酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

アイリッシュウィスキーのタラモアデューは甘くクリーミーな味わいだった

今回はアイリッシュウィスキーのタラモアデューをご紹介します。

f:id:minamimachida0706:20170627172421j:plain

世界5大ウィスキーといえばスコッチ、バーボン、アイリッシュ、カナディアン、ジャパニーズです。しかし日本ではジャパニーズ、スコッチ、バーボンが主流でアイリッシュとカナディアンについてはかなりマイナーな存在になっているのではないかと思います。これまで相当な量のウィスキーを飲んできた私でも実はアイリッシュは今回が初めてで、カナディアンは1回飲んだものが不味くてそれっきりになっています。

 

ウィスキーの語源である「ウシュクベーハー」はアイルランド語で「いのちの水」を意味します。1172年にアイルランドに侵攻したヘンリー2世の記録に「島民たちが我が国の酒より美味い酒を飲み、それをウシュクベーハーと呼んでいる」という記述があるようで、ウィスキーの起源は実はアイルランドであるという説も有力なのだそうです。

アイリッシュウィスキーは発芽していない大麦、小麦、ライ麦を大麦麦芽で糖化・発酵させるのですが、これは麦芽の量に合わせて税金がかかるイングランドの麦芽税対策から始まりました。そして大麦麦芽の乾燥にピートを使っていないためスモーキーさが全くなく口当たりが良いことが特徴となっています。19世紀に入り早期に醸造・蒸留産業が確立したアイルランドではウィスキー産業が巨大化し、ピートを燃料として小規模で生産するような状況になく、イングランドから大量に運ばれてくる石炭を使用するようになったからだといいます。

 

アイルランド中央部のタラモアでマイケルモーリーにより1829年にウィスキーの製造が始まりました。1897年に工場を継承したダニエル・エドモンド・ウィリアム(Daniel・Edmond・Williams)によりタラモアデューの開発が始まりましたが、デュー(DEW)は「露」であるとともに自らの名前の頭文字からとりました。

 

いよいよアイリッシュデビューです。まずはストレートから。

f:id:minamimachida0706:20170627172455j:plain

確かにスモーキーさは全くありません。やや甘くクリーミーな味と香りで大変に口当たりのいいウィスキーです。 

 

次に水で割ります。あわせる水はトップバリュー天然水です。

f:id:minamimachida0706:20170627172527j:plain

まずはトワイスアップです。

f:id:minamimachida0706:20170627172605j:plain

水を足すことにより柔らかい味わいになりました。滑らかに喉をくぐるのを感じます。香りが爽やかになり、舌に沁み込むような甘さを感じました。スモーキーさが無い分口の中の香りが柔らかく感じます。

 

次に氷を入れたハーフロックです。

f:id:minamimachida0706:20170627172638j:plain

氷を入れるとそれまであったクリーミーさが飛んでしまったようですが、それなりにいけます。さっぱりとしたカクテルのような味わいでした。 

 

初めてのアイリッシュウィスキーでしたが大変に飲みやすかったと思います。もう少し飲んでみたいと思わせるウィスキーでした。

 

 ◆1,000円台のスコッチウィスキーで最もおすすめのティーチャーズの記事

minamimachida0706.hatenablog.com

◆1,000円台のジャパニーズウィスキーで最もおすすめのブラックニッカスペシャル

minamimachida0706.hatenablog.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

未成年の飲酒は法律で禁じられています。健康のため飲み過ぎには注意しましょう。