酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗焼津千手大観音には日本一の高さの千手観音がある

今回は焼津千手大観音として知られる大覺寺全珠院の御朱印と御朱印帳をご紹介します。

前回お参りした放生寺で中尊寺金色堂からスタートした6冊目の御朱印帳が表裏共に完全に埋まり、7冊目をどこの御朱印帳にするか悩んでいました。御朱印帳の選び方についてはこれまでに何回か書いてきましたが、基本的に大型サイズで、表裏の両面に御朱印を頂くために墨が裏まで染みないような厚めの紙でなければなりません。

御朱印帳に関しあれこれ情報を集めた結果、7冊目は焼津千手大観音の御朱印帳としました。すこし遠方ですが、青春18きっぷを使用するにはちょうど良い距離です。

 

青春18きっぷについてはその内詳しく書こうと思っていますが、簡単に言うと11,850円でJR全線の普通列車1日乗り放題を5回楽しめるというものです。(9月10日まで)

f:id:minamimachida0706:20170817224301j:plain

私は当初下車したら前途無効かと思っていたのですが、日付が変わらない限り何度でも途中下車できます。私の自宅から焼津ですと藤沢からJRに乗ることになりますが、藤沢~焼津の往復運賃が5,180円のところ2,370円で済むことになります。

 

この辺りは新幹線では何回も通りましたが、伊豆半島を貫く在来線の丹那トンネルを昼間に抜けるのは考えてみれば人生で初の体験でした。

f:id:minamimachida0706:20170817224421j:plain

熱海までは雨模様だった天気がトンネルを抜けた途端に晴天となるのですから、なるほどほとんどの窓でカーテンが降ろされているはずです。それにしてもこの区間の電車の混み方は予想以上で、熱海の乗り換えでトイレに行っている間に島田行の席が全て埋まってしまい、その上熱海で乗車した客のほとんどが静岡まで降りませんでした。

 

焼津千手大観音は焼津駅から少々距離があります。観光名所の焼津さかなセンターが近くにあるのでバスに乗る場合はこちらの停留所を利用します。

しかしバスは1時間に1本程度しかなく、これを逃してしまった私は結局タクシーを利用しました。今になって地図で調べると2.4㎞程度の距離ですから十分に歩ける距離です。

焼津千手大観音こと大覺寺全珠院の入り口です。実にモダンで綺麗なお寺です。

f:id:minamimachida0706:20170817224541j:plain

参道脇には広島の原爆死没者慰霊碑を模した祈りの碑が置かれていました。

f:id:minamimachida0706:20170817224618j:plain

全珠院方丈です。

f:id:minamimachida0706:20170817224701j:plain

千手大観音殿です。手前に回向柱が立てられています。

f:id:minamimachida0706:20170817224724j:plain

焼津千手大観音は850年に創建された大覺寺が起源ですが、998年に善修庵に引き継がれ1553年に全珠院に改められて現在に至っています。本尊の千手観音は平成15年に開眼したもので、高さ4.2m仏頭1.8mは京都三十三間堂の千手観音を750年ぶりに上回る日本一の大きさです。

撮影は問題ないという事なので1枚写しました。回向柱から延びたひもがしっかりと観音様の手に結び付いていました。

f:id:minamimachida0706:20170817224754j:plain

さていよいよ7冊目の御朱印帳を手に入れることにします。大型サイズで黄色とピンクの2種類ありましたが、御朱印袋の色に合わせてピンクにしました。

f:id:minamimachida0706:20170817224813j:plain

裏表紙とあわせるとこうなります。

f:id:minamimachida0706:20170817224828j:plain

法要が終わったばかりのバタバタした中で頂きました。

f:id:minamimachida0706:20170817224847j:plain

大変に力強いご朱印をいただきました。

 

◆青春18きっぷに最適な日光の寺院の記事

www.goshuinbukuro.com

◆青春18きっぷなら時間はかかるが車窓が素晴らしい善光寺の記事

www.goshuinbukuro.com

◆9月10日以降思い切り使うつもりの高速バスの記事 

www.goshuinbukuro.com

 最後までお読みいただきありがとうございます。