酒とうどんと御朱印の日々

ワクチンを2回打ち終わりました。まだまだ油断禁物ですが、ホッとしています。

〖評価〗アーリータイムズイエローラベル 5通りの飲み方を徹底比較

アーリータイムズは「開拓時代」を意味する名前であり、最もバーボンらしいバーボンだとされています。バーボンの伝統的製法を忠実に守り抜いたイエローラベルの味わいにはちょっとやそっとじゃ崩れない強靭さがありました。松田優作が愛したバーボンとしても知られています。

「開拓時代」を意味するアーリータイムズ

アーリータイムズイエローラベルが誕生したのは1860年でリンカーン大統領が誕生した年になります。

アーリータイムズイエローラベルのボトル

アーリータイムズとは「開拓時代」という意味で、ケンタッキー州バーボン郡で生まれた最もバーボンらしいバーボンだとされています。西部を開拓していった、荒くれ者たちのフロンティアスピリットを讃える名前だと言ってもいいでしょう。

1920年に全米で禁酒法が施行されますが、アーリータイムズは医療用ウィスキーとして法律の適用を除外されていたため、多くの人が引き続き飲むことが出来た酒でした。

それに目を付けたブラウン・フォーマン社が1923年にアーリータイムズを買い取り、現代にいたるまで製造・販売を続けています。

お家でクラフトビールを気軽に!

印象的なラベルの絵

アーリータイムズのラベルアーリータイムズの旧ラベルには大自然の懐に抱かれた一軒の建物が描かれています。男が荷車で何やら運び出そうとしていますが、よく見ると敷地を区切る塀に「EARLY TIMES」と書かれ、正面の壁には「No.354」という札が掛けられています。

この「No.354」というのはアーリータイムズ蒸留所の連邦許可証番号であることから、ここに描かれているのは創業当時の蒸留所の姿ということでしょう。そういう目で見ると建物内にはポットスチルらしき物があり、荷車に積み込まれているのが樽であることがわかります。

豊かな自然の中から湧き出たおいしい水と、肥沃な大地から生み出されるトウモロコシ、ライ麦、大麦はバーボンづくりには欠かせません。初心を大切にし、バーボンの伝統的製法を忠実に守り抜いていこうという姿勢がラベルの絵に現れています。

サーバーのレンタル用は無料!毎月のビール代だけ!

ストレート

アーリータイムズイエローラベルのストレート

爽やかな香りが漂ってきます。濃厚で腰が強く、ブランデーを思わせる強靭なフルーティーさを感じました。

ロック

アーリータイムズイエローラベルのロック

氷を入れて味が引き締まったことによりフルーティーさがしっとりとしたものになりました。ストレートと同様に、飲み込んだ後は口いっぱいに香りがこもります。

水割り

次いで水で割ります。

アーリータイムズイエローラベルと箱根の森の天然水

合わせる水は箱根の森の天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

アーリータイムズイエローラベルのトワイスアップ

香りはこの飲み方が一番だと思います。水で割っても濃厚なままですが、口当たりが良くなることでスイスイ飲めました。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

アーリータイムズイエローラベルのハーフロック

スッキリ爽やかな飲み口でサラサラしていますが、しっかりとしたコクは残っています。かき氷のような味わいです。

ハイボール

上戸彩さんのCMで有名なソーダストリームを使用してつくった私好みの炭酸水を使用します。

ハイボール

酸味・甘み・若干の苦みがミックスされ、スッキリとした柑橘系の味わいとなりました。

松田優作の心を掴んだしっかりとした味わい

いかなる飲み方でも個性が残っていたアーリータイムズには、ちょっとやそっとじゃ崩れないしっかりとした味わいがありました。そして何よりもこれまで感じたことの無い味わいが印象に残っています。

アーリータイムズは松田優作が愛したバーボンとして知られており、行きつけだった下北沢のバーには彼の飲みかけのボトルがまだ残されているそうです。沢木耕太郎はエッセイの中で「トウモロコシ畑からの贈り物」と表現していますが、アーリータイムズが持つ強さや個性といった物がこういった人たちの心を掴んだのかもしれません。

自社工場で樽まで作っているという事もあって1,000円台半ばで飲める大変美味しいバーボンであり、今後病みつきになりそうな予感がします。

全国各地のビールを家庭用本格ビールサーバーで楽しむ。費用はビール料金のみ!

★最後までお読みいただきありがとうございます。

未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲過ぎに注意しましょう。

「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆ソーダストリームを使って完全に私好みの炭酸水を作ってみた

www.goshuinbukuro.com

◆アーリータイムズブラウンラベルについての記事

www.goshuinbukuro.com

◆同じバーボンウィスキーの記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com