御朱印とうどんを極めたい!!

乃木坂46のライブ映像を見ながらウイスキーを飲む時間が至福です。

〖ご利益〗「出世の石段」を上がって頂く愛宕神社の御朱印は直書きのみ

東京の愛宕神社では直書きのみの御朱印が頂けます。御朱印帳にも描かれた出世の石段があまりにも有名ですがそれ以外に商売繁盛や縁結びといった意外なご利益があります。境内の整備が進行中で雰囲気が一変していました。

御朱印は直書きのみ

御朱印所

愛宕神社の御朱印所

御朱印は1種類で拝殿向かって右奥の授与所で頂けます。かつて紙の御朱印が踏まれて落ちていたということがあり、御朱印帳への直書きのみ対応しているようです。

受付時間9:00~16:00

初穂料300円

御朱印

愛宕神社の御朱印

右上に「伏火之総本社(ひぶせのそうほんしゃ)」と書かれています。「火を伏せる」ということで防火の神を主祭神として祀ることに由来します。

過去に頂いた御朱印

愛宕神社の令和4年7月23日付御朱印

令和4年7月23日付です。

愛宕神社の平成27年6月6日付御朱印

平成27年6月6日付けです。

オリジナル御朱印帳

愛宕神社のオリジナル御朱印帳

愛宕神社のオリジナル御朱印帳は表紙の部分に出世の石段が描かれています。

小型サイズのみのようで、紙質は良好でした。

価格1700円

愛宕神社の歴史とご利益

愛宕神社が徳川家康の命により創建されたのは1603年です。この年に征夷大将軍になって江戸に幕府を開いた家康は街の防火のため火の神様である火産霊命(ほむすびのみこと)を祀りました。

その後火災や震災、空襲等に因り社殿は度々焼失し、現在ある建物は1964年に再建されたものです。

「出世の石段」があまりにも有名ですが、それ以外に防火・防災、商売繁盛、縁結び等のご利益もあります。

拝殿で発見したハートマーク

社殿の思いがけない場所に縁結びの象徴であるハートマークがありました。

「出世の石段」が有名

下から見上げた出世の石段

愛宕神社正面の坂(男坂)は「出世の石段」として有名で、出世を夢みる多くの人が毎日上り下りしています。ちなみに右手には傾斜の緩い女坂があります。

1634年に三代将軍家光が増上寺の参詣の帰りに通りがかり、愛宕山の山上で満開になっていた梅の花を馬で取ってくるよう命じたといいます。丸亀藩の家臣である曲垣平九郎がこれに応えて馬で石段をのぼり降りし、見事に山上の梅を家光に献上したことでその名がたちまち全国にとどろいたといいます。

上から見下ろした出世の石段

「出世の石段」は全部で86段、傾斜角は約40度あり、石段というよりもむしろ壁に近い感覚です。

階段が話題の寺社

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

アクセス

交通

日比谷線神谷町駅徒歩約5分

日比谷線虎ノ門ヒルズ駅徒歩約5分

銀座線虎ノ門駅徒歩約8分

都営三田線御成門駅徒歩約8分

地図

境内の見どころとなる場所

社号標

愛宕神社の社号標

大鳥居

愛宕神社の大鳥居

白鳥居

白鳥居

出世の石段を上がりきった場所に位置しています。

丹塗りの門

丹塗りの門

招き石

招き石

社殿左手にあります。撫でると福がつくといいます。

拝殿

拝殿

本殿

本殿

将軍梅

将軍梅

江戸時代に曲垣平九郎が将軍徳川家光に献上した梅だとされています。

境内社

太郎坊社・福寿稲荷社・恵比寿大黒社

左から太郎坊社・福寿稲荷社・恵比寿大黒社です。

弁財天社

弁財天社です。

境内の雰囲気が一変した

境内の池

現在愛宕神社では境内の整備が進められており、以前お参りした時とは雰囲気が一変しています。

境内から見上げた虎ノ門ヒルズ

虎ノ門ヒルズ開業に伴い境内からの景色も大きく変わりました。

このブログのイチオシ記事

◆近隣で頂ける御朱印www.goshuinbukuro.com

「評価に値する」と思われたらワンクリックお願いします。読者登録とブックマークを頂けるともっと嬉しいです。