酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖山梨〗「甲州韮崎ピュアモルト」は本格派の地ウィスキーであると信じる

今回は「甲州韮崎ピュアモルト」をご紹介します。山梨県の地ウィスキーですが、ニッカやサントリーと比べると謎の部分が多く、その分だけネット上には憶測記事が数多く流されています。飲んでみると個性的で本格的な味わいであり、「本格派の地ウィスキー」であると信じることにします。

ピュアモルトウィスキーとは?

「甲州韮崎ピュアモルト」は以前ご紹介した「甲州韮崎ザ・プレミアム」と同様に山梨県甲州市のサン・フーズ韮崎蒸留所で製造されたウィスキーで、神戸に拠点を置く富永貿易㈱が販売を行っています。

甲州韮崎ピュアモルト蒸留を終えたモルト原酒は貯蔵・熟成を終えると通常はグレーンウィスキーとブレンドされてブレンデッドウィスキーとなりますが、グレーンウィスキーを混ぜずにモルトウィスキーだけをブレンドしたものをピュアモルトウィスキーと呼び、さらにその中で同一蒸留所のモルト原酒だけで製造されたものをシングルモルトと呼びます。

ニッカやサントリーと比べると謎が多い

「甲州韮崎」シリーズはニッカやサントリーの商品と比べると謎の部分が多く、記事を書くのになかなかに苦労します。

価格が安く、シングルモルトではなくあくまでもピュアモルトウィスキーです。また販売を行っているのが貿易会社ということから、「輸入したスコッチを日本の水で割水し、そこに山梨県の地名を冠して販売している。」と信じている人も多いようで、このようなものが「山梨県の地ウィスキー」や「ジャパニーズウィスキー」などと呼ばれていいのかというような指摘までネット上にはありました。

一方で販売元である富永貿易㈱が開設しているブランド紹介の特設ページでは「美しい緑と清流が生んだ澄み渡るウィスキー」と高らかに謳われており、韮崎蒸留所の紹介では「豊かな自然、寒暖差のある気候、そして良質な水が生み出した、華やかな香りと、豊かな味わいが奏でる、美しいハーモニー」と書かれています。

スポンサードリンク

世界最大の炭酸水ブランド、ソーダストリームが提案する『生ハイボール』。作りたての新鮮生炭酸の爽快さと美味しさは抜群!

ストレート

ストレートフルーティーでありながらほんのりとしたスモーキーさがあります。濃厚で厚みのある味わいです。

ロック

ロックステアしていると香りが立ってくるのを感じます。ストレートの時よりも甘さが引き立ち、より滑らかな口当たりとなりました。

水割り

次いで水で割ります。

南アルプスの天然水合わせる水は南アルプスの天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない水割り)

トワイスアップロックよりもさらに甘さが増し、若干スモーキーさも感じます。氷が入っていない分だけ柔らかな口当たりです。

ハーフロック(1対1で氷を入れる水割り)

ハーフロック一般的なジャパニーズウィスキーの水割りとなってしまいました。

ハイボール

ハイボール炭酸のシュワシュワ感が合っているように感じます。トニックウォーターで割ったせいもあるのでしょうが、香料を思わせる後味が強く残りました。

「本格派の地ウィスキー」であると信じる

価格帯の割にはしっかりとした味わいの本格的ウィスキーであったと思います。いろいろ陰口をたたかれることが多い銘柄ですが、「割水に使用する水だけが甲州韮崎産」というようなことは決してなく、「甲州韮崎ピュアモルト」は「本格派の地ウィスキー」であると信じることにします。

スポンサードリンク

世界最大の炭酸水ブランド、ソーダストリームが提案する『生ハイボール』。作りたての新鮮生炭酸の爽快さと美味しさは抜群!

★未成年の飲酒は法律で禁止されています。

 健康のため飲み過ぎには注意しましょう。

 「参考になった」と思われた方ははてブのところをポチっとして頂けると嬉しいです。

◆以前ご紹介した「甲州韮崎ザ・プレミアム」

www.goshuinbukuro.com

◆地ウィスキーの極致であるイチローズモルト

www.goshuinbukuro.com