酒とうどんと御朱印の日々

ワクチンを2回打ち終わりました。まだまだ油断禁物ですが、ホッとしています。

〖評価〗ホワイトホース12年は味と香りが洗練されていた

ホワイトホース12年はしっかりとした香りに加えてきめの細かな味わいがありました。日本市場専用に開発されたプレミアム品だけあり、ファインオールドよりも味と香りがはるかに洗練されていました。

日本市場専用に開発された「12年」

キリンのホームページを見るとホワイトホース・ファインオールドは「原産地:日本(スコットランド産ウィスキーを輸入して日本で製造)」、ホワイトホース12年は「原産地:スコットランド」と書かれています。ファインドールドは日本で一体どこまでやっているのでしょう。ブレンドか、貯蔵か、あるいは単に瓶詰だけなのかそれは分かりませんが、いずれにせよ商品になるまでに日本人の手が加わっています。

ホワイトホース12年のボトル

それに対しホワイトホース12年は日本市場専用の商品がスコットランドで完成品となっているのです。つまりスコットランド人が考える日本人に合ったウィスキーというものがここに表現されていると言っていいでしょう。本場スコットランドと比べると約700年近く遅れてスタートしたジャパニーズウィスキーですが、現在では国際的コンクールでも最高の評価を受けるまでになりました。
そのような状況下で本場スコットランド人が「日本市場専用」というスコッチウィスキーをどのように仕上げたのか非常に興味があります。

サーバーのレンタル用は無料!毎月のビール代だけ!

ストレート

ホワイトホース12年のストレート

スコッチ特有のスモーキーさに加えて独特なフルーティーさがあり、濃厚で強い味わいです。香りに甘さがありました。

ロック

ホワイトホース12年のロック

氷を入れることによりトロリとした口当たりとなりました。スモーキーさがより引き立てられましたが、フルーティーな甘さも健在です。

水割り

次いで水で割ります。

ホワイトホース12年と箱根の森の天然水

合わせる水は箱根の森の天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない水割り)

ホワイトホース12年のトワイスアップ

しっかりとした香りがあります。柔らかくてまろやかな味わいで、ほんのりとしたスモーキーさがありました。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ホワイトホース12年のハーフロック

まずフルーティーさがあり、次いでスモーキーさを感じました。かなりサラサラした口当たりです。

ハイボール

上戸彩さんのCMで有名なソーダストリームを使用してつくった私好みの炭酸水を使用します。

ホワイトホース12年のハイボール

ひたすらスッキリ・シャッキリとしており、どことなく柑橘系の味となりました。

香りと味わいが洗練されていた

ホワイトホース・ファインオールドは飲みなれるまではクセの強さを感じますが、こちらでは特にそのようなものはなく洗練されたバランスの取れた味わいでした。
ホワイトホース12年は当ブログで頻繁にご紹介しているウィスキーより1ランク高く一本2,000円を少し超えますが、価格相応の味ではないかと思います。

全国各地のビールを家庭用本格ビールサーバーで楽しむ。費用はビール料金のみ!

★最後までお読みいただきありがとうございます。

未成年の飲酒は法令で禁じられています。健康のため飲過ぎに注意しましょう。

「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆ソーダストリームを使って完全に私好みの炭酸水を作ってみた

www.goshuinbukuro.com

◆ホワイトホースのベーシックブランドであるファインオールドの記事

www.goshuinbukuro.com

◆バランタインの上級品であるバランタイン12年の記事

www.goshuinbukuro.com

◆ジョニーウォーカーの上級品である「ジョニ黒」の記事

www.goshuinbukuro.com

◆かつて吉田茂が愛飲したシーバースリーガルの記事

www.goshuinbukuro.com

◆デュワーズ12年の記事

www.goshuinbukuro.com