御朱印とうどんを極めたい!!

思うところがあってブログタイトルをリニューアルしました。今後とも一層の御贔屓をお願い申し上げます。

〖新潟〗立ち食いそば屋「万代そば」の看板メニューは「バスセンターのカレー」

新潟の「万代そば」の看板メニューは「バスセンターのカレー」です。なんと25分並んで食べたそばとカレーは懐かしさを感じる味わいでした。

県内を代表する繁華街に位置するバスセンター

「万代シティバスセンター」は、万代シティバスセンタービルの1階にあり、新潟交通が開発を手掛けた「万代シティ」の中心的な施設として1973年(昭和48年)11月22日にオープンしました。

バスセンターの入り口

新潟駅から徒歩約10分で周りに「ラブラ万代」や「万代シティホテルビル」など大型商業施設があり、バスセンタービルとは2階の連絡通路でつながっています。どうやら新潟駅前よりもこのあたりの方が県を代表する繁華街であるようで、「バスセンターなど街はずれの土地が余った場所にあるもの」という私のイメージを根底から覆すものでした。

バスセンターのバス乗り場

バスターセンターは新潟市内を走る路線バスと高速バスの乗り場が一緒になっています。

佐渡汽船行きバス乗り場

「佐渡汽船行き」という便があるのがいかにも新潟です。

バスターミナル以外に待合室やコインロッカー等の施設が設けられている他、ラーメン屋や立ち食いそば屋、コンビニ等が置かれて乗客の利便性を高めています。

万代そばの外観

この、バスセンター内にある立ち食いそば屋が「バスセンターのカレー」として最近TV等で話題になっている「万代そば」です。

立ち食いそば屋の看板メニューが「バスセンターのカレー」

万代そばは1973年のバスセンターオープンと同時に開業した立ち食いそば屋で、ちょうど誕生して半世紀ということになります。「安い、早い、うまい」をモットーとする超人気店で、立ち食いそば屋といいながらも看板メニューはカレーであり、何と1日に1000食も出るといわれています。今でこそ看板メニューですが当初はメニューには無く、創業からしばらく経ってお客さんの声から誕生したそうです。

最近では「バスセンターのカレー」として「アメトーク」や「秘密のケンミンSHOW極」などのメディアで何度も取り上げられるようになり、今や多くの観光客が訪れるような場所となっています。

私の場合は彌彦神社のお参りを考えていたタイミングでたまたま万代そばのことを知り、お参りを済ませたらそのまま帰る予定であったのを変更し、新潟駅まで寄り道をすることにしました。

超人気の立ち食いそば店

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

待ち時間は何と25分だった

万代シティ周辺の賑わい

土曜日の昼過ぎという時間帯であったためか万代シティ周辺はとにかく賑わっていました。

バスセンタービル内部の様子

バスセンタービルの中に入るともうこのあたりでカレーのにおいが漂っています。

目の当たりにした光景

バスセンターで最初に目の当たりにした光景です。バスに乗ろうとしている人の列かと最初は思ったのですが、これがなんと立ち食いそば屋に並ぶ人の列でした。見ているとほとんどの人がカレーを注文しているようです。

万代そばの食券自販機

そばとうどんの他にカレーがメニューとなっており、全て持ち帰りも可能です。食券を購入し注文したら1分ほどで提供されるとあって開店は早く、待ち時間は結局25分でした。

県民が愛してやまないB級グルメは懐かしい味だった

ミニカレーとエビ天そば

私が注文したのはエビ天そばとミニカレーライスで、黄色いカレーと赤い福神漬けのコントラストが見事でした。そばと刻み海苔というのはありそうでいてこれまで見たとこのない組み合わせだと思います。

そばは出汁が美味く昔懐かしい味わいに仕上がっていました。出汁と海苔の相性が素晴らしく、これにより味が膨らんだように思います。麺ははっきり言ってぼそぼそでしたが、出汁が美味かったので全く気になりません。

天ぷらが揚げたてなのかどうかは全くわかりませんが、エビがプリプリしていていい感じの食感でした。

カレーはまず香りが素晴らしかったと思います。小麦粉でとろみをつけた典型的な「そば屋のカレー」です。小麦粉をしっかり炒めて作ったルーを豚骨スープで溶いているということで、そこに玉ねぎやにんじん、地産地消の豚肉が加わっていました。

基本的には甘みを感じましたが、食べ進むにつれてスパイシーさも感じられるようになります。口当たりがドロドロしており、おそらく新潟米を炊いたであろう御飯との相性も抜群でした。

新潟県民が愛してやまないB級グルメは懐かしさを感じさせる味でした。

新潟を訪れたら外せない

万代そばは「バスセンターのカレー」として今や新潟を代表する観光スポットとなっています。

様々なグッズの見本

そのため店内では様々なグッズまで販売されていました。

新潟駅の土産物屋に並ぶカレー

またこちらのカレーを再現したレトルト商品は新潟駅新幹線ホーム内の土産物屋でも目立つ場所に大量に陳列されていました。どうやら新潟駅を訪れた際には外せない場所のようです。

名物 万代そばについて

主なメニュー

普通カレーライス 530円

ミニカレーライス 420円

エビ天そば    530円

カレーうどん   510円

地図

店舗概要

新潟県新潟市中央区万代1-6-1バスセンタービル1F

営業時間 8:00~19:00

定休日 無休

関連記事

 www.goshuinbukuro.com

「評価に値する」と思われたらワンクリックお願いします。ブックマークして頂けるともっと嬉しいです。