酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

日本を代表するブランドの「角瓶」はハーフロックが美味い

個人的にバタバタした状態が続いていたため気分転換の意味で飲む酒をワンランクアップさせていたのですが、どうにか落ち着きました。そのため普段飲むのは1本1,500円前後の身の丈に合ったレベルに戻すことにしました。前回ニッカの竹鶴をご紹介しましたが、日本を代表するウィスキーはやはりこれだということで今回はサントリーの角瓶をご紹介します。
前回書きましたように日本最古の蒸留所であるサントリーの山崎蒸留所初代所長は後にニッカウィスキーを立ち上げる竹鶴正孝です。日本人に合ったウィスキー造りを目指したサントリーの創業者である鳥井信治郎に対し、あくまで本場の味を目指した竹鶴は昭和9年にサントリーを退職し新たに北海道で自分の理想を追求します。

日本にウィスキー文化というものがまだ存在していなかった時代に日本人に合ったウィスキーを造るため残された鳥井はトライアル&エラーを繰り返します。東海道線の食堂車に現れては周囲の人に持参したボトルの酒を飲ませ感想を聞くなど、自分がブレンドしたウィスキーを常に持ち歩いていたそうです。その結果昭和12年に誕生したのが後に「角瓶」と呼ばれるウィスキーです。大正12年以来竹鶴が製造し貯蔵していた原酒がちょうどいい具合に熟成していたということもあるでしょう。
日本人にはおなじみのボトルです。

f:id:minamimachida0706:20170823102908j:plain

まずはストレートで飲んでみます。今回使用するグラスはかなり以前に角瓶を飲みまくって懸賞で当選してゲットしたものです。

f:id:minamimachida0706:20170823103042j:plain

口当たりがよく滑らかであると思いました。変な癖がなく、意外とバランスがとれています。ただスコッチのような個性的な強さといったものには欠けているかもしれません。

 

次いでロックで飲みます。

f:id:minamimachida0706:20170823103305j:plain

冷やした方が断然いいようです。とろりとした中に甘さが感じられるようになりました。氷を入れてアルコール度数が下がったことにより味がよりわかるようになったように感じました。

 

次に水で割ってみます。合わせる水は九頭竜神社の竜神水です。

f:id:minamimachida0706:20170823103909j:plain

まずは1対1で氷を入れないトワイズアップです。

f:id:minamimachida0706:20170823104037j:plain

はっきり言って薄いの一言です。味に締まりがなく、コクが感じられなくなりました。

 

最後に水とウィスキーが1対1で氷を入れたハーフロックで飲みます。

f:id:minamimachida0706:20170823104239j:plain

トワイズアップでは全く駄目だったものが氷を入れて冷やすと激変しました。味が引き締まり、全てのバランスがとれたように思います。


サントリーが1997年に制作した「WHISKY BOOK」によると彼らが目指すブレンドの特徴は「水割りにしたときに決して崩れることのないバランスの良さを生み出すこと」にあると言います。私もウィスキーは少し水を足した方がいいと常日頃思っているのでこのことはよくわかります。
この「WHISKY BOOK」ではベストの水割りは1対2.5だとしていますが、これは私にとっては薄すぎます。私にとってベストなのはやはり1対1だと思います。

 

ちなみに今回つまみとして用意したのは諏訪大社下社秋宮の門前で購入した塩羊羹です。

f:id:minamimachida0706:20170823104717j:plain

ウィスキーと和菓子という取り合わせ意外と合うのです。 

 

◆角瓶と並ぶ代表ブランドであるオールドの記事

minamimachida0706.hatenablog.com

◆ライバルニッカの代表ブランドの記事

minamimachida0706.hatenablog.co

 未成年の飲酒は法律で禁じられています。健康のため飲み過ぎには注意しましょう。