酒とうどんと御朱印の日々

ワクチンを2回打ち終わりました。まだまだ油断禁物ですが、ホッとしています。

〖讃岐うどん〗お家騒動から復活した長田うどんの釜揚げは「正統派の極み」だった

長田うどんはかつて「西の長田」とまで呼ばれたほどの人気店です。「まんのうトライアングル」と呼ばれた超激戦区に位置しており、お家騒動が勃発したもののだしの改良で盛り返してきました。イリコが効いただしが太麺の良さを引き出しており、「正統派の極み」という味わいでした。

お家騒動から復活した「西の横綱」

長田うどんは谷川米穀店と同様に讃岐うどんの伝説的ガイドブック「恐るべきさぬきうどん」第1巻で紹介されており、そこでは「西の長田、東のわら屋」と書かれています。1954年の創業以来60年以上ほぼ釜揚げうどん一本で勝負してきた店で、地元の人々や旅行客に愛されてきました。

最大の特徴はだしで、讃岐山脈を流れる天然水を使用して昆布とイリコからとっています。しかし先代の当主が他界するとお家騒動が勃発したようで、一部の職人が店を出て「長田in香の香(ながたいんかのか)」をオープンさせてしまいます。最近では「長田」といえばこちらばかり取り上げられているように思いますが、本家の長田うどんも二代目当主がだしを改良して盛り返しているとも聞きました。

安く楽に旅をしたい方必見!管理人も愛用

超激戦区の「まんのうトライアングル」

長田うどんはこんぴらさんの名で有名な金刀比羅宮表参道より車で約15分、県道197号線と県道190号線が交差する吉野交差点に面した場所にあります。

交差点の対角には「元祖しょうゆうどん」で有名な小縣屋があり、吉野交差点は讃岐うどんの食べ歩きをする人が必ず立ち寄る超激戦区となっています。かつてはこの角にもう一つ有名店があり、「まんのうトライアングル」とまで呼ばれていました。

谷川米穀店から琴平に戻る際に立ち寄るにはうってつけの立地です。前回立ち寄った長田in香の香と比べてみたいと思い、立ち寄ってみることにしました。

ホテルとレンタカーが一度に予約できる!(別々も可)

「正統派の極み」だった

長田うどんの看板とソテツ

長田うどんのシンボルはやはりこの三角形の石に刻んだ看板とソテツでしょう。1995年から96年にかけて高松に住んでいた私は小縣屋を訪れたことがあり、交差点の反対側を見て「変わった店があるものだ」と感じたことを思い出しました。(小縣屋は今回は省きましたが美味しい店です。こちらはほぼ醤油うどん一本の店で、注文すると大根とおろし金が出され、自分でおろしてうどんが出てくるのを待つというスタイルに驚くと思います。)

長田うどんの入り口

本日3店目ですが、まだ午前中だったということもあり店内は空いています。

まずレジで先払いで注文すると番号札を渡され、テーブルで待っていると熱々のだしが入った徳利が出てきました。

熱々のだしが入った徳利

このハリガネ部分をつかんで徳利を傾け、猪口にだしを注ぎます。重いので決して持ち上げようとはしないでください。そうこうしている間にうどんが運ばれてきました。

釜揚げうどん小

釜揚げうどん(小)です。うどんは太麺でアルデンテを少しだけ過ぎたような状態で、表面はなめらかでモチモチしていながらしっかりとした弾力やコシがありました。だしはイリコが効いたオーソドックスな味わいで、太麺と絡んで「正統派の極み」という味となっています。だしはそのまま飲んでも十分に美味でした。

長田in香の香で気になった粉っぽさも全くなく、私はこちらの方が好みです。

谷川米穀店に続いてこの日3件目。この後「やまうち」に行ってみましたが定休日。須崎食料品店は売り切れでした。気を取り直して「ぶっかけうどん発祥の店」山下うどんに向かいます。

〖讃岐うどん〗山下うどんのぶっかけはコシが強くワシワシと噛みしめて食べた - 酒とうどんと御朱印の日々

〖讃岐うどん〗谷川米穀店では青唐辛子の佃煮がいい味を出していた - 酒とうどんと御朱印の日々

長田うどん

香川県仲多度郡まんのう町吉野1290-1

営業時間

10;00~14:00頃(平日)

10:00~16:00頃(土日祝)(麺が無くなり次第終了)

定休日 木曜 第三金曜

全国の主要駅&空港発のお得な割安プランを提供

★スマホでご覧の方はPCも見て頂きますと写真がよくわかります。

「参考になった」という方ははてブのところをポチっとして頂きますと幸いです。

◆香川にはサンライズ瀬戸の琴平延長運転を利用した

www.goshuinbukuro.com

◆前回の旅での食べ歩き

www.goshuinbukuro.com

◆今回の旅での印象深い店

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com