酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖入魂〗安ウィスキーランキングを自信を持ってまとめてみた

当ブログ立ち上げ以来ご紹介してきたウィスキーはこれまでで48本になりますが、今回はその中で私がまとめた安ウィスキーランキングをご紹介します。これまでご紹介してきた銘柄は全て自分で飲んでみて一定レベル以上と判断したものばかりではありますが、やはりその中でもレベルの差というものは存在するため、5段階に分けてランキング付けをしてみました。

決定!安ウィスキーランキング

これまでご紹介してきたウィスキーの中で税込み価格2,000円未満のものを「安ウィスキー」とし、1点から最高で5点までの5段階にランク付けします。価格については店によって大きな差がありますが、基本的に私が日頃利用している店における価格で判断しています。たとえ1点でも「ブログで紹介するに足る」と判断した一定レベル以上のもので、圏外となって載せていない銘柄もゴマンとあります。

5点 ティーチャーズ ブラックニッカスペシャル アーリータイムズ

4点 デュアーズ グレンエリス グランツ ロングジョン ホワイト&マッカイ

   オークマスター樽薫る フェイマスグラウス

3点 バランタインファイネスト ジョニーウォーカー赤ラベル オールド 

   カティーサーク タラモアデュー ハディントンハウス

2点 角瓶 ホワイトホース ブラックニッカディープブレンド ベル 白角

   ブラックニッカリッチブレンド フォアローゼス ジムビーム 富士山麓

1点 ジェムソン カナディアンクラブ リチャードソン

5点だけは私の好きな順ですが、それ以外は順不同です。

5点

ティーチャーズ

ティーチャーズやや甘く重厚なスモーキーフレーバーを感じることのできる、いかにもスコッチというウィスキーです。これで1,000円台前半ですから驚きます。(先日入った古淵のイオンでは税込みで1,000円を切っていた)

ブラックニッカスペシャル

ブラックニッカスペシャルストレートで一口飲んで、思わす「これは梅酒か?」と感じるほどのとろりとした甘さがあったことが印象的です。ブラックニッカの中で完全に干された存在でほとんど酒屋で見かけませんが、今後どうするつもりなのかはっきりとさせてほしいものです。

アーリータイムズ

アーリータイムズすっきり爽やかな飲み口ですが、しっかりとした味わいはどんな飲み方をしても崩れませんでした。

4点

デュアーズ

デュアーズロックにした時に劇的に口当たりがよくなりました。

グレンエリス

グレンエリス

玉付のボトルと高級和菓子を思わせる甘さが印象的です。成城石井で扱っていますが、現在では見つけるのが至難の業となっています。(たまプラーザ店には何本かあった)

グランツ

グランツグレンフィディックと同じ三角形のボトルが印象的です。ハーフロックが一番うまいというスコッチとしては珍しい酒です。

ロングジョン

ロングジョンコストパフォーマンスに優れており、1,000円以下のウィスキーとしては最強だと思います。

ホワイト&マッカイ

ホワイト&マッカイ

滑らかで上品な甘さが特徴のウィスキーです。こちらも最近では見つけるのが難しくなりました。

オークマスター樽薫る

オークマスター樽薫る640mlで1,000円を切る価格で、警戒心が沸いてなかなか手が出せなかったのですが、飲んでみると驚くほど本格的味わいでした。

フェイマスグラウス

ファイマスグラウス本場スコットランドで30年以上人気ナンバーワンだったウィスキーです。ラベルに雷鳥が描かれていますが、パブで「あの雷鳥の酒をくれ」と注文する客が多かったことから「The Famous Grouse(あの有名な雷鳥)」という名になったといいます。

3点

バランタインファイネスト

バランタインファイネスト価格は手頃で味も標準的であり、スコッチウィスキーの入門編としてうってつけだと思います。バランタインファイネストを略してバラファイという呼び方もあるようです。

ジョニーウォーカーレッドラベル

ジョニーウォーカーレッドラベル

ジョニーウォーカーからは「俺がスコッチだ!」という強烈な自己主張を感じますが、それは一番低い価格帯のジョニ赤からも感じることができます。

オールド

オールド過去にいろいろと黒歴史があったようですが、やはり日本のウィスキーの代表的な味がオールドではないかと思います。戸棚にあった父のウィスキーを盗み飲みすることから始まった私の酒歴の原点でもあります。

カティーサーク

カティサーク一般的には「軽い」と評されているようですが、実際に飲んでみるとしっかりとした味わいで、「軽い」とはどうしても思えません。

タラモアデュー

タラモアデュー初めて飲んだアイリッシュウィスキーがこの酒でした。英国の近隣でありながらスコッチとまったく違い、クリーミーで滑らかな味わいには面食らいました。

ハディントンハウス

ハディントンハウス1,000円をきる価格からは信じられないような味わいで、コストパフォーマンスに優れたウィスキーです。

2点

角瓶

角瓶オールドと同様に日本のウィスキーの典型的な味わいだと思います。

ホワイトホース

ホワイトホース田舎の荒くれ者のような力強い味わいが特徴です。

ブラックニッカディープブレンド

ブラックニッカディープブレンド45度というアルコール度数からくる強靭な味わいが特徴で、昨今のウィスキーブームがもたらした原酒不足に対応して登場した商品です。これと入れ替わりに「ブラックニッカ8年」が販売終了になったのは納得できません。

ブラックニッカリッチブレンド

ブラックニッカリッチブレンドブラックニッカシリーズの中では価格面でも味の点でも最も標準的です。(ブラックニッカクリアを私は認めていない)

ベル

ベル文字通り辛口ウィスキーでした。

フォアローゼス

フォアローゼス氷を入れたり水で割ったりして飲み方を変えるとその都度劇的に味わいが変わります。

ジムビーム

ジムビーム典型的なバーボンウィスキーです。

白角

白角その昔「端麗辛口」というキャッチコピーで売り出されていただけあって、角瓶より若干辛口です。

富士山麓

富士山麓

50度という高いアルコール度数が特徴です。1回に飲む量はどうしても少なくなるため長持ちさせることができ、意外とコストパフォーマンスがいい酒でした。

1点

ジェムソン

ジェムソンアイリッシュウィスキーの代表的銘柄ですがタラモアデューに比べるとかなり弱く、ストレートで飲むならありだと思います。

カナディアンクラブ

カナディアンクラブカナディアンウィスキーの代表的銘柄ですが、若干力強さに欠けており、ストレートならありです。

リチャードソン

リチャードソン香ばしいという不思議な味わいです。強靭さや分厚さはありませんが、税込みでも1,000円以下という価格ならギリギリセーフです。

 

※毎月2本のワインとテキストが届きます。 ワインの基礎知識を体系的に学べるだけでなく、文化・歴史・生産地域などイタリアワインの多様性を北から南まで学ぶことができます。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆最高の5点をつけたウィスキー

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com