酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖意外〗シングルグレーンウィスキー「知多」はハイボールがおススメ

今回は「知多」をご紹介します。サントリーの知多蒸留所の原酒だけで製造したシングルグレーンウィスキーで、爽やかな甘さが特色となっています。いろいろな飲み方を試してみましたが、ハイボールが最もよかったと思います。

グレーンウィスキーとは

ブレンデッドウィスキーはモルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドしたもので、モルトウィスキーが大麦の麦芽を発酵させて蒸留するのに対し、グレーンウィスキーはトウモロコシ、小麦などの穀類と麦芽を原料として発酵・蒸留したものです。

サントリーの場合は山崎蒸留所や白州蒸留所でモルトウィスキーを製造し、知多蒸留所でグレーンウィスキーを製造しています。

同一の蒸留所の原酒だけで製造したシングルモルトウィスキーは市場にも数多く出回っており、モルトウィスキーにはスコッチ特有の力強いイメージがありますが、一方のグレーンウィスキーに対しては「味を調える」という程度の意識しかなく、正直言ってどのようなものか全くイメージがありませんでした。

実際のところ風味が軽く「サイレントスピリッツ」とも呼ばれているようで、グレーンウィスキーだけを商品としたものはほとんどないようです。

大変に珍しいシングルグレーンウィスキー

知多のボトル知多はサントリーの知多蒸留所で製造されたグレーンウィスキーだけで製造したシングルグレーンウィスキーで、大変に珍しいものであることは間違いないようです。

原材料表記原材料に「モルト」表記がありますが、原料の穀物に大麦麦芽を少量添加して糖化・発酵させているためであって、モルトウィスキーをブレンドしているわけでは決してありません。

平成27年9月販売開始ということで酒屋の店頭に並んでいるのは随分と前から気付いていましたが、値段の関係もあって今回初めて飲んでみました。

スポンサードリンク

世界最大の炭酸水ブランド、ソーダストリームが提案する『生ハイボール』。作りたての新鮮生炭酸の爽快さと美味しさは抜群!

ストレート

ストレート琥珀色というよりどちらかというとシャンパンゴールドといった色合いです。

飲んでみた第一印象が「舌がとろける」というもので、まろやかで滑らかな甘さが最大の特色です。ストレートでありながら尖がったところがどこにもなく、まったりとした口当たりです。これまで飲んできたどのウィスキーとも違った味わいでした。

ロック

ロック氷を入れることによりさらに滑らかになり、より柔らかく丸い甘さとなりました。

水割り

次いで水で割ります。

南アルプスの天然水合わせる水は南アルプスの天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない水割り)

トワイスアップサラサラした口当たりになり、爽やかな甘さとなりました。後味に素晴らしいものがありました。

ハーフロック(1対1で氷を入れた水割り)

ハーフロックほんのりと口の中で香る上質の砂糖水のような味わいとなりました。麦焼酎の甘さに似てきたようにも感じます。

ハイボール

ハイボールもともとの甘さに炭酸の酸味や苦みが加わって味が深くなり、全てのバランスが取れた理想的な味わいになりました。

ステンレスは熱伝導率が低いためステンレスダンブラーなら冷たいものを冷たいままで味わうことが可能で、よりシャープな味を楽しむことができます。

意外にもハイボールが最もおススメ

これまで飲んできたブレンデッドウィスキーやモルトウィスキーとは全く違った酒だったと言わざるをえません。

様々な飲み方を試しましたが、私としては意外にもハイボールが最もおススメであるように思います。

スポンサードリンク

世界最大の炭酸水ブランド、ソーダストリームが提案する『生ハイボール』。作りたての新鮮生炭酸の爽快さと美味しさは抜群!

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

◆秩父が世界に誇るイチローズモルト

www.goshuinbukuro.com

◆ジャパニーズウィスキーの最高峰であるブラックニッカスペシャル

www.goshuinbukuro.com

◆サントリーの象徴はやはり角瓶

www.goshuinbukuro.com