酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖御用達〗チャールズ皇太子お気に入りのラフロイグは飲み方に応じて味が劇的に変化する

今回はスコッチウィスキーのラフロイグをご紹介します。超個性的というイメージが強いアイラモルトの中でも伝統的製法を守り続ける「スモーキー4」の一つに数えられるほどのブランドで、飲み方に応じて味が劇的に変化しました。

アイラモルトの「スモーキー4」

ラフロイグはスコットランドの西海岸沖、アイラ島で生産されているシングルモルトウイスキーです。

ラフロイグ

世界5大ウィスキーの一つであるスコッチウィスキーのモルトは地域によって以下の6通りに分類されます。

➀ハイランドモルト(北部)

②ローランドモルト(南部)

③アイラモルト(アイラ島)

④キャンベルタウンモルト(南部の町)

⑤スペイサイドモルト(北部のスぺイ川流域)

⑥アイランズモルト(アイラ島以外の島)

アイラ島は大西洋に面しており、メキシコ暖流の影響で気候は温暖湿潤で年間気温の変動が小さく、ウィスキーづくりに適した環境となっています。島の各地には豊かなピートの湿地が広がっていることもあって、現在8つの著名な蒸留所が稼働しており、面積では日本の淡路島とほぼ同じ島でありながらアイラ島はスコットランドを代表するウィスキーの産地となっています。

ピートの煙で麦芽を乾燥させ、そのいぶした香りが麦芽につくことによって生じるスモーキーな香りがスコッチウィスイキーの最大の特色ですが、海に囲まれたアイラ島のピートはスコットランド本土の物とは全く性質が違っており、アイラモルトはピートを大量に使用することによりスモーキーさがさらに際立ったものになっています。

その中でも「ラフロイグ」「ボウモア」「アードモア」「カネマラ」の4ブランドについては伝統的な製法長年にわたり守り続けており、「スモーキー4」と呼ばれています。

チャールズ皇太子お気に入りの酒

ラフロイグ蒸留所の創業は1815年で、アメリカ当局により香りに薬用効果が認められたことから20世紀初頭のアメリカ禁酒法時代には薬用酒として輸出されていました。

また1994年にはシングルモルトウイスキーとして初の英国王室御用達に指定されています。英国王室御用達の決定権はエリザベス女王・エジンバラ公・チャールズ皇太子の3名だけが持っており、ラフロイグはチャールズ皇太子から品質の高さと香味の豊かさを評価されました。

皇太子は自ら買い付けに蒸溜所へ足を運び、ボトルで1,000本もオーダーすることもあるようです。また新製品誕生時には必ず皇太子自らが試飲することになっています。

数多の牛肉から最適な肉を選び出して圧力鍋で蒸し上げ、肉の繊維一本一本手でほぐした極上コンビーフ。肉の仲卸だからできたとろける食感はおつまみに最適!

ストレート

ストレート

グラスに注いでいる際に早くも香りが漂ってきました。口に含むと力強いスモーキーさをまず感じますが、一般的なスコッチウィスキーのスモーキーさとは若干違う薬品ぽさがありました。分厚く力強い味わいが特徴的ですが、それにより細かな部分が隠れてしまっているように思います。

ロック

ロック

氷を入れることにより力強さが和らぎ、その分だけ味が分かりやすくなったように思います。スモーキーさに加えて隠れていた甘さが顔を出してきました。

水割り

ラフロイグとヴォルヴィック

次いで水で割ります。合わせる水はヴォルヴィックです。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない水割り)

トワイスアップ

ストレートの時に感じた力強さから一変してシルクのような滑らかな口当たりになりました。柔らかな甘さが印象的です。

ハーフロック(1対1で氷を入れる水割り)

ハーフロック

複雑な甘さの砂糖水のような味わいになりました。

ハイボール

ハイボール

炭酸の甘みと酸味がスモーキーさと意外に合っていました。これは驚きです。

飲み方に応じて味が劇的に変化する

飲み方を変えると別物といっても良いくらい味わいが劇的に変化しました。スコッチ本来のスモーキーさを味わいたいならロック、隠れた甘さを感じたいならトワイスアップが良いのではないかと思います。

スライスしたフランスパンに極上コンビーフをのせるだけ。コンビーフの美味しさをストレートに味わえる最高のおつまみ。牛肉の仲卸「腰塚」の公式サイトはこちら

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆超個性的なシングルモルトウィスキー

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

◆シングルグレーンウィスキーの「知多」

www.goshuinbukuro.com