酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖大宮〗安楽寺の見開き御朱印に書かれた「至誠心」とは?

今回は大宮の安楽寺の御朱印をご紹介します。御朱印帳2ページに亘って書いて頂く「見開き御朱印」は御朱印帳を開いた時の見た目のインパクトの大きさもあって愛好者の間では人気となっていますが、その中でも仏教の教えを見開きで大きく書いた安楽寺の御朱印は、私にとって以前から気になる存在となっていました。

安楽寺の御朱印

安楽寺の御朱印

「至誠心」(しじょうしん)と書かれています。

スポンサードリンク

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」

大宮の駅前にある安楽寺

安楽寺安楽寺は大宮駅西口のビックカメラのすぐ裏にあります。

安楽寺の正面

すんなりとたどり着きました。外見だけだとお寺と言うよりビルに近い感じです。

安楽寺の本堂

本堂は法要の真っ最中だったためこちらでお参りしました。

浄土真宗でも御朱印をいただける安楽寺

安楽寺は浄土真宗の寺院です。「浄土真宗では御朱印はしない」というイメージがありますが、それを方針として定めているのは本願寺派と大谷派だけのようです。朱印をしない理由として「お寺とは朱印を集めるためにお参りするところなのでしょうか。それならば、一度朱印をもらえば、二度とお参りすることはないでしょう。大事なのはお参りしたことがあるかどうかではなくて、お参りして教えに出遇あったかどうかです。また、どんな教えに出遇ったかということであるはずです。」と東本願寺のHPに書かれています。

今回安楽寺に頂いた資料によると浄土真宗においては御朱印は親鸞聖人の御旧跡を参拝した際いただく記念スタンプのようなもので、他の宗派における「御本尊の分身」という意味合いはないということです。ただ、その御朱印を通して浄土真宗の教えや仏教に興味をもっていただければそれが本当の御利益であるとのことでした。

御朱印に込められた仏教の教え

「御朱印でお待ちの方」と呼ばれ、御朱印帳を受け取って終わりかと思っていたら、意味についてその場で一生懸命に説明してくださいました。
「至誠心」は真のまごころを指します。まごころが大切で悪事を働いたりウソを言ったりしては絶対にいけないのですが、実際の人間はそうはいきません。それができるのは仏様だけであり、人間は悪いことをしたりウソを言ってしまったりする弱い存在で、そういう者であるという事を受け入れることが大切だという意味のようです。

心の準備ができておらず驚きましたが、私も一生懸命聞きました。その場で理解しきれなかった分はネットで調べたのですが、仏教における「至誠心」という教えはかなり難しく本当にこの内容で良かったか自信はありません。

スポンサードリンク

※日本全国7,700以上の霊園を掲載しており、様々な特色・条件で検索・比較ができます。コールセンターで専任スタッフが無料で相談受付。詳しくはコチラ☟

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆芸術的な見開き御朱印の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

www.goshuinbukuro.comwww.goshuinbukuro.comwww.goshuinbukuro.com