酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖聖地〗乃木坂46神宮球場ライブ2019初日レポ 層が厚いからこそ可能なセットリストだった

今回は乃木坂46の「真夏の全国ツアー2019」東京公演初日の模様をご紹介します。約3時間のライブで全33曲が披露され、乃木坂の層の厚さがもたらす強さを改めて感じさせられました。前から一度行ってみたいと思っていた「聖地」神宮球場のライブで、幸いにもチケットが当たったので参加することができました。

神宮球場は乃木坂46の聖地

神宮球場は乃木坂46が毎年開催している「真夏の全国ツアー」で東京公演の会場として知られており、球場の公式Twitterでも「夏の風物詩」と呟かれるほど定着したイベントとなっています。

2012年にデビューした乃木坂46はその翌年から全国主要都市を巡る全国ツアーを開催しており、2014年の2回目のツアーの千秋楽会場として初めて神宮球場を使用し、今年で6年連続の開催ということになります。グループの原点でもある乃木坂から最も近いという理由で選ばれたといいますが、いい場所を確保したものだと思います。

交通の便の良い都心の一等地にありながら神宮球場がコンサート会場として過去に使用された事例はあまり多くなく、特に2000年にTHEALFEEが使用して以降は14年間全く使用されていませんでした。現在でも他のアーチストが使用した事例はなく(申し込んでも球場側に断られるという話を聞いたことがある)、神宮球場は今や乃木坂46の聖地でありホームグラウンドといえるような場所となっています。

チケット

乃木坂46のライブといえば横浜アリーナのアンダーライブを先日経験しましたが、やはり聖地である神宮球場のライブを体験したいものです。幸いにも三日間の東京公演の初日のチケットが当たったので、胸躍らせて参加しました。

先週の全国握手会は仕事の関係で参加できなかったため、イベントに参加するのは久しぶりです。

神宮球場ライブと雨

乃木坂46のライブといえば雨というのが付き物となっています。「真夏の全国ツアー」では神宮球場以外はドーム球場が会場ですから本来なら本来なら天候は関係ないはずですが、台風接近となると話は変わってきます。

今年のツアーでは福岡公演初日の7月20日に九州北部に台風5号が接近して長崎県の五島では50年に一度の記録的な大雨となり、さらに大阪公演二日目の8月15日には超大型の台風10号が西日本を直撃することが確実となったことから、観客の安全確保のためついに中止が決定されました。

神宮球場は屋外ですから雨はライブに直接影響します。実際のところ過去の天候をみても

2014 開演前雨→晴れ

2015 初日 雨

2015 二日目 ライブ前半雨

2016 初日 ライブ後半雨

2016 二日目 雨(夜台風通過)

2016 三日目 開演前雨→曇り
2017 初日 開演前雨→晴れ

2017 二日目 晴れ

2018 初日 雨

2018 二日目 晴れ

2018 三日目 晴れ

このように雨の確率が異常に高くなっています。今年は週間天気予報では3日間とも雨マークが全く無かったので安心していたのですが、実際は驚きの結果となりました。

秋元新キャプテンの誕生が示すもの

昨年より西野七瀬・若月佑美・衛藤美彩と中心メンバーの卒業が相次いでいますが、7月8日には桜井玲香が神宮球場ライブの最終日をもってグループを卒業することが発表されました。キャプテンという立場に加えて屈指の歌唱メンである桜井の卒業でグループがどう変わっていくか気になるところです。名曲「誰かは味方」はオリジナルメンバー(桜井・若月・衛藤)が全ていなくなってしまい、来年のバースデイライブで誰が歌うのでしょうか。

後任のキャプテンについては秋元真夏というあまりにも順当すぎる人選となりました。これなら異論などどこからも出ないだろうと思っていたのですが、ネットを見ていると「世代交代」ということで梅澤キャプテン待望論を唱えていた人も多かったようです。(賀喜キャプテン待望論もあったが、これについては「正気か?」と言うしかない)

グループ結成から8年が経過した乃木坂46は白石・松村・秋元といった主力メンバーの多くが20代後半となっています。9月4日発売予定の24枚目シングルにおいて4期生で17歳の遠藤さくらをセンターに起用したことで「乃木坂は本気で世代交代に取り組もうとしている」といった記事が多く出されましたが、こういった「抜擢センター」はこれまで新人が加入するたびに実施されてきた恒例行事で、職場に新メンバーが加入する際の「歓迎会」程度の意味しかありません。

同じ1期生(しかも年齢は上)の秋元を新キャプテンとする今回の決定は運営主導で世代交代を進める考えがないことの明確な意思表示で、私も大いに安堵しました。乃木坂46の人気を今後も持続させるにはこれまでの「綺麗なお姉さん」路線を継続するのが最善で、まだまだ1期生や2期生の力が必要です。

