困ったときこそ酒と神様

ようやくたどり着いた、ストレスフリーで酒やうどんを楽しめる日々。これこそがご利益だったのかもしれません。

〖絶対〗続続・御朱印帳を選ぶポイントはどう考えてもサイズと紙質

私の御朱印集めは2015年(平成27年)の善光寺御開帳をきっかけとして始まったもので、使用している御朱印帳が20冊目となりました。15冊目まではすでにご紹介済みであるので、こちらでは16冊目から20冊目までをご紹介します。ポイントはやはりサイズと紙質です。※四寺廻廊の御朱印帳は除きます。

1冊目から10冊目まではコチラ

〖再確認〗御朱印帳を選ぶポイントはやはりサイズと紙質 - 困ったときこそ酒と神様

11冊目から12冊目まではコチラ

〖事情通〗続・御朱印帳を選ぶポイントはやはりサイズと紙質 - 困ったときこそ酒と神様

16冊目 金持神社

サイズ11.5㎝×17㎝

紙質☆☆

金持神社の大鳥居

鳥取県日野郡日野町には金持という日本唯一の縁起のいい地名があり、そこには金持神社というとんでもなくご利益がありそうな神社があります。伯備線根雨(ねう)駅より徒歩45分くらいの場所にあり、サンライズ出雲で山陰の旅を楽しんだ帰りに立ち寄るにはうってつけです。※読み方としては「かねもち」でなく「かもち」です。

金の御朱印帳の表紙

金の御朱印帳の裏表紙

こちらでは金持神社の名前にふさわしく金の御朱印帳(2000円)を発売しています。

それ以外に御大典記念御朱印帳(5000円)も発売しています。表面は一層金ぴかに輝いており、間の蛇腹の紙も金色という信じがたいものでした。

戦闘機の姿が描かれた御朱印

こちらの御朱印帳で最も印象に残っているのは航空自衛隊百里基地に隣接した百里神社の御朱印で、かつての主力戦闘機「ファントム」が中央にドカンと描かれています。

〖アクセス〗百里神社の御朱印は戦闘機ファントムが描かれている - 困ったときこそ酒と神様

17冊目 穴守稲荷神社

サイズ12㎝×18㎝

紙質☆☆☆

穴守稲荷神社は東京を代表する稲荷神社であり、羽田空港に最も近い神社であることから多くの航空関係者が安全祈願でお参りする神社となっています。

富士山とANA機をイメージした御朱印帳

穴守稲荷神社では全日本空輸(ANA)とタイアップした御朱印帳を頂くことができます。富士山とANA機をイメージしたもの、神社の千本鳥居とANA機をイメージしたものの2種類あり、神社とANAの通販サイトで購入することができます。

山寺の御朱印

以前から一度行ってみたいと思っていた山形県の山寺(立石寺)にお参りできたのがこの頃でした。

〖立石寺〗山寺御朱印の注意点:回り方と知っておくべきこと - 困ったときこそ酒と神様

18冊目 穴守稲荷神社

サイズ12.2㎝×18.3㎝

紙質☆☆☆

穴守稲荷神社は何と日本航空(JAL)ともタイアップしており、18冊目で購入しました。

穴守稲荷神社とJALがタイアップした御朱印帳の表紙

穴守稲荷神社の御朱印帳の裏表紙

神社の千本鳥居とJAL機をイメージしており、サイズは大型で紙質は最高です。穴守稲荷神社社務所および通販ショップ「JALショッピング」で扱っています。

豊川稲荷の御朱印

赤坂の豊川稲荷東京別院には何回もお参りしていましたが、本家の豊川稲荷を訪れたのはこの時が初めてでした。

〖愛知〗豊川稲荷の御朱印とヨルモウデ、何故か鳥居がある境内 - 困ったときこそ酒と神様

19冊目 三嶋大社

サイズ12.2㎝×18㎝

紙質☆☆☆

東北・伊勢・愛知と遠方への遠征を繰り返しているうちに気付いたら18冊目が終わってしまいました。

三嶋大社の御朱印帳の表紙

三嶋大社の御朱印帳の裏表紙

そのタイミングでお参りした三嶋大社で見つけたのがこちらの御朱印帳です。

白山神社の御朱印

彌彦神社をお参りすべく新潟まで日帰りの旅をしたのがこのタイミングで、その際に白山神社で頂いた季節限定御朱印です。この手の見開き御朱印は書置きなのが大半ですが、こちらは直書きでした。

〖新潟〗白山神社の御朱印と県内屈指のパワースポット - 困ったときこそ酒と神様

20冊目 日向薬師

サイズ12㎝×18㎝

紙質☆☆☆

日向薬師の御朱印帳は12冊目の御朱印帳として過去に一度使用しています。

日向薬師の御朱印帳表紙

日向薬師の御朱印帳裏表紙

サイズもちょうどよく紙質も素晴らしかったことから20冊目として色違いの御朱印帳を購入しました。

日向薬師の御朱印

直書き御朱印は書き手の方が変わると随分と印象が変わるものです。

〖宝城坊〗息をのむ美しさ、日向薬師へのアクセスはバスが便利 - 困ったときこそ酒と神様

「評価に値する」と思われたらワンクリックお願いします。読者登録とブックマークを頂けるともっと嬉しいです。

お勧め記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com