酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖宿河原〗妙楽寺の御朱印と一面に咲き誇っていたあじさい

今回は川崎の妙楽寺の御朱印をご紹介します。源頼朝の弟も住職を務めた源氏累代の祈祷所であった寺院の旧跡であり、現在では「あじさい寺」として地元では知る人ぞ知る存在です。

源氏累代の祈祷所の旧跡

妙楽寺は多摩川を眼下に見下ろす長尾丘陵の一角にひっそりと存在する小さな寺院です。造件年代は不明ですが江戸初期であると考えられており。鎌倉時代に源氏累代の祈祷所であった威光寺の旧跡であったとされています。

威光寺の創建は9世紀中頃とされており、多摩川の右岸丘陵という立地であることから鎌倉防衛の拠点として源頼朝から大変に重視されました。頼朝は弟の全成(ぜんじょう)を威光寺住職として派遣し、所領を安堵(あんど)するなどして同寺を厚く保護しました。そのため全盛期には広大な寺領を持ち、その中には幾つかの坊や付属寺院があったと考えられています、しかし鎌倉幕府の滅亡によって威光寺は次第に衰微し、そのまま歴史から姿を消してしまいました。

数年前に妙楽寺の土蔵に安置されている木造薬師如来両脇侍像を修理した際、日光菩薩像の胎内に天文14年(1545)の紀年と「武州立花郡太田郷長尾山威光寺」の墨書銘が発見され、このことから威光寺と妙楽寺との間には深い関係があったと考えられています。

一面に咲き誇っていたあじさい

妙楽寺の境内には28種のあじさいが約千株植えられており、6月も中旬になると一面に咲き誇ることから「あじさい寺」として地元では知る人ぞ知る存在となっています。

あじさい

鎌倉の明月院や長谷寺に比べるとはるかに地味な存在ですが、あの平日朝の渋谷駅を思わせるような大混雑もなく、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと花を観賞することが可能です。

元はサツキが多かったそうですが、先代住職が悪くなったサツキに変えてアジサイを植え始めたのが始まりだったといいます。

妙楽寺の御朱印

御朱印所

御朱印所御朱印は本堂右手奥の寺務所でいただけます。

志納金300円

御朱印

御朱印所じっくりと時間をかけて丁寧に書いてくださいました。

スポンサードリンク

持ち運びが可能な電動折り畳みバイク。車両重量は約18kgで車に積み込み可能な最先端のモビリティ。原付か普免以上で大丈夫です。

妙楽寺の境内

妙楽寺へのアクセスとしては様々なルートがありますが、私は南武線の宿河原駅から歩きました。(25分くらい歩いたと思う)

案内図この周辺では「長尾の里めぐり」として地域の名所を一回りできるようになっており、要所要所に案内図があって迷わないようになっています。

急な上り坂途中からはかなり急な上り坂となりますが、沿道に植えられたあじさいを眺めながら上っているとそれほど苦にはなりません。

寺号標

寺号標この日は日曜日であったためかなり賑わっていました。

参道

参道

焔魔堂

焔魔堂

鐘楼堂

鐘楼堂

あじさいの回廊鐘楼の周りはあじさいの回廊のようになっていました。

薬師堂

薬師堂

看板

賽銭箱の底に金属製のパイプが取り付けられており、硬貨が当たると澄み切った音が境内に流れます。

山門

山門

手水舎

手水舎

あじさいの花こちらもあじさいの花で飾られていました。

本堂

本堂1788年に再興されたという銘があります。

本堂の左隣本堂の左隣にもあじさいが群生しています。

スポンサードリンク

持ち運びが可能な電動折り畳みバイク。車両重量は約18kgで車に積み込み可能な最先端のモビリティ。原付か普免以上で大丈夫です。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていていただきますと写真がよくわかります。

◆同じ「長尾の里めぐり」の中にある等覚院

www.goshuinbukuro.com

◆あまりにも有名な鎌倉の「あじさい寺」

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com