酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

カティサークはしっかりとした味わいで、全然軽くなかった

毎回ご紹介している1,000円台のウィスキーも残り少なくなってきました。今回はカティサークをご紹介します。
カティサークは緑色のボトルに黄色いラベルという印象的な姿で、どこの酒屋の棚にあっても大変に目立ちます。アメリカと日本で大変に人気のあるスコッチだと言われています。


カティサークという名前は19世紀に建造されたイギリスの帆船に由来するというのは有名な話です。
東インド会社によるアジア貿易の独占が終了して中国との自由貿易が実現すると、紅茶をいかに早くイギリスまで運ぶか激しい競争が繰り広げられました。この争いはティーレースと呼ばれ、ロンドンに最初に届いた新茶は特に高値で取引され、船主と船長は莫大な利益をあげることが出来たといいます。
この競争に勝つべく建造されたのがカティサーク号で、中国からイギリスまで107日から122日で紅茶を運ぶことが出来ました。しかしほぼ同時期に開通したスエズ運河の影響により紅茶の輸送は蒸気船の時代を迎えます。蒸気船は石炭を積まなければならずその分だけ積める紅茶の量が減るのですが、スエズ運河はほぼ無風のため帆船では通行できなかったのです。


その後ベリー・ブラザーズ&ラット社から新商品が発表される際、デザインとブランド名を依頼された画家のマクベイはカティサーク号が頭に浮かんだといいます。そして海を渡ってアメリカに輸出されるウィスキーのイメージにぴったりであるとしてカティサークという名前と帆船を描いたラベルが決定したのです。


どこにあってもすぐ気が付く印象的なボトルです。ラベルに注目してください。

f:id:minamimachida0706:20170315232336j:plain

セブンイレブンの天然水と合わせます。採水地は静岡となっていました。

f:id:minamimachida0706:20170315232434j:plain

まずはストレートで飲んでみます。

f:id:minamimachida0706:20170315232523j:plain

カティサークといえば「軽い」とか「ライト」と言われています。確かに色は薄めでスモーキーさは全然ありませんが、予想以上にしっかりとした味わいで、決して軽くはありません。トロリとした舌触りでブラックニッカスペシャルに似た甘さを感じました。若干ピリピリした刺激を感じます。


続いてトワイスアップです。

f:id:minamimachida0706:20170315232622j:plain

グラスの底に富士山の姿が浮かぶグラスです。何かのウィスキーのおまけについていた物で、ネット検索して出てくる田島硝子の5,400円の物ではありません。

f:id:minamimachida0706:20170315232716j:plain

水で割ると非常になめらかになります。しかしなめらか過ぎて少々物足りなさを感じました。


本来ならスコッチはトワイスアップで飲んでいるのですが、今回は氷を入れたハーフロックにしてみました。

f:id:minamimachida0706:20170315232825j:plain

氷を入れて冷やすことにより味が引き締まってよりシャープになりました。スコッチとしては珍しく、私にとってはハーフロックが最も合った飲み方のようです。

◆ウィスキーネタで最もご好評をいただいているティーチャーズの記事 

minamimachida0706.hatenablog.com

◆日本では珍しいアイリッシュウィスキーのタラモアデューの記事 

minamimachida0706.hatenablog.com

最後までお読みいただきありがとうございます。