酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖熱田~伊勢〗月夜見宮の御朱印と真ん中を通ってはいけない神路道

今回は伊勢神宮別宮の月夜見宮の御朱印とみどころをご紹介します。月夜見宮は外宮の別宮で、月夜見尊と月夜見尊の荒々しい魂の働きである月夜見尊御荒魂を御祭神として祀っています。伊勢神宮外宮の北御門から月夜見宮の間は一直線の参道で結ばれています。

 

伊勢神宮外宮の別宮である月夜見宮

これまでまわってきた月讀宮と倭姫宮は伊勢神宮内宮の別宮ですが、次の月夜見宮は外宮の別宮で、月夜見尊と月夜見尊の荒々しい魂の働きである月夜見尊御荒魂を御祭神として祀っています。ちなみに月讀宮の御祭神である月讀尊と月夜見宮とは同一神であるとされています。

月夜見宮の創建については不明ですが外宮に属する宮社の内で多賀宮に次ぐ存在とされ、1210年に別宮に昇格しました。

もともとは月夜見尊と月夜見尊御荒魂は別々の社殿にお祀りしていましたが、1419年に火災に遭って以降2体の神様を同一の社殿にお祀りしています。

月夜見宮は外宮の北御門から約200mの場所に位置しています。

真ん中を通ってはいけない「神路通」

伊勢神宮外宮の北御門から月夜見宮の間は一直線の参道で結ばれていますが、こちらは「神路通」と呼ばれています。

月夜見宮の神路通この道は月夜見宮の神様が外宮の神様のもとに通うための道なのです。神様は夜、宮の石段の一つに杖をあてて白馬に変え、その馬にまたがって外宮に通われます。道路の中央は色が変わっていますが、今でも人々は神様を畏れ謹んで道の真ん中を避けて端を歩いており、沿道の家々はトイレの戸を道の方には開けず、不吉な行列もこの道を通らないようにしています。

月夜見宮の御朱印

御朱印所

月夜見宮の御朱印は宿衛屋で頂けます。

受付時間

10月・11月・12月5:30頃~17:00

1月・2月・3月・4月・9月5:30頃~18:00

5月・6月・7月・8月5:30頃~19:00

初穂料300円

御朱印

多弁な神職が書いた月夜見宮の御朱印

珍しく多弁な神職の方が書いて下さいました。御朱印帳をめくりながら「ずいぶんとまわってますね。ほぉー、熱田神宮も行かれたんですか?」と驚かれていました。

月夜見宮のみどころ

一の鳥居

月夜見宮の一の鳥居

御神木の楠

月夜見宮のご神木の楠

隠れたパワースポット

月夜見宮の隠れたパワースポット落雷で折れたという樹をつっかえ棒で支えています。

社殿

月夜見宮の社殿

古殿地

月夜見宮の古殿地

社殿のみどころ

屋根を支えているのが柱ではなく壁であることが一番よくわかる写真

屋根を支えているのが柱ではなく壁であることが一番よくわかる写真で、柱と梁の間に隙間があります。

屋根の重みで壁板同士が密着して気密性を高めていますが、長い時間の経過による圧縮や風化によって壁板が縮むと密着を保てなくなります。それが20年ごとに式年遷宮を行う事の理由の一つと言われています。

境内社

月夜見尊御魂をお祀りしている高河原神社月夜見尊御魂をお祀りしている高河原神社です。 

 

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆「熱田・伊勢の旅①」熱田神宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅②」伊勢神宮外宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅③」伊勢神宮内宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅④」猿田彦神社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅⑤」月讀宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅⑥」倭姫宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅⑧」二見興玉神社の記事

www.goshuinbukuro.com