酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

御朱印(埼玉)

〖川越〗中院の御朱印と本尊の姿が見える境内

今回は川越の中院の御朱印をご紹介します。830年に喜多院とともに創建された歴史ある寺院で、天海が喜多院(北院)の住職となるまでは川越の中心的寺院でした。仙波東照宮建立のため移転し、現在では美しい庭園が印象的な大変静かな寺院となっています。 喜…

〖朗報〗仙波東照宮の御朱印はお団子屋以外でも頂ける

今回は川越の仙波東照宮の御朱印をご紹介します。参道脇の団子屋が御朱印所として知られていますが、御朱印帳に直書きしていただける場所が他にありますので注意が必要です。正面の門が開いているのは日曜祝日の日中だけであり、それ以外の日は外からのぞき…

〖川越〗日枝神社のセルフの御朱印と重要文化財の本殿

今回は川越の日枝神社の御朱印をご紹介します。無人でこじんまりとしていますが、実は千年以上の歴史のある神社で、本殿は重要文化財に指定されています。首相官邸の近隣にあって境内まで3基のエスカレーターで上がる、「皇城之鎮」で知られたあの赤坂日枝…

〖亀の池〗成田山川越別院の御朱印とご利益に満ちた境内

今回は成田山川越別院の御朱印をご紹介します。成田山新勝寺の最初の別院であり、毎月28日に開催される骨董市である「蚤の市」では境内にたくさんの店舗が溢れ、多くの人で賑わいます。境内には様々なお堂があってどのような願い事にも対応できるご利益が期…

〖川越〗蓮馨寺で印象的な御朱印とおびんづる様

今回は川越の蓮馨寺(れんけいじ)の御朱印をご紹介します。蔵造りの街並みとして知られ川越を代表する観光地である中央通りのちょうど入り口付近に位置しており、毎月8日の縁日は大変に賑わいます。境内には常設の焼きそば屋とだんご屋もあって人気を集めて…

〖川越〗喜多院の御朱印と存在感抜群だった江戸城紅葉山の御殿

今回は川越大師とも呼ばれる喜多院の御朱印をご紹介します。間違いなく川越を代表する寺院であり、佐野厄除け大師、青柳大師と並んで関東三大師の一つとされています。家康の側近であった天海が住職であったことから徳川家との結びつきが強く、江戸城紅葉山…

〖修理中〗三芳野神社の御朱印と童謡「通りゃんせ」

今回は川越の三芳野神社の御朱印をご紹介します。創建は平安時代といわれる歴史のある神社で、江戸時代に造営された社殿が現在まで残されていますが、平成31年春までの予定で修復工事が実施されています。童謡「通りゃんせ」の発祥の地であるとされています…

〖御朱印〗川越氷川神社は縁結び玉と縁結び風鈴で超有名

今回は川越氷川神社の御朱印をご紹介します。1500年近い歴史のある神社で川越の総鎮守です。縁結びのご利益があるとされ、毎日20体限定で領付される「縁結び玉」や7月から9月にかけて開催される縁結び風鈴で知られています。高さ15mの大鳥居は木製の鳥居と…

〖足ツボ〗川越熊野神社の御朱印と運気アップのテーマパークのような仕掛け

今回は川越熊野神社の御朱印をご紹介します。川越のちょうど中心部で、観光スポットである「蔵造りの街並み」の入り口部分に位置しているため、観光客により大変に賑わっています。境内のあちこちに運気アップのための様々なしかけがなされており、誰もが楽…

〖桃神様〗川越八幡宮の御朱印と意外なご利益

今回は川越八幡宮の御朱印をご紹介します。1000年近い歴史を持つ神社ですが、男イチョウと女イチョウが寄り添いあって結ばれた縁結びイチョウや、健脚祈願で多くの陸上選手がお参りした境内社、魔除けの桃、ぐちを聞いてくれる聖徳太子など意外な見どころの…

〖御朱印〗秩父神社の例大祭はユネスコ無形文化遺産の秩父夜祭だった

今回は秩父神社の例大祭限定御朱印をご紹介します。 秩父神社の例大祭は昨年ユネスコ無形文化遺産に登録された秩父夜祭として知られており、毎年12月1日から6日にかけて行われます。 その中でも2日の宵宮と3日の大祭は提灯で飾り付けられた笠鉾・屋台の曳き…

〖将軍標〗聖天院の御朱印と美しい境内

今回は埼玉県日高市の聖天院(しょうてんいん)の御朱印をご紹介します。朝鮮半島からの帰化人によって武蔵野に高麗郡が設けられましたが、郡司の高麗王若光の菩提を弔うために設けられた寺院です。美しい境内が印象的な寺院で、力強い御朱印を頂くことが出…

〖日高〗高麗神社の御朱印と出世のご利益

今回は埼玉県日高市の高麗神社(こまじんじゃ)の御朱印をご紹介します。 過去6人もの総理大臣を誕生させた出世のご利益で知られた高麗神社ですが、最近では今上天皇、皇后が私的旅行でお参りされたことでも話題となっています。 朝鮮半島の王族だった高麗…

