酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖金賞〗I.W.ハーパーは甘味が強く繊細な味わいだった

今回はバーボンウィスキーのI.W.ハーパーゴールドメダルをご紹介します。様々な博覧会で数多くの金賞を受賞しており、日本でも知名度の高いバーボンです。トウモロコシ比率が高くその分だけ味が強く繊細な味わいとなっており、荒々しいイメージのバーボンとは一線を画しています。

ニューオーリンズの万国博覧会で金賞を受賞したバーボン

I.W.ハーパーゴールドメダルはアメリカのケンタッキー州ルイヴィルにあるヘブンヒル・バーンハイム蒸留所で製造されています。ドイツからの移民であるアイザック・ウォルフ・バーンハイムの手によって1877年に誕生したもので、彼のイニシャルである「I.W.」と無二の親友フランク・ハーパーの名前を冠し『I.W.ハーパー』と名付けました。アメリカで販売するにあたって、バーンハイムというドイツ系の名前よりも、ハーパーというアングロサクソン系の名前のほうがふさわしいという狙いがあったようです。

I.W.ハーパー1870年代のバーボン草創期は密封されていない樽で販売されていたため容易に混ぜ物が可能で、粗悪品が幅を利かせていたといいます。そんな時代に彼らは徹底的に研究・開発を行い、品質が高く洗練された味わいを楽しめるバーボンを開発に成功しました。

ボトルのゴールドラベル1885年ニューオーリンズの万国博覧会で金賞を受賞し、その後も様々な博覧会で金賞を受賞したことからそのメダルを称してゴールドメダルと呼ばれるようになすが、これらのメダルはボトルのゴールドラベルに印刷されています。

日本では知名度の高いバーボン

I.W.ハーパーゴールドメダルは日本ではどこの酒売り場にも置かれており、知名度の高いバーボンウィスキーです。籐のステッキを持ったシルクハットの紳士とゴールドのデザインはかなり昔から日本でも親しまれており、「バーボンといえばハーパー」という方も少なくなく、「バーボン」とだけ言われたらハーパーを出していたというバーテンダーも実際にいるようです。

トウモロコシ比率が86%と高いので、コーンによる甘味が強く繊細な味わいとなっており、一般的なイメージである荒々しいバーボンとは一線を画しています。

ストレート

ストレートバーボン特有の香りはありますが口当たりはトロリとしており、滑らかな甘さがあります。アルコールの刺激は少なく、バーボンらしい荒々しさはありません。

ロック

ロック

ステアしていると甘い香りが漂ってきました。ストレートの時より口当たりがさらに柔らかくなり、甘さがシャープになったように思います。口の中で香ります。

水割り

南アルプスの天然水次いで水で割ります。合わせる水は南アルプスの天然水です。水割りではもちろん水が大切で汲みたて天然水を産地から直送するコスモウォーター もおススメします。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

トワイスアップ加水することにより香りがさらに花開いたようです。柔らかな口当たりでほんのりとした甘さです。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ハーフロックもともとトロリとした口当たりの良いバーボンですが、氷と水が加わったハーフロックになるとサラサラになりました。それでも決して味が崩れてはおらず、すっきりとした甘さはしっかりと残っています。

ハイボール

ハイボールWikipediaによればI.W.ハーパーをベースに用いたハイボールは「ハーパーソーダ」と呼ばれるそうです。サラサラしたハーフロックから一転してシャキーンとした味わいとなり、甘味・酸味・苦み等が加わって味に厚みが増しました。

甘味が強く繊細な味わいだった

トウモロコシ比率が高いせいか甘味が強く繊細な味わいとなっていました。全体的に口当たりの良さが印象的でしたが、個人的にはハイボールが最も好きな飲み方です。

無料宅配・レンタル0円。48時間出荷&採水地直送の汲みたて天然水が飲める。コスモウォーターの公式サイトはこちら。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆代表的なバーボンウィスキー

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com