酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖熱田~伊勢〗月讀宮の御朱印と横一列に並ぶ社殿

今回は伊勢神宮内宮別宮の月讀宮の御朱印をご紹介します。伊勢神宮内宮において正宮について尊い存在とされ、月讀宮、月讀荒御魂宮、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮の4社から成り立っています。四つの社殿が横一列に並ぶ光景は壮観でした。

正宮に次いで尊い存在の別宮

伊勢神宮には内宮と外宮の二つの正宮の他に別宮、摂社、末社、所管社という宮社が属しており、全て合わせると全部で125社になります。その内で月讀宮が属する別宮は正宮に次いで尊い存在とされ、正宮と同様に20年ごとに式年遷宮を実施します。

内宮と外宮の外部にある別宮の月讀宮、倭姫宮、月夜見宮、瀧原宮、伊雑宮ではそれぞれ御朱印を頂けるのですが、瀧原宮と伊雑宮は遠方にあるので今回は諦めました。

月讀宮の由緒

月讀宮の創始は不明ですが奈良時代には月讀社と称され、平安時代には別宮に昇格していたと考えられています。804年の記録では既に4社をまとめて月讀宮とされていました。
もともとは別の場所にありましたが、853年の大洪水で流され855年に遷座されて現在に至っています。

月讀宮の御朱印

御朱印所

御朱印は社殿手前の宿衛屋で頂けます。

受付時間

10月・11月・12月5:30頃~17:00

1月・2月・3月・4月・9月5:30頃~18:00

5月・6月・7月・8月5:30頃~19:00

初穂料300円

御朱印

御朱印内宮・外宮と同様の印と日付のみのシンプルの極みの御朱印を頂きました。

月讀宮へのアクセス

月讀宮らしい森猿田彦神社を出て近鉄五十鈴川駅方面に向かって歩いていると道路に沿ってそれらしい森が出現しました。

一の鳥居

一の鳥居

参道

森の中を進む参道

森の中を進む参道写真には写っていませんがこのあたりで左手に社殿が見えてきます

四つの社殿が横一列に並ぶ月讀宮

四社の配置を示す看板こちらの境内に鎮座しているのは月讀宮、月讀荒御魂宮、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮の4社です。

四社が横一列に並ぶ光景

4つ並ぶとなかなか壮観な眺めです。

配置図式年遷宮における建替え先の敷地である古殿地が無いと思いましたが、図の通り社殿の奥にあるようです。

月讀宮(右から二番目)

月讀宮の社殿月讀宮は天照大御神の弟である月讀尊を祀っています。太陽を象徴する天照大御神と対になっている月を象徴していて、同じ兄弟である乱暴者のスサノオと比べるとまことに静かな存在であったと言う事ができます。外宮の別宮である月夜見宮の御祭神である月夜見尊とは同一神とされています。

最高神の弟神を祭神としていることから、天照大御神の荒々しい魂の働きである「荒御魂」を御祭神とする内宮の荒祭宮に次ぐ序列とされています。

 月讀荒御魂宮(一番右手)

月讀荒御魂宮の社殿月讀宮の荒々しい魂の働きである「荒御魂」を御祭神としています。

伊佐奈岐宮(右から三番目)

伊佐奈岐宮の社殿天照大御神と月讀尊の父である伊弉諾尊(イザナギ)を祀っています。

伊佐奈弥宮(一番左)

伊佐奈弥宮の社殿天照大御神と月讀尊の母である伊弉冉尊(イザナミ)を祀っています。イザナギの妹であり妻であるというのがややこしいのですが、いろいろあって最終的には夫と離縁しました。神話における神々は実に人間臭い所があるものだと思います。

正式なお参りの順番があった

 

下図の順にお参りするのが正式な流れのようですが、掲示板の内容が完全に頭から飛んでしまった私は右奥から順にお参りしてしまいました。

お参りの順番

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

 

◆「熱田・伊勢の旅①」熱田神宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅②」伊勢神宮外宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅③」伊勢神宮内宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅④」猿田彦神社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅⑥」倭姫宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅⑦」月夜見宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅⑧」二見興玉神社の記事

www.goshuinbukuro.com