酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

【御朱印】癌封じの上行寺は何とも不思議な外観の寺院だった

今回は鎌倉の癌封じの寺として知られる上行寺の超個性的な御朱印をご紹介します。

以前妙本寺から光明寺まで大町・材木座エリアの寺社をまわった際、八雲神社から安養院に向かう途中道路の反対側にかなり異質な寺院を発見して何となく気になっていました。

山門は普通の寺院でしたが、お堂と思われる建物の道路に面した箇所に手書きで「癌除」とでかでかと書いた看板を貼りだしています。その他に「薬師瘡守稲荷」「身がわり鬼子母神」という表示もあり、見るからに不思議なな雰囲気がぷんぷんしていました。

f:id:minamimachida0706:20170720224838j:plain

その時は当初の予定になかった寺院であるためそのままスルーしてしまいましたが、あとで調べてみると上行寺という癌封じで有名な寺院のようです。御朱印も個性的なようなので今回お参りしてきました。

 

上行寺はみごとなツツジで有名な安養院の道路を挟んだ向かい側に位置する日蓮宗の寺院です。

f:id:minamimachida0706:20170720224910j:plain

創建が1313年という事ですから700年以上の歴史のある寺院という事になります。光則寺の土牢の逸話で知られた日郎は多くの弟子を育成しましたが、その中でも特に優れた9人が後に九老僧と呼ばれました。上行寺の開山はこの九老僧の一人である日範です。

 

上行寺の本堂です。1886年に妙法寺の法華堂を移築したもので、堂内には日蓮上人像や開山の日範上人像、水天像などが安置されています。

f:id:minamimachida0706:20170720224943j:plain

手書きの看板が何とも個性的です。ともかくありとあらゆることに効きそうです。

f:id:minamimachida0706:20170720225004j:plain

わざわざこのような貼り紙がしてあるくらいですからともかく上を見ました。

f:id:minamimachida0706:20170720225022j:plain

欄間の龍の彫刻は熊本の大名である細川氏の手によるものだそうです。

f:id:minamimachida0706:20170720225155j:plain

気付かなかったのですが、山門には日光東照宮の眠り猫を掘ったとされる左甚五郎作の龍の彫り物があるそうです。「お前は一体何者だ?」と思わず言ってしまいそうになる寺院です。

 

本堂横にあるお地蔵様です。

f:id:minamimachida0706:20170720225226j:plain

境内の西側に浄行堂があります。さらにびっくりするような光景です。

f:id:minamimachida0706:20170720225255j:plain

こちらには万病、特に癌に効があるといわれている瘡守稲荷堂や、大小の鬼子母神が祀られています。

 

御朱印は本堂脇の民家のような場所でいただけます。本当にここで良いか不安でしたが、呼び鈴を押すと快く対応してくれました。

f:id:minamimachida0706:20170720225324j:plain

上行寺は鎌倉の寺社の中で唯一鎌倉市観光協会に加盟していない寺院なのだそうです。「ここは観光をするところではない」という考えに基づいているようですが、それにも関わらず私が滞在している間にも数組の参詣者がありました。寺の不思議な外観といい個性的な御朱印といい、逆に全国から観光客を呼び込む要因となっているようです。

 

◆巨大な閻魔大王像と超極太の御朱印が印象的だった円応寺の記事

www.goshuinbukuro.com

◆日範の師である日郎を監禁した土牢のある光則寺の記事

www.goshuinbukuro.com

 最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります。