困ったときこそ酒と神様

ようやくたどり着いた、ストレスフリーで酒やうどんを楽しめる日々。これこそがご利益だったのかもしれません。

〖姫路駅〗ケンミンSHOWでも取り上げられた在来線ホーム上「えきそば」の魅力とは?

姫路駅在来線ホーム上の「えきそば」は「日本一うまい」として評判の店で、全国ネットのゴールデン人気番組でも取り上げられています。和風だしに中華麺という珍しい組み合わせで、他ではまねのできない味を体験できます。新幹線ホームにはないので注意してください。

ケンミンSHOWで「日本一うまい」とされた店

かつてのJRには駅ごとに個性的な立ち食いそば屋があり、それぞれ別々の会社が運営していて麺もつゆも味が全然違っていたものです。首都圏では最近は高級路線の「いろり庵きらく」だらけになってきたように思いますが、全国を見渡すとまだまだ個性的な店は数多く残っているようです。

駅の立ち食いそば屋の情報収集をしていて特に良く名前を見たのが音威子府駅の「常盤軒」と姫路駅の「えきそば」でしたが、かつて「日本一うまい駅そば」とまで呼ばれた常盤軒は店主がお亡くなりになったことから2021年に閉店になってしまいました。

えきそばの外観

それ以降、姫路駅の「えきそば」が「日本一うまい」と呼ばれているようです。日本テレビ系の「秘密のケンミンSHOW」では「兵庫・駅の立ち食いそばがスゴい!電車1本見送っても食べたい大人気えきそば」として取り上げられています。

新幹線ホームではなく在来線ホーム

えきそばは普通の駅の立ち食いそばとは違って濃いめの和風だしに黄色い中華麺を合わせています。その人気ゆえにJR西日本の特別列車である「WEST EXPRESS 銀河」の乗車特典にも組み込まれ、姫路駅停車中に店内やホームの待合室で夜食として食べられるよう店舗の営業時間を延長するといいます。

そんな店ですから一度行って食べてみたいとはずいぶん以前から思っていましたが、三島や静岡と違って姫路は簡単に行ける場所ではありません。香川での讃岐うどん食べ歩きから帰京する際、通常なら岡山から一気に新横浜まで出ているところ、えきそばを訪れるために今回は姫路で一旦新幹線を下車しました。

新幹線ホームからの姫路城

姫路駅の上り新幹線ホームからは国宝の姫路城がきれいに見えます。

エスカレーター

えきそばは姫路駅の在来線ホーム上の店で、新幹線ホームにはありません。在来線ホームに上がるエスカレーターではみんな右側に立っており、自分が関西にいることを実感します。

5・6番線ホームの看板

在来線の三ノ宮・大阪方面ホームである5・6番線ホームに上がりました。

7・8番線ホーム上えきそば

岡山方面の7・8番線ホーム上にも店があります。

店内は明るく清潔だった

えきそばを運営しているまねき食品の創業は1888年で、もともとはうどん屋だったといいます。終戦直後の混乱期に小麦粉が唐製品となって手に入らなくなり、その替わりにこんにゃく粉とそば粉を混ぜたうどんを販売したことで方向性が変わりました。

えきそばの正面

現在のスタイルになるまで試行錯誤を繰り返し、1949年年に「えきそば」と名付けられます。現在では姫路駅在来線上り・下りホーム上の他、駅周辺に3店舗を構えるまでの店となっています。

在来線のホーム上の店といったら階段下のスペースを利用した古ぼけたイメージがありますが、日本中から注目されるだけあってえきそばはド新品であるかのようなきれいな店でした。

えきそばのメニュー

上りホーム店だけのメニューというのもあるようです。

食券自販機

これを見ると「天ぷらえきそば」と「きつねえきそば」が看板メニューであるようです。

えきそばの店内

店内はショッピングモールのフードコートのように明るく清潔でした。

他ではまねのできないオリジナルの味だった

天ぷらえきそば

天ぷらえきそばを注文しました。一応「そば」を名乗っていながら黄色を帯びた白い麺で、味も明らかにそばではありません。ただし食感は明らかに駅の立ち食いそば屋そのもので、全体としてさっぱりしていました。

つゆは和風ですが、ついさっきまでいやというほど味わってきたイリコではなく関西風で、それも相当に濃厚で強めです。天ぷらはふわふわしていてつゆを吸ってすぐに崩れ、淡白な麺とつゆにコクを加えていました。

これまで体験したことのない何とも不思議な組み合わせで、「悪くはなかった」というのが初体験での正直な印象です。香川の「麺工房 六車」の看板メニュー「釜ぬきうどん」のように他ではまねのできない勇気あるメニューだったからこそ感じた印象で、何回も食べればクセになる味なのでしょう。

土産用のえきそば

尚、えきそばは新幹線ホーム上にはありませんが、土産用としてホーム上の駅弁売り場で販売されています。

えきそば在来線上り店について

主なメニュー

天ぷらえきそば     450円

きつねえきそば     450円

とり天えきそば     580円

ちくわ磯部揚げえきそば 580円

営業時間と定休日

営業時間 6:00~23:00 

※下りホーム店は24時までのようです。

定休日 無休

「評価に値する」と思われたらワンクリックお願いします。読者登録とブックマークを頂けるともっと嬉しいです。

お勧め記事

www.goshuinbukuro.com

 www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com