酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖激変〗フォアローゼスは飲み方を変えると全く違う味わいになる

今回はバーボンウィスキーのフォアローゼスをご紹介します。フォアローゼスと言えば4輪のバラですが、この名前が付けられるに際してはは大変にロマンティックな逸話があります。バーボンでは世界で2番目に飲まれているという大変に人気のある酒です。

スポンサードリンク

本場ドイツの味 ブッツ・デリカテッセン

ケンタッキー州を中心にトウモロコシで造られるバーボンウィスキー

バーボンウィスキーはアメリカのケンタッキー州を中心として製造されているトウモロコシを主原料としたウィスキーです。独立戦争終了後、アメリカ政府は財政を立て直すためにウィスキーに税金をかけるのですが、蒸留業者はこれを嫌って東部から西部へと移っていきます。その過程で原料もライ麦や大麦からケンタッキー州周辺の土地に適したトウモロコシに変わっていったのです。

バーボンの定義としては以下の通りで、アメリカ国内でこれを満たしていればケンタッキー州以外で製造されたものでもバーボンと呼ばれます。

1.原料にトウモロコシを51%以上使用(80%以下)
2.アルコール度数80度以下で蒸留
3.内側を焦がしたホワイトオークの新樽に62.5度以下で樽詰めする
4.水以外を加えずに、アルコール度数40度以上でボトリングする。

バーボンと言う名前はフランスのブルボン王朝からきたものですが、独立戦争時のアメリカへの協力に対する謝意、フランス人の開拓者が故郷を懐かしんだ等々様々な説があるようです。

ブランドとマークに残るロマンティックな伝説

初のバーボンウィスキーのフォアローゼス

フォアローゼスはジム・ビームに次いで世界でよく飲まれているバーボンです。1888年から製造が始まり、1920年から1933年まで続いた禁酒法の期間中も「薬用」バーボンという名目で合法的に製造を続けてきた希な事業者の一つです。

名前の由来としては大変にロマンティックな伝説が伝わっています。創業者のポール・ジョーンズが一目ぼれした女性にプロポーズしたところ、彼女は次の舞踏会まで返事を待つよう頼みました。そして「もしプロポーズを受ける場合はその時バラのコサージュをつけてまいります」と答えたのです。そして約束の日、彼女の胸には4輪の真紅のバラが飾られていました。二人を結び付けた4輪のバラはラベルのど真ん中に鮮やかに描かれています。

スポンサードリンク

ドイツ大使館にも採用された本場の味!お召し上がりいただければ、納得の美味しさ。

ストレート

これまでバーボンウィスキーに関してはロック以外の飲み方をしたことが無かったのですが、他のウィスキーに倣ってまずはストレートで飲んでみます。

フォアローゼスのストレート口に含むとタラモアデューに似たクリーミーさやグレンフィディックの爽やかさを一瞬だけ感じますが、それを上回るピリピリとした強烈な刺激が全てを覆い隠します。

バーボンはスコッチに比べ熟成年数が全体的に短いといいますが、その分だけ粗削りになっているようです。

ロック

フォアローゼスのロック氷を入れると劇的に味わいが変わりました。荒々しい刺激が抜けて果実を思わせる甘さと香りが感じられます。

水割り 

次いで水で割ってみます。合わせる水は南アルプスの天然水です。

フォアローゼスと南アルプスの天然水

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

フォアローゼスのトワイスアップ加水して刺激が和らいだぶんだけ甘さがよくわかるようになりました。ピリピリとした刺激が無くなり滑らかさやコクが出てきました。これは快感といってもいいかもしれません。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

フォアローゼスのハーフロック

氷を入れて冷やすとコクがなくなり、さっぱりし過ぎという味わいになりました。これは無しですね。

飲み方を変えると驚くほど味わいが変わった

バーボンというのは荒くれ者の男たちが飲むさけというイメージがあるように思いますが、これまで飲んで来たどの酒よりも飲み方の違いによる味わいの違いが大きかったように思います。これまでロックばかりでしたが、トワイスアップもかなりいけるというのは驚きでした。今後もいろいろと試してみたいと思います。

スポンサードリンク

ご自宅で美味しいものを召し上がりたい方、本当に良いものを贈りたい方におススメ。 ・ドイツで修行した職人(ゲゼレ)達が作り出すブッツの製品は、DLG金賞を多数受賞

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁じられています。健康のため飲み過ぎには注意しましょう。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆世界で最も売れているバーボンのジムビーム

www.goshuinbukuro.com

◆最もバーボンらしいバーボンといわれるアーリータイムズ

www.goshuinbukuro.com

◆「悪魔の取り分」を何も残さなかったジムビームデビルズカット

www.goshuinbukuro.com

◆アイリッシュウィスキーのお気に入り。タラモアデューの記事

www.goshuinbukuro.com