〖地獄〗秩父御嶽神社の御朱印と延々と続く石段

今回は秩父御嶽神社の御朱印をご紹介します。 西武秩父線の線路沿いに位置する秩父御嶽神社は本殿に向かって延々と続く368段の石段が特色です。山登りで疲れ切った体にとっては地獄そのもので、実に印象深い神社でした。東郷元帥の銅像や日露戦争の遺品も残…

〖飯能〗子の権現の御朱印と足腰守護の象徴である鉄ワラジ

本日は子の権現(ねのごんげん)として有名な大鱗山雲洞院天龍寺の御朱印をご紹介します。子の権現は「関東ふれあいの道」の中で「奥武蔵の古刹を訪ねるみち」の途中にある寺院で、「足腰守護の神仏」として知られており、特に重さ約2tで日本一の大きさの鉄…

〖飯能〗竹寺の御朱印と神仏習合の姿を残す境内

今回は飯能の竹寺として知られる医王山薬寿院八王寺の御朱印をご紹介します。竹寺はお寺でありながら鳥居があり、インド祇園精舎の守護神である牛頭天王を本尊として、そして薬師如来を本地仏として祀っています。神社と寺院が同一の敷地内に同居した神仏習…

〖飯能〗浄心寺の御朱印と三回鳴らしてお参りする双盤鉦

今回は飯能の浄心寺の御朱印をご紹介します。飯能駅から徒歩10分くらいの場所にある静かな寺院で、堂々たる本堂と秋空に映える鐘楼が印象的な寺院です。本堂では双盤鉦を三回叩いてからお参りします。 浄心寺の由緒 浄心寺の御朱印 御朱印所 御朱印 中央線の…

〖長瀞〗宝登山神社の2体の御朱印と絢爛豪華な彫刻

今回は秩父三山の一つである宝登山神社(ほどさんじんじゃ)の御朱印をご紹介します。日本を代表する霊場で数多くの寺社がある秩父地方ですが、その中でも宝登山神社は秩父地方で唯一ミシュラングリーンガイドの星を獲得した場所です。絢爛豪華な彫刻が印象…

〖和同開珎〗聖神社の御朱印と「お金に不自由しない」銭神様のご利益

今回は秩父の聖神社(ひじりじんじゃ)の御朱印をご紹介します。秩父の和銅山は我が国で初めて高純度の自然銅が産出した場所で、それがきっかけで最初の流通貨幣である和同開珎が鋳造されました。現在ではこの神社で祈願すると、お金に不自由しないと言われ…

〖龍神様〗秩父今宮神社の御朱印と龍神様が住むという龍神池

今回は秩父今宮神社の御朱印をご紹介します。境内のあちこちから武甲山の伏流水が湧き出ており、龍神さまが住んでいるという言い伝えのある「龍神池」もあります。12世紀に寺院、神社、観音堂、祠と併せて百をゆうに越えていた一大修験道場で、この地から秩…

〖秩父三山〗秩父神社の御朱印と左甚五郎作の彫刻

今回は秩父神社の御朱印をご紹介します。秩父神社は三峯神社、宝登山神社と並んで秩父三社の一つとされ、社殿に施された左甚五郎作の彫刻でも有名です。毎年12月1日から6日にかけて行われる秩父夜祭は、300年以上の歴史のある日本屈指の豪華な祭りで、ユネス…

〖色違い〗九重神社の限定御朱印とアクセス

今回は九重神社の「春の御神木御朱印」をご紹介しますが、アクセスが難しいので十分な注意が必要です。九重神社は御神木を描いた見開き御朱印を期間限定で頂ける神社で、色違いの八体の御朱印が揃うと意外な特典があります。今回はソメイヨシノの開花から葉…

〖強運〗武蔵一宮氷川神社の御朱印と意外過ぎるご利益

今回は武蔵一宮氷川神社の御朱印と意外過ぎるご利益の話をご紹介します。 関東周辺に約200社ある氷川神社の総本社で、他と区別するために大宮氷川神社と呼ばれることもあります。正月三が日の初詣では全国でも常に10位以内に入る人気の神社です。 宮中行事の…

〖大宮〗安楽寺の見開き御朱印に書かれた「至誠心」とは?

今回は大宮の安楽寺の御朱印をご紹介します。御朱印帳2ページに亘って書いて頂く「見開き御朱印」は御朱印帳を開いた時の見た目のインパクトの大きさもあって愛好者の間では人気となっていますが、その中でも仏教の教えを見開きで大きく書いた安楽寺の御朱印…

〖関東最強〗三峯神社と奥宮の御朱印とご利益

今回は秩父の三峯神社と奥宮の御朱印をご紹介します。「関東最強パワースポット」と呼ばれ、強い意志を持って進もうとしている人に向いているとされています。毎月1日に授与される「白い御守り」に関してはテレビで紹介されて大人気となり、当日は周辺道路の…