酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖大きな剣〗クレイモアは本場の味を安価で楽しめる

今回はスコッチウィスキーのクレイモアをご紹介します。もともとイギリス国内向けの庶民派ウィスキーであったため、日本人の好みなど全く忖度しない本場の味わいを安価で楽しめます。ホワイトホースファインオールドに似たクセのありますが、飲み慣れると病みつきになります。

イギリス国内向けの庶民派ウィスキーとして開発された

クレイモアは、ダブルマリッジ製法で知られるホワイト&マッカイ社のマスターブレンダーであるリチャード・パターソン氏によってブレンドされ、その傘下にあるA・ファーガソン社が販売しているウィスキーです。

誕生したのは1977年でイギリス国内向けの庶民派ウィスキーとして開発されたため、本場の人々を納得させる本格的味わいを安価で楽しめるコストパフォーマンスの優れた酒となっています。

最近よくある「日本市場向け」商品に見られるような日本人の好みに対する忖度のようなものは一切なく、最初はそのクセの強さに面食らうかもしれません。しかし慣れてしまえば本場の味を1000円台前半で楽しむことができるウィスキーで、10年位前には本当によく飲んでいました。

クレイモアしばらく見なくなっていましたが、最近になって再び酒屋の店頭に並ぶようになり、久しぶりに飲んでみることにしました。

「クレイモア」とは「大きな剣」

「クレイモア」とはスコットランド地方のゲール語で「大きな剣」を意味しており、日本酒や焼酎に日本刀の名前をつけるようなものなのかもしれません。15世紀から17世紀にかけて使用されていたクレイモアは1mほどの刀身で両手で持つタイプとなっており、氏族同士の抗争やイングランドとの戦争で用いられました。

18世紀以降使われるようになったクレイモアは篭型の柄が付いたサーベルに近いもので、何と第二次世界大戦でも使用されました。

クレイモアのラベルクレイモアのラベルにもこの剣の柄が描かれており、その意匠は製造された時期や商品によって様々です。以前飲んでいた時期はクリーム色っぽかったように記憶していますが、現在では全く違ったデザインになっています。

本物の国産やまとしじみを煮込んで濃縮した「しじみエキスWのオルニチン」。 まじりっけの無い天然成分で体に優しく健康に導きます。しじみの濃さを実感するにはコチラから

ストレート

ストレート滑らかな舌触りで全体としてはまったりとした味わいになっています。濃厚でコクがあり若干フルーティーさも感じますが、ホワイトホースファインオールドに似たクセがきになるところです。

ロック

ロックフルーティーな甘さがより強くなったように感じます。口当たりはサラリとしたものになりましたが、独特のクセは健在です。

水割り

次いで水で割ります。

ヴォルヴィック合わせる水はヴォルヴィックです。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない水割り)

トワイスアップねっとりとした口当たりの柔らかな味わいになりました。フルーティーさは残っており、ほんのりとした甘さになりました。

ハーフロック(1対1で氷を入れる水割り)

ハーフロックサラサラですっきりとした甘さになりました。フルーティーから和菓子の甘さに変化したようです。

ハイボール

ハイボール

炭酸の酸味と甘みが全てを包み込み、本来持っていたクセが丸くなることでバランスの取れた味わいになりました。ハイボールが最適な飲み方なのかもしれません。

しじみを丸ごと摂っていただく真面目なサプリ「しじみエキスWのオルニチン」。手作業で煮詰める製法は130年変わっていません。しじみの濃さを是非ご実感ください。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆ホワイトホースファインオールドに似たクセがある。

www.goshuinbukuro.com

◆コストパフォーマンスを求める方におススメな酒

www.goshuinbukuro.com

◆安ウィスキーランキングをまとめてみた

www.goshuinbukuro.com