御朱印とうどんを極めたい!!

乃木坂46のライブ映像を見ながらウイスキーを飲む時間が至福です。

〖極上〗完全セルフの上原屋本店でおすすめメニューのかけうどんを味わおう

上原屋本店おすすめメニューのかけうどんは口当たりは滑らかで適度なコシと弾力があり、旨味の詰まった出汁と絡んで極上の味となっていました。今年で創業50年の名店で、栗林公園の向かいというわかりやすい場所に位置しています。

今年で創業50年の名店

上原屋本店の創業は1973年ということでなので、今年で丸50年ということになります。讃岐うどん界でもかなり古い店であり、この頃の讃岐うどん店によくあるように当初は麺の卸が中心であったといいます。

栗林公園

上原屋本店は中央通りに面した栗林公園の向かいに位置していますが、以前はもう少し奥まった場所にありました。当時は地元民ばかりを相手に商売しており、食べ終わって立ち上がる際に頭の上を他の人のうどんが通過中ということが頻発するほど店が狭かったといいます。

以前から意識していた店

上原屋本店はネット上でよく見る讃岐うどんの人気ランキングでは必ずベスト10に入ってくるような人気店です。こういう場所に登場するような店のほとんどは既に訪問済なのですが、上原屋だけは行ったことがありません。そのため次に香川に行く機会があれば必ず行こうと以前から意識していました。

上原屋本店の現行の店

現在の店は広々としていてかなり余裕を残したレイアウトでバリアフリーにも配慮しており、車いすでも何の問題もなく食事ができるようになっています。

店の前の行列

移転して以降は観光が主目的の県外からの客も増えました。私の後ろに並んでいた人は山梨から飛行機に乗ってきたそうです。

上原屋本店の看板

銘木を使用した独特な形状の看板は印象に残ります。

香川でも珍しい完全セルフの店

上原屋本店は今や香川でも珍しくなった完全セルフの店です。

セルフの店のカウンター

一番手前のカウンターで「かけの小」というように注文してうどん玉を受け取り、隣に置かれている天ぷらやおでんを取ります。

上原屋本店の厨房

最期にレジでお金を払い、手前に掛けられているデポに麺を入れて湯煎し、隣にある蛇口から出汁を注ぎます。そしてその隣に置かれた薬味を自分でかけて準備完了です。

客席の様子

広々とした店内に多くの席が設けられており、あらかじめ席取りをしなくても座れました。

お土産用の商品コーナー

かつて製麺と卸を中心に商売していたこともあって上原屋本店では半生うどんやだし醤油の通信販売を行っており、店内の一角にはお土産用の商品のコーナーが設けられていました。

おすすめメニューは極上の味わいだったかけうどん

上原屋本店のかけうどん小

初めての店では直球勝負ということで、かけうどんの小を注文しました。

かけうどんと牛筋煮込みとちくわ天

トッピングとして牛筋煮込みとちくわ天もとりました。

麺がぴかぴかしていました。口当たりは滑らかで適度なコシと弾力があり、表面はツルツルしていながらほんの少しぬめりのようなものを感じます。それによって出汁とよく絡んでいました。おうどん瀬戸晴れのうどんの表面も何やらヌメヌメしていましたが、上原屋本店のヌメヌメ度はそれ以上でした。

透き通った出汁は決して辛くなく、程よい旨味が詰まっていて麺と絡んで極上の味わいとなっていました。やはり初めての店では直球勝負がおすすめです。

ちくわ天はサクサクで牛筋煮込みもしっとりとしています。さすが人気店だけのことはありました。

www.goshuinbukuro.com

上原屋本店について

主なメニュー

かけうどん(小)  300円

ぶっかけうどん(小)300円

ざるうどん(小)  300円

地図

店舗詳細

讃岐うどん上原屋本店

香川県高松市栗林町1-18-8

087-886-8841

営業時間9:30~15:30

定休日 日曜日

「評価に値する」と思われたらワンクリックお願いします。

関連記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

 www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

 www.goshuinbukuro.com