酒とうどんと御朱印の日々

うどんを食べて感動するという経験をしたい方は、サンライズ瀬戸に乗って香川に行きましょう

〖国宝〗深大寺の御朱印は3種類で対応方法はコロナ次第?

深大寺では3種類の御朱印を頂けますが、新型コロナウィルス感染状況など様々な要素によって直書きか書置きか対応が変わります。白鳳仏と呼ばれる銅造釈迦如来倚像は東日本最古の仏像とされ、比較的最近の2017年になって国宝に指定されました。

御朱印は3種類で対応方法はコロナ次第?

御朱印所

深大寺の御朱印所

深大寺の御朱印は旧庫裏の並びの建物で頂けます。

深大寺で頂ける御朱印のリスト

こちらでは無量寿(本堂)、白鳳仏(釈迦堂)、元三大師(大師堂)の三体の御朱印を頂くことが出来ます。

「諸情勢によって対応が変わる」という注意書き

新型コロナウィルスの感染状況、境内の混雑度、山内行事の都合等々に応じ、直書きか書置きかの対応が変わります。

「本日は御朱印帳に直書き」という貼り紙

この日は御朱印帳に直書きして頂けるようです。

志納金500円

御朱印

深大寺本堂の無量寿の御朱印

この日は本堂の無量寿の御朱印のみ頂きました。

過去に頂いた御朱印

国宝指定記念御朱印

白鳳仏の新国宝指定の印の押してある御朱印

平成29年5月24日付白鳳仏の御朱印には「新国宝指定」の印が押されています。

無量寿(本堂)

平成28年5月25日付の無量寿(本堂)の御朱印

平成28年5月25日付です。

白鳳仏(釈迦堂)

平成28年5月25日付の白鳳仏(釈迦堂)の御朱印

元三大師(大師堂)

平成28年5月25日付の元三大師(大師堂)の御朱印

深大寺の由緒

深大寺は奈良時代の733年に満功上人により開山された浅草寺に次ぐ歴史のある寺院で、その名は観音菩薩や多聞天の化身であるとされる水神「深沙大王」に由来しているとされています。

満功上人の誕生には深沙大王がかかわっていたという伝説があります。父福満はとある豪族の娘と恋に落ちますが、二人の交際に反対する相手の父によって娘は湖上の島に隔離されてしまいます。そこで福満が深沙大王に祈願したところ霊亀が現れて島に向かうことができたため、娘の両親も二人の仲を許さざるを得なくなり、そうして生まれたのが満功上人です。

父の願いに従って上人は出家し、深沙大王を祀ったのが深大寺です。このなんともロマンティックな話から深大寺は縁結びの寺として知られています。  

しかし1646年と1865年に発生した火災によって境内のほとんどが焼けてしまい、現在の本堂は大正時代に再建されたものです。

白鳳仏と呼ばれる銅造釈迦如来倚像は東日本最古の仏像とされ、2017年に国宝に指定されました。

アクセス

交通

調布駅・つつじヶ丘駅・吉祥寺駅・三鷹駅より深大寺行バスあり。

地図

映画村のようだった門前

寺院と土産物屋、そば屋がコンパクトにまとまっていて、何やら映画村のような門前

寺院と土産物屋、そば屋がコンパクトにまとまっていて、何やら映画村のような雰囲気でした。

鬼太郎とネズミ男の像

前回お参りした際は白鳳仏の国宝指定に対する祝賀ムード一色でしたが、現在はゲゲゲの鬼太郎が最大の売り目玉となっているようです。

深大寺の境内

山門

深大寺の山門

1695年に建てられたもので境内で最古の建築物です。深大寺は1865年の火災で建物の大半を失いましたが、この山門はその時の災禍を逃れることができました。現在は茅葺き屋根の吹き替え工事の最中のようです。

旧庫裏

旧庫裏の内部

幕末に再建された台所棟になります。都内では貴重な茅葺屋根の大建築です。

本堂

深大寺の本堂

江戸時代の本堂が幕末の火災で焼失してしまい、1919年に今の本堂が完成しました。寄棟造りの茅葺き屋根だった旧本堂に対し、再建された本堂は入母屋造りの棧瓦葺きに変わりました。

元三大師堂

元三大師堂

「がんさんだいしどう」と読み、慈恵大師(元三大師)像を安置しています。

斜めから見た元三大師堂

もともとは本堂の西南に東向きに建っていましたが幕末の火災で類焼してしまい、直後の1867年に本堂西の崖地を削って造成した敷地に本堂より先に再建されました。

開山堂

開山堂

開山の満功上人を祀っています。

不動の滝

不動の滝

不動の滝

寺の両端にあります。深大寺は湧水の多い国分寺崖線の崖面にへばりつくように位置しており、境内のあちこちで水が湧き出ています。この水を利用した不動の滝は「東京の名湧水57選」に選ばれています。

国宝の白鳳仏を祀る釈迦堂

釈迦堂

新国宝の白鳳仏は釈迦堂に祀られており、現在では撮影禁止となっています。

私が最初にお参りした2016年(平成28年)5月の時点ではまだ国宝ではなかったことから「撮影禁止」の表示はありませんでした。

平成28年5月25日の白鳳仏

当時はブログなど考えてもいなかった時期で、寺社をお参りしても写真など1枚も撮っていませんでしたが、釈迦堂内の白鳳仏だけはどことなく「ただものではない」雰囲気があり、珍しく撮影しておりました。

★スマホで御覧の方はPCでも見て頂きますと写真がよく見えます

◆京王線沿線の寺社

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com