酒とうどんと御朱印の日々

新型コロナの感染拡大が止まりません。夜は自宅でウィスキーやカクテルを楽しみませんか?

日経平均株価この1年で1万円上昇!

〖60度〗国内最強の酒である「どなん」は強さの中に甘さと香ばしさがあった

「どなん」は与那国島の特産品となっている酒で、60度という国内で製造される酒では最高のアルコール度数を誇っており、特に泡盛と区別して「花酒」と呼ばれています。与那国島の島内のみで特例として製造が認められている超法規的措置のような酒であり、強さの中にも甘さと香ばしさがありました。

渡るのが難しいから「渡難(どなん)」

「どなん」は日本最西端の島として知られる与那国島の特産品となっている酒で、現在ではふるさと納税の返礼品として人気を集めるまでになっています。

沖縄本島の南西約500kmに位置し、周囲約28km、人口2,000人未満の小さな島でありながら与那国島には酒造所が3ヶ所もあり、そのうちの一つである国泉泡盛でタイ米と黒麹、地元の硬水琉を使用して球王朝時代から伝わる伝統的な製法で醸し出した泡盛が「どなん」です。

与那国島は断崖に囲まれたその地形と不安定な天候から九州はおろか沖縄本島からでさえも渡るのが難しいとされており、長らく「渡難(どなん)」と呼ばれていました。「どなん」はそんな与那国島の別名を冠した、与那国島を代表する酒です。

クバの葉で包んだどなんのボトル

実家の近くでたまたま沖縄物産展が開催されており、1本だけ残っていたものを購入しました。熟練した職人が与那国町の町木であるクバの葉で一つ一つ包んでおり、それにより「南国の酒」という雰囲気を醸し出していますが、中身が見えないというのは少し恐ろしくもあります。

国内で製造される最強の酒

「どなん」の最大の特色は60度というアルコール度数の高さで、これは日本で製造されるあらゆる種類の酒の中で最強です。泡盛を蒸溜する際に最初に出てくる度数の高い濃厚な雫を集めており、泡盛と区別して特に「花酒」と呼ばれています。

どなんのラベルの原料用アルコールの表示

酒税法において単式蒸溜焼酎(乙類焼酎)のアルコール度数の上限が45度となっていることから花酒は泡盛と表示できず、ラベルには「原料用アルコール」と表示されています。

「花酒」はこのように「超法規的」といってもいいような酒です。琉球王朝への献上品や神事に用いられてきた長い歴史があり、また与那国島の人々の暮らしや文化と深いつながりがあることから、花酒は日本国内でも与那国島の島内のみで特例として製造が認められているのです。

かつては琉球王朝に対する献上品であったという由緒ある酒で、一般向けに発売されるようになったのは沖縄が本土復帰を果たした1972年になってからです。

タモリ倶楽部で超美味高級食品として紹介

こだわり抜いて創りあげた新しいツナの可能性、まさにツナの文明開缶。日本近海で一本釣りした「びん長まぐろ」3匹で1缶しか作れないもっとも美味しい1%の部位だけを使用。

強さの中にも甘さと香ばしさがあった

60度という高いアルコール度数による刺激は強烈なものがありましたが、その中にも甘さや香ばしさも感じられました。

ストレート

どなんのストレート

アルコール度数の高さもあってガツンと来る味と香りです。さつま白波を5倍くらい強烈にしたような印象で、後味までインパクトがあります。

ロック

どなんのロック

氷を入れてもやはり標準以上の強さです。いかにも焼酎らしい香りが口の中でふくらみ、どことなく香ばしさが感じられるようになりました。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない水割り)

どなんのトワイスアップ

やっと普通の焼酎のストレートのようになりました。水で割ってもトロリとしており、甘さも感じられるようになりました。

ハーフロック(1対1で氷を入れた水割り)

どなんのハーフロック

ここまできてようやくスッキリとした味わいとなりました。甘さの奥にほんのりとした香ばしさを感じます。

お湯割り

どなんのお湯割り

お湯の熱で気化したアルコール分が鼻を刺激します。セメダインのような香りと甘さが強烈で、香ばしさも引き立ってきました。

究極のおつまみ。泡盛に絶対に合う

こだわり抜いて創りあげた新しいツナの可能性、まさにツナの文明開缶。日本近海で一本釣りした「びん長まぐろ」3匹で1缶しか作れないもっとも美味しい1%の部位だけを使用。

★未成年の飲酒は法律で禁じられています。健康のため飲過ぎに注意しましょう。

 「参考になった」という方ははてブのところをポチっとして頂きますと幸いです。

◆沖縄の超個性的泡盛

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

◆アルコール度数51.4度のフロム・ザ・バレル

www.goshuinbukuro.com