酒とうどんと御朱印の日々

この1年でサンライズ出雲・瀬戸に3回乗りました。こんな素晴らしい列車を廃止させてはいけません。皆さん、乗って残しましょう。

風船を割って出てくるのは水滴?と疑うような不思議な和菓子

〖スモーキー〗ティーチャーズハイランドクリームは究極の「安くてうまいウィスキー」だった

「ティーチャーズハイランドクリーム」は1本千円前後で「究極の安くてうまいウィスキー」と私は評価します。ハイランド・モルトの粋を集めたことで「ハイランドの精華(クリーム)」と名付けられたスコッチで、その独特なスモーキーさに最大の特色があります。

ウィリアム・ティーチャーがつくった「ハイランドの精華(クリーム)」

ティーチャーズハイランドクリームはグラスゴーを拠点にショットバーのチェーン店を展開していたウィリアム・ティーチャーが1860年に誕生させたスコッチウィスキーで、ハイランド・モルトの粋を集めて絶妙なブレンドをほどこした「ハイランドの精華(クリーム)」という意味で「ハイランドクリーム」と名付けられています。

もともとは彼がバーで提供していた独自のブレンデッドウィスキーが評判を呼び、他の酒屋からも注文が入るようになったのが始まりだったと言います。

ティーチャーズハイランドクリームのボトル

ウィリアム・ティーチャーが優秀なブレンダーだったことや誠実な性格だったことから「先生のスコッチ」という名前が付いたという説もありますが、現在では彼が自分の名前をそのままラベルとした説が有力です。

キーモルトはアードモア

ウィリアム・ティーチャーの死後も彼の精神と技術は二人の息子に受け継がれ、蒸留所を完備してブレンドまで自社で一貫して出来る体制が整備されました。

ティーチャーズハイランドクリームはスコットランド北部のアードモア蒸留所で製造された原酒をキーモルトとしています。蒸留所のあるハイランドのセントフォーカスは潮風の影響がなく、そのためここで採れるピートを使用した原酒は独特なスモーキーさを帯びています。

1878年にニュージーランドへの輸出が成功するとその後はヨーロッパ・西インド・アジアといった世界各地へ出荷されるようになり、その際に原酒を入れた樽を船のバラスト(バランスをとるための重り)として積み込んだといいます。重量のあるウィスキー樽は重りとして最適であり、一方で長い航行期間は熟成を進めるのにうってつけでした。さらにこれによって貯蔵庫のスペースを節約することもできました。

現在では国内のウィスキー売り上げ第2位の座を獲得し、150ヵ国以上に輸出されている世界最大級のウィスキーブランドとなっています。

父の日のプレゼントにも自分へのプレゼントにも最適!

ストレート

ティーチャーズハイランドクリームのストレート

正露丸のような香りがグラスの中にたまっており、飲んでみると力強くどっしりとしたスモーキーさがありました。しっかりとしたコクと滑らかな口当たりが特徴で、しっかりとした甘さも感じられました。

ロック

ティーチャーズハイランドクリームのロック

氷を入れて冷やしたことにより爽やかな口当たりになりました。甘さが増す一方でスモーキーさは薄まりました。 

水割り

次に水で割ります。

ティーチャーズハイランドクリームと箱根の森の天然水

合わせる水は「箱根の森の天然水」です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

ティーチャーズハイランドクリームのトワイスアップ

水を加えることによりさらさらした飲み心地となり、スムーズに喉に流れてこんでいきます。しっとりとした甘さと程よいスモーキーさが特徴で、香ばしさも出てきたように思います。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ティーチャーズハイランドクリームのハーフロック

一気にサラサラした味わいとなりました。かき氷に梅酒をかけたような印象です。

ハイボール

上戸彩さんのCMで有名なソーダストリームを使用してつくった完全に私好みの炭酸水を使用します。

ティーチャーズハイランドクリームのハイボール

本来持っているスモーキーさに甘みと酸味が加わり、より複雑で深みのある味わいとなりました。シャキシャキしたスモーキーさを楽しむことができます。

〖必見〗「ソーダストリーム」で完全に自分好みの炭酸水をつくってみた - 酒とうどんと御朱印の日々

究極の「安くて美味いウィスキー」

ティーチャーズハイランドクリームは当ブログを立ち上げたときは1本千円台前半でしたが、現在では店によっては千円を切っている場合も珍しくありません。これまで様々なウィスキーを飲んできましたが、究極の「安くて美味いウィスキー」であると私は評価しています。

断じて正露丸の風味ではない

ティーチャーズ ハイランドクリームの独特のスモーキーさは人によっては正露丸っぽい臭いと感じられるようです。

ブナやマツなどの原木を炭化したときに出る煙を冷却し、液化したものを繰り返し蒸留精製して得られる成分が正露丸のあの独特の風味の原因で、ピートを炊いて麦芽をいぶすことで発生するウィスキーの香りと似ていなくもありません。

しかしティーチャーズの重厚感のあるスモーキーさは甘さも伴っており、正露丸とは全然違うと断言していいと思います。

創業150年。ワイングラスはもちろん、ドイツならではのビールグラス、シャンパングラス、ウィスキーグラス、 ソフトドリンク用タンブラーなど様々なグラス商品を取り揃えております。

★未成年の飲酒は法律で禁じられています。飲過ぎには十分に注意しましょう

「参考になった」と思われたらはてブの所をポチっとして頂けますと幸いです

◆「安ウィスキーランキング」では最上位にランクした

www.goshuinbukuro.com

◆ティーチャーズのキーモルトであるアードモア

www.goshuinbukuro.com

◆スコットランドで30年間一番人気だったフェイマスグラウス

www.goshuinbukuro.com

◆1,000円台のジャパニーズウィスキーでトップクラスの酒

www.goshuinbukuro.com

◆濃厚なスモーキーさが印象的だったブラック&ホワイト

www.goshuinbukuro.com