酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

【御朱印】安楽寺の見開き御朱印に書かれた「至誠心」とは?

レア物の御朱印というものはいろいろありますが、その中でも御朱印帳2ページに亘って書いて頂く「見開き御朱印」は御朱印帳を開いた時の見た目のインパクトの大きさもあってマニアの間では人気となっています。以前江北氷川神社の見開き御朱印をご紹介しました。

 首都圏で頂ける見開き御朱印として江北氷川神社と同じくらい知られている大宮の安楽寺に行ってきました。
実は安楽寺に行くのは今回が3回目で、過去2回は共に空振りでした。


見開き御朱印については以前から関心があったのですが、せっかくだから大きめのサイズの御朱印帳に頂こうと思っていました。小型だった寒川神社の御朱印帳がようやく一杯になり8月14日に高尾山薬王院で買った3冊目の御朱印帳が気に入ってしまい、発作的に思い立ったのが1回目です。帰りの電車で本来は高尾で中央線に乗り換えるべきところ、そのまま新宿へ出て埼京線で大宮へ向かいました。しかしそこで見たのは「お盆期間中、御朱印は書置きで対応する」という掲示物です。言われてみれば確かにお盆の時期にお寺は御朱印どころではないですよね。


2回目は9月21日です。お盆も終わり、学校の夏休みも終わり、9月も下旬となってもう大丈夫だろうと思って満を持して向かったのですが、今度見たのは「お彼岸期間中、御朱印は書置きで対応する」という掲示でした。
「お盆やお彼岸の時期にお寺をまわっても御朱印が頂けないこともある」と何回か書いていますが、それはこの2回の失敗のことを指しています。


正月も節分も終わり、ひな祭りにはまだ間があることもあり今回は大丈夫だろうとは思いましたが、念のため電話で確認を入れたうえででかけました。


安楽寺は大宮駅西口のビックカメラのすぐ裏にあります。

f:id:minamimachida0706:20170211225233j:plainこれで3回目ですからすんなりとたどり着きました。外見だけだとお寺と言うよりビルに近い感じですね。

f:id:minamimachida0706:20170211225250j:plain

本堂は法要の真っ最中だったためこちらでお参りしました。

f:id:minamimachida0706:20170211225317j:plain安楽寺は浄土真宗の寺院です。「浄土真宗では御朱印はしない」というイメージがありますが、それを方針として定めているのは本願寺派と大谷派だけのようです。朱印をしない理由として「お寺とは朱印を集めるためにお参りするところなのでしょうか。それならば、一度朱印をもらえば、二度とお参りすることはないでしょう。大事なのはお参りしたことがあるかどうかではなくて、お参りして教えに出遇あったかどうかです。また、どんな教えに出遇ったかということであるはずです。」と東本願寺のHPに書かれています。


今回安楽寺に頂いた資料によると浄土真宗においては御朱印は親鸞聖人の御旧跡を参拝した際いただく記念スタンプのようなもので、他の宗派における「御本尊の分身」という意味合いはないということです。ただ、その御朱印を通して浄土真宗の教えや仏教に興味をもっていただければそれが本当の御利益であるとのことでした。


念願の安楽寺の見開き御朱印です。「至誠心」(しじょうしん)と書かれています。

f:id:minamimachida0706:20170523000953j:plain

「御朱印でお待ちの方」と呼ばれ、御朱印帳を受け取って終わりかと思っていたら、意味についてその場で一生懸命に説明してくださいました。
「至誠心」は真のまごころを指します。まごころが大切で悪事を働いたりウソを言ったりしては絶対にいけないのですが、実際の人間はそうはいきません。それができるのは仏様だけであり、人間は悪いことをしたりウソを言ってしまったりする弱い存在で、そういう者であるという事を受け入れることが大切です。


心の準備ができていませんでしたが、私も一生懸命聞きました。その場で理解しきれなかった分はネットで調べたのですが、仏教における「至誠心」という教えはかなり難しく本当にこの内容で良かったか自信はありません。

◆レア物御朱印の極み、天狗の御朱印を頂いた古峯神社の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆意外さに驚かされた秋葉原神社の御朱印の記事

minamimachida0706.hatenablog.com