運営が「若返り」「世代交代」といった甘言に弄されないことを願います。

〈イベント参加を躊躇している乃木坂ファン注目!〉

「生え際が後退してきた」「地肌が見えてしまう」等々、頭部への視線が気になって握手会やライブに行きづらい。そんな悩みありませんか。解決策はコチラ

今年もやはり雨が降った 会場周辺の様子

一週間くらい前から神宮球場周辺の週間天気予報をこまめにチェックしていましたが、30日の予報は当初の「終日晴れ」から直前になって変化し、「朝は雨」「昼まで雨」「昼までと夕方以降雨」と最新の情報を入手するたびに悪化して行きました。やはり乃木坂と神宮と雨は切り離せないものなのかもしれません。

まずは物販で記念グッズを入手し、次いで乃木坂の「まる彦」で「マナツ」を食べ、改めて会場入りしようと決めました。乃木坂のイベントでは行列が不可避であり、少しでも負荷を減らすには早く家を出るしかありません。

グッズ販売

絵画館前今回のライブのグッズ販売の会場は絵画館前です。

異様な光景私は半蔵門線の青山一丁目駅から向かいましたが、イチョウ並木の奥に何やら異様な光景が見えてきました。

生写真販売の行列

生写真販売の行列は何と総合球技場の周りを半周してイチョウ並木付近まで伸びています。

グッズ販売の行列右が生写真、左がグッズ販売の行列です。

折れ曲がり売り場に到着するまで何度も折れ曲がります。

売り場

売り場

グッズこの日は45分で売り場に到着しました。平日の午前中だったのでこれだけで済みましたが、二日目・三日目は大変な行列になったようです。

瞬間冷却材ちなみに並んでいる人全員に瞬間冷却材が配布されました。

浴衣姿の写真

浴衣姿の写真

浴衣姿の写真会場には全メンバーの浴衣姿の写真が展示されており、カメラを持ったファンが群がっていました。(全員分を一枚一枚撮っている猛者も意外に多かった)

乃木坂ラーメン「まる彦」

乃木坂ラーメンまる彦はソニーミュージックエンタテインメントのビルがまだ乃木坂にあった頃に衛藤美彩が通っていたラーメン屋で、テレビ番組でもお勧めとして紹介したことから聖地としてファンが集結するような場所になっています。これまで何回も来ていますが、ここでラーメンを食べてから神宮のライブに行くというのを一度やってみたいと思っていました。

まる彦

まる彦初日は平日なのでこの程度でしたが、二日目・三日目は何と1時間半待ちになったそうです。

真夏と白米「真夏の全国ツアー」から命名された「マナツ」と白米です。パンチの効いたカレー味のスープを麺がしっかりと受け止めて見事な味わいになっていました。焼いたトマトも合っていたと思います。

神宮球場周辺

ラーメンを食べ終えて神宮球場に戻ると雨はやんでいました。

球場正面

球場正面

球場正面

球場正面にはメンバー全員の幟と写真が掲示されています。

写真を撮る人その光景をバックに写真を撮ろうとしている人が多数いました。

祝い花祝い花が二列に並べられており、バナナマンが前列の筆頭、それに次いで吉田沙保里の花が置かれています。

祝い花前列がテレビ関係、後列がラジオその他のようで、テレビ関係はNHK・日本テレビ・TBS・フジ・テレ朝・テレビ東京という地デジ以前のチャンネル順となっていました。(この順番はかなり重要なようで、スタッフが念入りにチェックしていました)

禁止事項横浜アリーナの時と同様に入場にあたっては様々な禁止事項があります。入場の際にはチケットに明記された氏名と身分証の照合をしていました。

長蛇の列開場1時間前の2時半には各入場ゲート前には既に長蛇の列ができていました。

スペシャルドリンク場内で販売されていた乃木坂46スペシャルドリンクと築地銀だこのたこ焼きです。ドリンクはもう無茶苦茶に売れており、ほとんどの人が手に持っていたように思います。

〈イベント参加を躊躇している乃木坂ファン注目!〉

「生え際が後退してきた」「地肌が見えてしまう」等々、頭部への視線が気になって握手会やライブに行きづらい。そんな悩みありませんか。解決策はコチラ

会場の広さに面食らった

私の席は一塁側ダックアウトの上部、中央の通路から3段上で、花道が目と鼻の先にあった横浜アリーナの時と比べるとやはりまるで違うものありました。

メインステージとセンターステージではメンバーは小さめのフィギュアくらいの大きさで、肉眼では到底誰が誰であるか識別できず、バックステージまで来てくれると何とか区別がつくという状況でした。(野球なら背番号で見分けることができますが、アイドルの衣裳には背番号がない。)

