酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

ロングジョンは「ノッポのジョン」というあだ名がそのままブランドになった

当ブログのウィスキーカテゴリーにおいては主として1,000円台のものをご紹介してきましたが、普段使っている酒売り場に並んでいるスコッチとジャパニーズはほとんどご紹介してしまいました。グランベリーモール閉店の影響で最近頻繁に利用するようになったイオンつきみ野店でたまたま見つけた「ロングジョン・スタンダード」を今回はご紹介します。

f:id:minamimachida0706:20170510221145j:plain

創始者であるジョン・マクドナルドがイギリスの最高峰であるベン・ネヴィス山のふもとのフォートウィリアムに蒸留所を建てたのが1825年ですから200年近い歴史のあるウィスキーとなります。身長が193㎝で背も鼻も何もかも大きかったジョンは人々から「ノッポのジョン」(ロングジョン)と呼ばれ、それがそのまま商品名になるほど彼のウィスキーは評判が高かったのです。

 

フォートウィリアムはスコットランドを一周する旅の途中で一度訪れたことがあります。真夏の8月であったにも関わらず薄手のジャンバーを羽織らなければならないほど気温が低く、また荒涼としたハイランド地方の渓谷が靄でかすんで見えるほど空気がしっとりとしていた記憶があります。そのような場所で熟成したウィスキーですから美味くないはずがありません。

 

ロングジョンは英国の高貴な人々に愛されますが、その中でもヴィクトリア女王は1848年に自らベン・ネヴィス蒸留所を訪問するほどロングジョンに魅了されていました。この時特別の樽を贈られたヴィクトリア女王は息子である後の国王エドワード7世が成人した際にこれを愉しんだといいます。

 

まずはストレートで飲みます。

f:id:minamimachida0706:20170510221230j:plain

スモーキーな香りが飲み込むと口の中に拡がります。やや酸味に近い甘さとスパイシーな刺激があります。また濃厚なコクがあります。

 

次いで水で割ります。

合わせる水は「南アルプスの天然水」です。

f:id:minamimachida0706:20170510221303j:plain

まずはトワイスアップで飲んでみます。

f:id:minamimachida0706:20170510221329j:plain

水で割ったことによりスパイシーさが弱まって、その分だけ滑らかな甘さを感じることができるようになりました。グレンエリスを飲んだ時にも感じた高級和菓子に使用する「和三盆糖」のような甘さです。

 

次いで氷を入れたハーフロックです。

f:id:minamimachida0706:20170510221404j:plain

氷を入れて冷やすことにより引き締まるのですが、それにより良さが凝縮してより際立つ場合と、デリケートな味わいが飛んでしまう場合があります。

ロングジョンの場合はこのどちらにも該当せず、むしろ良さが薄まってしまったように感じました。

 

ロングジョンにおいてもトワイスアップが最上の飲み方のように感じます。

日常的に入手できる1,000円台のスコッチやジャパニーズウィスキーはどうやら飲みつくしたようです。次回からはバーボンやアイリッシュウィスキーにも手を伸ばしてみようかと思っています。

 

 ◆あわせてぜひお読みいただきたいウィスキーの記事

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com

 最後までお読みいただきありががとうございます。