酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖秩父〗イチローズモルトホワイトラベルはどの飲み方でも美味い

今回はイチローズモルト&グレーンホワイトラベルをご紹介します。イチローズモルトは秩父市にある「ベンチャーウィスキー」という酒造メーカーが販売しているウィスキーで世界のウイスキーファンから注目を浴び続けています秩父を訪れた際に地元の酒屋でたまたま見つけましたが、どの飲み方でも美味かったのが印象的です。

気になる存在であり続けたイチローズモルト

以前秩父神社をお参りした際に、鳥居前の酒屋の「あさひや」で「イチローズモルトは品切れしております」という札が出ていたのですが、それ以来イチローズモルトは私にとって気になる存在であり続けていました。

西武秩父駅駅前温泉「祭の湯」館内の酒匠屋台では地元の日本酒やワインを販売しており、併設された「ちょい飲みコーナー」では好きな酒がその場で楽しめるようになっていて、その中にはイチローズモルトも入っていました。

しかし酒に詳しいとはとても思えない店員がグラスにキューブアイスを3個入れ、軽くステアしただけで出されたロックは生ぬるく、指で氷の角をおさえてさらに何回かかき回さなければならないような代物です。それでもかなり美味かったものですから、やはりちゃんとしたかたちで飲んでみたいものだと思い続けていました。

再び秩父を訪れることにしたが、店に残っているとは思えなかった

今回ユネスコ無形文化遺産に登録された秩父夜祭を見物しに再び秩父を訪れることにしたのですが、一年で最も秩父に人が集まるような日にイチローズモルトが残っているはずはないと思っていました。

秩父神社前の酒屋しかし秩父神社にお参りする際には必ず酒屋の前を通ることになるので、本当にダメもとで店頭を覗いてみました。

イチローズモルト入荷の看板我が目を疑いました。日常飲んでいる酒の倍以上の値段ですが、この機会を逃したらいつ飲めるかわかりません。財布に1000円札が4枚以上残っていることを確認して店内に突入しました。(そのため店を出て最初にしたことは祭の警備をしている警官にATMの場所を聞くことでした。)

アルコール度数が46度であることに気が付かなかった

イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル

イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベルは、2008年に蒸留を開始した秩父蒸留所のウイスキー原酒をキーモルトにし、9蒸留所のモルト原酒と2蒸留所のグレーンウイスキーをブレンドしたものです。

刻印されたロットナンバーバックラベルにはロットナンバーが刻印されているので、番号によって味の違いがあるかもしれません。

こだわりのコルクキャップキャップはこだわりのコルクキャップです。

アルコール度数の表示一本飲み終わり、この記事を書くために改めていろいろ調べ直す中で初めて気が付いたのですが、アルコール度数が何と46度あります。てっきり40度だと思って飲んでいました。

アルコール度数45度のブラックニッカディープブレンドではピリピリとした刺激に閉口したのですが、イチローズモルトではそういうものは全くなく、実に滑らかな味わいでした。

毎月2本のワインとテキストでイタリアワインを学習

ストレート

ストレートグラスの中に甘い香りが籠っていました。フルーティーと単純に言えるようなものではない複雑な香りでした。

一本飲み終わって初めて46度だという事に気が付いたくらい滑らかな口当たりで、舌全体で感じる味わいでした。

飲み込むとさらに喉の奥から口の中に香りが漂ってきます。

ロック

ロック西武秩父駅の酒匠屋台と違ってロックアイスを入れてきっちりとステアすると、さらりとした味わいになりました。スッキリとしていますがコクもあり、後口でほんのりと香りを感じます。

やはりロックはしっかりと冷やすことが大切で、「冷やして飲む酒はできるだけ冷やして出すことの方が、出来るだけ濃くして出すことより大切である」というどこかで聞いた言葉を思いましました。

水割り

次いで水で割ります。

イチローズモルトと秩父山系の天然水秩父が世界に誇るイチローズモルトですから合わせる水も秩父山系の天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

トワイスアップシルクのような舌触りとなり、薄まったという感じでは全くありません。全体としてはまろやかな甘さがあり、香りもしっかりと残っています。

いままで様々な酒をトワイスアップで飲んできましたが、その中でもこれが最上であると思います。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ハーフロック水で割っても氷で冷やしも崩れることなく味がしっかりとのこっており、バランスの取れたスッキリ爽やか感がありました。

どの飲み方でも美味い

さすがイチローズモルトだけあって、どんな飲み方をしてもバランスの取れた滑らかな味わいでした。これで度数が46度というのですからとても信じられません。いつもと同じ飲み方をしていたにもかかわらず、朝起きたら頭が痛かった原因がやっとわかりました。

 

※毎月2本のワインとテキストが届きます。基礎知識だけでなく、文化・歴史・生産地域などイタリアワインの多様性を北から南まで学べます。詳しくはコチラ

イタリアワイン通信講座

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法令で禁じられています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆西武秩父駅の商業施設でも飲めるイチローズモルトの記事

www.goshuinbukuro.com

◆ワンランク上の味わいが楽しめるウィスキーの記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com