一部のメンバーが芦ノ湖の海賊船に似た台車(フロートというらしい)に乗ってフェンス際をまわる際は比較的間近でメンバーの姿を見ることができます。またスタンド席の中ほどにある通路をトロッコでまわるという場面も一度あり、目と鼻の先を通過していった齋藤飛鳥と桜井玲香は肌の綺麗さが際立っていました。

全体的に細かい部分は正面のモニターを見るしかありませんが、小さいと言ってもメンバーを直接見ることができるので幕張全握のミニライブで感じるようなストレスはありません。ただ、アイドルグループのライブを楽しむという点ではこれがギリギリの大きさなのではないかと思います。

比較的倍率の高い双眼鏡を持参していたので最初はそれを覗き込んでいましたが、手ブレが激しくメンバーを識別しようと苦闘していると曲が全く耳に入ってこなくなります。

途中からは双眼鏡はカバンに戻し、会場全体を見るようにしたら思った以上に楽しめました。メンバーが会場いっぱいに散らばったり一か所に集合している様子はなかなか綺麗な光景です。

層が厚いからこそ可能なセットリスト

西野・若月・衛藤の主力3人が一気に抜けた穴はやはり大きくCD売り上げの右肩上がりはついにストップしてしまったようですが、ライブを見る限りグループのパワーはまだまだ衰えていないように感じます。

ミュージアムコーナーのような日替わり企画も含めて約3時間で全33曲というのは欅坂や日向坂、AKBと比べても多いのではないかと思います。

「インフルエンサー」「命は美しい」「何度目の青空か」「シンクロニシティ」と王道の表題曲が続いた後に「滑走路」「日常」とアンダー曲が続いても落差がなく、これは選抜やアンダーを問わずグループ全体の層が厚く、メンバー個々の能力が高いからこそ可能です。

「僕のこと知っている?」に続いて「サイコキネシスの可能性」「ダンケシェーン」、「夜明けまで強がらなくていい」に続いて「オフショアガール」「ロマンティックいか焼き」のようにしっとりとした曲からいきなり弾けた曲に移行したのも刺激的でした。

本来はアンダー曲である「あの日僕は咄嗟に嘘をついた」「ここにいる理由」「不等号」を選抜・アンダーが入り混じった新たなメンバー構成で披露したのは「新たな融合」を印象付けようとしたものでしょうか。

https://livedoor.blogimg.jp/nogizaka46bunno1/imgs/e/c/ecee7252.jpg

神宮恒例の花火は「Sing Out!」の一番盛り上がったところで打ち上げられました。主力3人卒業のあおりを食って前作より売り上げを下げてしまい、そのせいかそれほど評判の高くない曲ですが、私は乃木坂でも屈指の名曲だと思っており、今後レコ大⇒紅白の流れの中で再ブレイクすることを期待しています。

https://livedoor.blogimg.jp/nogizaka46bunno1/imgs/c/7/c7351901.jpg

また、一番最後の「乃木坂の詩」で会場全体(ステージの真裏の席に至るまで)が紫一色に染まったのは圧巻でした。(この光景が一番見たかった。)

ちなみに桜井玲香卒業にまつわる話は初日は一切ありませんでした。

東京ドームでやればいいというものではない

雨が降ったりやんだりという状況は開演後もしばらく続き、MCにおいても誰が雨女かという定番の話題で盛り上がりを見せます。しかしライブ中盤に差し掛かったあたりで雨は完全にやみ、最後は爽やかな風を感じることができました。

都心のビル群のど真ん中でありながら一方で神宮外苑という落ち着いた雰囲気の中にある独特の立地、メンバーを直接見ることができる大きすぎでも小さすぎでもないギリギリの大きさ、屋外ライブならではの解放感とハラハラ感、そしてフィナーレで打ち上げられる花火と、こういったものが一体となって神宮球場は聖地と呼ばれるような存在になっているように感じます。これ以上会場が大きいと逆に興ざめします。東京ドームでやればいいというものではなく、こういう場所は大切にしなくてはいけません。

〈イベント参加を躊躇している乃木坂ファン注目!〉

30年間の研究の末に到達した新時代の育毛剤「ケフトルEX」。これであなたも何ら恐れることなくイベントに参加できる。詳しくはコチラ

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 「参考になった」と思われた方ははてブの所をポチっとして頂きますと幸いです。

◆横浜アリーナのアンダーライブ

www.goshuinbukuro.com

◆ステージの真ん前で見ることができた幕張全握のミニライブ

www.goshuinbukuro.com

◆まる彦の「マナツと白米」

www.goshuinbukuro.com