酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

グランツは氷を入れると味が引き締まる

今回はグランツファミリーリザーブをご紹介します。

f:id:minamimachida0706:20170421234541j:plain

スコッチウィスキーに少し詳しい方なら「どこかで見たボトルだな」と思うでしょう。そうです、あのシングルモルトの名品であるグレンフィディックを生産しているウィリアム・グラント社のブレンデッドスコッチウィスキーです。

 

1887年のクリスマスにグレンフィディック蒸留所を設立したウィリアム・グラント社は1898年にブレンデッドウィスキーのレシピを考案しブレンデッドウィスキーの生産を開始しました。世界一売れているシングルモルトウィスキーであるグレンフィディックを中心に自社の4つのモルトをベースにブレンドしたウィスキーは2009年の権威あるインターナショナルワイン&スピリッツコンペティションでゴールドメダルを獲得するまでになりました。とはいえ価格面では1000円台の前半で購入できる手の出しやすいウィスキーであると言えます。

 

まずはストレートで飲みます。

f:id:minamimachida0706:20170421234626j:plain

香りが強めであるように感じられました。匂いに鈍感な私でも感じます。ストレートではそれなりにクセの強さを感じます。ウィスキーとしては一般的な40度ですが、舌先にピリピリとした刺激を感じます。飲み込むと喉が焼けるように感じました。

 

次いで水で割ります。

併せる水は秩父山系の天然水です。

f:id:minamimachida0706:20170421235045j:plain

まずはトワイスアップです。

f:id:minamimachida0706:20170421235231j:plain

水で割ったことにより香りが開いたように感じます。ストレートで感じたクセはなくなり、全体的にバランスのとれた味わいで滑らかなコクがあります。スモーキーフレーバーのようなものはありませんが、柔らかな甘さがあってスッキリとした味わいです。

 

次いで1対1の水割りに氷を入れたハーフロックです。

f:id:minamimachida0706:20170421235611j:plain

氷を入れて冷やすことによりバランスがとれたように感じます。出っ張っていた部分が丸くなり、全体的により引き締まってより美味くなったようにも思えます。トワイスアップよりさらに甘さが出てきたようです。


価格帯の関係でバランタインファイネストと比較されることが多いようですが、私はどちらかというとグランツ≧バランタインファイネストです。1000円台のウィスキーとしては最上級に入るのではないでしょうか。グランツと比べるとバランタインファイネストは若干クセの強さを感じます。

 

◆同様に氷を入れた方が美味かったカティーサークの記事

minamimachida0706.hatenablog.com

◆珍しい玉付きウィスキーのグレンエリスの記事

minamimachida0706.hatenablog.com