毎日1時間しか店を開けない日の出製麺所のうどんはしゃきっとしていた

日の出製麺所は製麺業第一が徹底された店で、本業に支障をきたさないよう毎日お昼前後の1時間だけに限って食べることができます。うどん玉だけが入ったどんぶりに自分でだしをかけたうどんは全体的にしゃきっとしていました。

讃岐うどん店の3タイプ

讃岐うどん店には3つの店のタイプがあると言われています。「セルフ」が大多数だろうと思っていたのですが、四国新聞によれば香川県内のうどん店の約6割が一般店タイプなのだそうです。

一般店

注文するできあがったうどんを席まで持ってきてくれるという、全国どこにでもある最も一般的なうどん店です。注文を済ませてしまえば後は席で座ったままほとんど動く必要がなく、基本的に全て店員がやってくれます。

今回の食べ歩きでは「長田うどん」と「むさし」が該当します。

〖讃岐うどん〗お家騒動から復活した長田うどんの釜揚げは「正統派の極み」だった - 酒とうどんと御朱印の日々

〖讃岐うどん〗「むさし」のカレーうどんは濃厚なカレーをモチモチの麺が受け止めていた - 酒とうどんと御朱印の日々

セルフ

席に座っているだけではだめで、客が「注文」以外の何かをしないといけないのが「セルフ」です。カウンターの最初で注文し、天ぷらやおでん、いなり等を取りながら進むとその先で完成されたうどんが出てくるという「はなまるうどん」や「丸亀製麺」のようなタイプが主流ですが、うどん玉をせいろから取って自分で温めなければならないような店もあります。

今回の食べ歩きでは「谷川米穀店」「山下うどん」「なかむら」「山とも」「がもう」が該当します。

〖讃岐うどん〗谷川米穀店では青唐辛子の佃煮がいい味を出していた - 酒とうどんと御朱印の日々

〖讃岐うどん〗山下うどんのぶっかけはコシが強くワシワシと噛みしめて食べた - 酒とうどんと御朱印の日々

〖讃岐うどん〗「これぞセルフ」なかむらのかけうどんは感動的美味さだった(動画あり) - 酒とうどんと御朱印の日々

〖讃岐うどん〗ブラタモリに登場した山ともの「ひやあつ」はぷるんぷるんとしていた - 酒とうどんと御朱印の日々

〖讃岐うどん〗がもうはオーソドックスを極限まで突き詰めた正統派の店だった - 酒とうどんと御朱印の日々

製麺所

もともと卸し専門の製麺所だった店がついでに客に食べさせてくれるようになったという店です。このタイプの店はあくまでもうどんの麺の卸しが本業で客はそれを分けてもらって食べるのであり、そのため客席は製麺所の一角の余ったスペースということになります。今回の食べ歩きでは「三嶋製麺所」「宮川製麺所」が該当します。

日の出製麺所はこちらのタイプのうどん店です。

〖讃岐うどん〗三嶋製麺所は確かに「究極の製麺所うどん」だった - 酒とうどんと御朱印の日々

〖讃岐うどん〗宮川製麺所のうどんは「昔ながらのうどん」だった - 酒とうどんと御朱印の日々

驚くほどぷるぷるの新感覚スイーツ!京都伏見稲荷大社近くに本店を構える「まるもち家」の【水まる餅】

「店頭で食べたい」という要望を断り切れなかった

日の出製麺所の店舗と巨大な製麺所

日の出製麺所は1930年(昭和5年)の創業で、手前にある食事をするスペースの奥に巨大な製麺工場があります。

もともとは卸売りと店頭でのうどんの玉売りと生うどんの手土産や贈答品の販売卸しのみの店でしたが、「店頭で食べさせて欲しい」という要望が強く、どうしても断りきることができなかったといいます。本業である製麺業に支障をきたさずにいいものが出せるのは1時間半が限界ということで、現在では「11時半から12時半の間なら食べることができる。」という形式となっています。12時半に行列に並んでいればOKなのだそうです。

恐るべきさぬきうどん第5巻

ちなみに私が現在所有している「恐るべきさぬきうどん」1~5巻には日の出製麺所の記載はなく、2002年初版発行の第5巻に掲載されている「わたしの好きなうどん屋さんランキング」BEST50にもランクインしていません。

さぬきうどん全店制覇攻略本2004年度版

一方で「さぬきうどん全店制覇攻略本2004年度版」では紹介されていることから、日の出製麺所でうどんが食べられるようになったのはこの辺りのタイミングではないかと思われます。

ゼリーでもない、わらび餅でもない、まるで水のように口の中で消えていく新感覚スイーツ「水まる餅」。透明な風船をプチンと割ると、驚くほどぷるぷるの水まる餅が現れます。

全体的にシャキッとしていた

日の出製麺所店舗の前の行列

今回の食べ歩きで最も長い行列です。皆さんさっさと食べてさっさと出ていくせいか、それほど待たずに店の中に入ることができました。

メニューは熱い・冷たい・ぬるい・釜玉の4つで、それぞれ小(1玉)・中(1,5玉)・大(2玉)・3玉・4玉の中から選びます。店に入る際に店員に伝えて席で待っていると、「熱い小の方~!」と呼びかけてくれるので、手を上げてアピールしましょう。

熱いうどん(小)

熱いうどん(小)です。この状態でテーブルに置かれるので、讃岐うどんが初めての人はギョッとするかもしれません。

熱いだしを注いだ熱いうどん小

「上級者」を自称する私は動揺することなくテーブルの上にあるポットから熱いだしを注ぎました。

熱いうどん小とちくわの天ぷら

薬味のネギを自分でかけ、トッピングとしてちくわの天ぷらをとります。麺はモチモチした食感で、細麺でありながらしなやかで弾力がありました。のど越しも良く、全体的にシャキッとしたうどんです。イリコが効いただしは優しい味わいで、麺の良さを十分に引き出していました。

会計は食べ終わったらレジで自己申告して済ませます。

日の出製麺所の前に訪れたがもうの記事

〖讃岐うどん〗がもうはオーソドックスを極限まで突き詰めた正統派の店だった - 酒とうどんと御朱印の日々

2度の食べ歩きを終えて

7月と9月の2回に渡って香川で讃岐うどん巡りを行い、合計15店を食べ歩きました。どの店も大変に美味かったのですが、その中でも初回の「わら屋」と2回目の「なかむら」が特に印象に残っています。

日の出製麺所

香川県坂出市富士見町1-8-5

営業時間

11:30~12:30

定休日 不定休

「おいしい水を食べる」を形にした、唯一無二の口溶けと、ぷるぷる食感がクセになる。お好みで付属の黒蜜やきな粉をかけて召し上がれ。ご注文はお早めに!

★スマホでご覧の方はPCでも見て頂きますと写真がよくわかります。

「参考になった」と思われたらはてブの所をポチっとして頂きますと幸いです

◆香川にはサンライズ瀬戸の延長運転でいった。

www.goshuinbukuro.com

◆前回の旅での食べ歩き

www.goshuinbukuro.com

◆今回印象に残った店

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com