酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖箱根神社〗権現からめもちの「俺のうどん赤」は神社のお休処のレベルを超えている

今回は箱根神社内のお休み処「権現からめもち」(これが店名)の「俺のうどん赤」をご紹介します。

f:id:minamimachida0706:20171107223616j:plain

権現からめもちは箱根神社の駐車場脇に出店している典型的な神社のお休み処で、冷めても硬くならない「五色もち」で有名な店です。全てのメニューに九頭竜神社新宮の龍神水と同じ水源の水を使用しており、五色もちもこの水で炊いた餅米を使用しています。

f:id:minamimachida0706:20171107223845j:plainドライブで箱根に来るようになって10数年になりますが、箱根に来れば必ず箱根神社にお参りしており、権現からめもちにはこれまで何度となくきています。数年前からメニューに「俺のうどん赤」がしれっと加わっていることも知っていましたが、この店を訪れるのはあくまで五色もちがお目当てで、それ以外のメニューはこれまで一切口にしたことがありません。箱根まで来る場合には昼食には大抵他にお目当ての店がありますし、うどん好きとして「俺のうどん赤」は気にはなっていましたが、注文してみようという気にはなれなかったのです。

 

今回もカレーを看板メニューにした別の店へ行くつもりだったのですが、ろくに調べもしていなかったために定休日で、急遽予定を変更してあの見るからに怪しそうなうどんに初挑戦してみることにしました。

f:id:minamimachida0706:20171107223947j:plain少し前に店の建て替えが完了し、権現からめもちも随分と綺麗になりました。以前は古びた山小屋のような雰囲気で隣接するトイレも古くて汚かったのですが、今やおしゃれなショッピングモールのフードコートを思わせるまでに激変しています。平日でしたが席はほとんど埋まっていました。

f:id:minamimachida0706:20171107224004j:plain「俺のうどん赤」と超定番の「五色もち」を併せて注文しました。

f:id:minamimachida0706:20171107224031j:plain

2つ並べて写真を撮れば見栄えもいいのでしょうが、先に五色もちが出されたので温かいうちに食べてしまうことにします。

もちはきめが細かく柔らかで、また滑らかな舌触りです。そして甘いものから辛いものまで5種類の味が付いているため一口一口別々の味わいが楽しめます。

f:id:minamimachida0706:20171107224048j:plain

五色もちを先に食べ終わり、しばらくしていよいよ「俺のうどん赤」が出てきました。

真っ赤なだしの上に揚げ玉、キャベツ、海苔が山となっており麺が見えません。うどん日本一決定戦と銘打った「U1GRAND PRIX2014」において全国からエントリーした18店のなかで3位となったメニューですが、見た目と違って辛くないことを売りにしています。

f:id:minamimachida0706:20171107224101j:plain

ともかく一口食べてみます。だしは見た目と全然違って甘めで、ただ少しだけラー油のピリ辛感がありました。麺は太めでモチモチしていたのですが、これまで食べてきたどのうどんとも違う不思議な食感でした。讃岐でも稲庭でも水沢でも伊勢でも武蔵野でも関西でもない、どことも違ったうどんです。キャベツや揚げ玉と絡めて食べるとバランスの取れた味わいとなり、神社のお休処の料理とはとても思えない味に仕上がっていました。

 

注文してからしかるべき時間が経過して出てきたので冷凍のうどんではなく、しかるべき製麺所のうどんをきちんと茹でているはずです。一体どこのうどんなのか、実に気になるところです。

これで十分に美味しいうどんですが、辛くすればさらに今の5倍くらい美味くなると思います。そこの所を何とかならないものなのでしょうか。

◆箱根周辺で食べた美味しい麺の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

 最後までお読みいただきありがとうございます。