酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖絶景〗戸隠神社五社の御朱印と周辺の見どころをまとめてみた

今回と戸隠神社と周辺部も含めた見どころをご紹介します。天の岩戸伝説に由来した神社で。閉じた岩戸を開くことに功績のあった神々が祀られています。険しい山中に設けられた神社であるためお参りは少々大変ですが、最上部の奥社までまわり切った時に感じるありがたみは大変なものがありました。

戸隠神社の由緒

現在の奥社の地で「学問」という僧が最初に修験を始めた849年が戸隠神社の創建とされています。

平安時代後期以降、神仏習合の寺院として全国にその名を知られ、最盛期は比叡山、高野山と並び称されるような存在だったといわれています。

戦国時代には上杉謙信と武田信玄の騒乱に巻き込まれますが、江戸時代になると徳川家康の保護を受けて繁栄し、山中は修験道場から門前町へと変貌していきます。

明治になってからの神仏分離令とそれに伴う廃仏毀釈の動きが激しくなり、戸隠神社では寺を切り離して神社として現在に至っています。

天の岩戸伝説に関係した神社

戸隠神社は日本神話に登場する天岩戸伝説と深く関係した神社です。高天原でのスサノオの蛮行を嘆き、アマテラスは天の岩戸にこもって入り口を大岩で閉ざしてしまいますが、太陽の神が隠れてしまったことで世界は闇となってしまいます。

八百万(やおよろず)の神々は困り果て、相談を重ねて策を練った結果、岩戸を開け放ってアマテラスを引き出すことに成功するのです。

この「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々を祀っているのが戸隠神社です。

戸隠神社の御朱印

五社の御朱印が揃うと記念品として栞が頂けるということですが、私がお参りした時期はあいにく欠品していました。

御朱印所

御朱印所は宝光社、中社、奥社にあり、火之御子社は宝光社もしくは中社、九頭竜社は奥社で扱っています。冬季は宝光社と奥社も無人となるため、五社分すべて中社で頂くことになります。

受付時間:9:00~17:00

初穂料:300円

御朱印

宝光社

宝光社の御朱印

火之御子社

火之御子社の御朱印

中社

中社の御朱印

九頭竜社

九頭竜社の御朱印

奥社

奥社の御朱印

戸隠神社へのアクセス

県道経由とループ橋経由

戸隠神社は奥社の大鳥居までは車で行くことが可能です。公共交通機関を利用する場合、長野駅前7番バス乗り場から戸隠・飯綱高原方面のバスで約1時間です。

バスの時刻表ループ橋経由の戸隠キャンプ場行きと、県道経由の戸隠中社行きのどちらを利用しても大丈夫です。

県道経由の時の車窓ちなみに県道経由の場合、バスはチベットかネパールを思わせる風景の中を走ります。

真光寺ループ橋ループ経由の場合は真光寺ループ橋を通ります。

バスに乗る前に所持金を確認しよう

宝光社の手前にある商工会館周辺にはATMがありましたが、そこを過ぎてからは一切見ませんでした。途中でお金が足りないということがないよう十分に注意してください。

戸隠神社各社のみどころ

宝光社

宝光社では「天の岩戸開きの神事」の天表春命を祀っています。中社の御祭神で岩戸を開ける策を立案した天八意思兼命の子で、学問や技芸、裁縫、安産や婦女子の神とされています。

宝光社の入り口当初は奥社の地に相殿として創建され、老若男女が四季を問わずお参りできるよう1058年に現在の地に遷座されました。

宝光社の大鳥居戸隠神社の五社の中で最も麓にあり、神社の玄関口的な存在となっています。

270段以上の石段宝光社の社殿までは270段以上の石段を上らなければなりません。

現在の社殿現在の社殿は1861年に建てられた戸隠神社で最も古い建物で、神仏習合時代の面影を残す寺院建築の様式を取り入れたものとされています。

火之御子社

火之御子社は1098年の創建で、アマテラスがこもった岩戸の前で舞い踊った天鈿女命を祀っています。舞楽芸能の神、縁結の神、火防の神として人々の崇敬を受けています。

二本杉樹齢約500年の「二本杉」は一つの根から2本の枝がわかれて、寄り添うようにあります。縁結びのパワースポットとして訪れる人が絶えないようです。

火之御子社の社殿神仏習合の影響が強く残る戸隠神社の中で、火之御子社だけは純然たる神社としての姿を保ち続けてきました。無人のため正面の引き戸に開けられた小窓から賽銭を入れるようになっています。

中社

中社の大鳥居中社の御祭神はアマテラスが天岩戸に隠れて世界が闇になってしまった際に、岩戸を開ける策を立案した天八意思兼命です。知恵の深い神様であることから、学業成就、試験合格、商売繁盛、開運、家内安全にご利益があるとされています。

伊勢神宮の堀川と火除橋を思わせる光景

伊勢神宮の堀川と火除橋を思わせる光景伊勢神宮の堀川と火除橋を思わせる光景です。

拝殿に続く石段拝殿まではこちらでも急な石段を上がらなければなりません。

中社の社殿拝殿の「龍の天上絵」は、平成15年に復元した狩野派の天才絵師といわれている河鍋暁斎(かわなべきょうさい)の作品です。

さざれ滝拝殿右手奥にあるさざれ滝周辺は何やら神々しい雰囲気が漂っていました。

奥社・九頭竜社

奥社の大鳥居

/>奥社と九頭龍社まではここから約2㎞あります。車でまわってきた人も駐車場に車をいれて歩かなければなりません。

見事な紅葉

見事な紅葉大鳥居から隋神門までの1㎞の紅葉は見事でした。

隋神門参道のちょうど中間点に神域に邪悪なものが入るのを防ぐ神を祀った隋神門があります。

杉並木隋神門を過ぎると周囲は一転して杉並木になります

CMで吉永小百合が中に入った杉の洞JR東日本「大人の休日倶楽部」のCMで吉永小百合が中に入った杉の洞です。

上りの石段参道が途中から上りの石段に変わりました。

飯縄社飯縄社では飯縄山の主である飯縄明神を祀っています。飯縄明神は天狗と伝えられていて、上杉謙信や武田信玄が信仰した戦勝の神様です。

さらに急になった石段石段はさらに急になり、宝光社から歩き続けてきた脚にこたえます。

小さな滝ようやく石段が終わろうとしている時、右手に小さな滝が現れました。

九頭竜社を前にした階段最後の踊り場からまずは九頭竜社へ向かいます。奥社は反対側にあります。

九頭竜社の社殿戸隠神社五社の中で九頭龍社だけは「天の岩戸開きの神事」とは無関係の九頭龍大神を祀っています。生命の源の水を司る神とされる九頭龍大神は、古来より雨乞いの神、虫歯の神、縁結びの神として信仰されています。

最後の階段奥社に向かって最後の階段を上がります。

奥社の社殿戸隠神社奥社は「天の岩戸開きの神事」において、外界の様子を探るためにアマテラスが少しだけ開けた岩戸を怪力で開け放し、アマテラスの腕を掴んで引き出した天手力維命を祀っています。

力の神、スポーツの神ということで、開運、心願成就、五穀豊穣、スポーツ必勝などにご利益があるといわれています。

戸隠連峰の山々戸隠連峰の山々が手が届きそうな場所に見えます。ここまで苦労してたどり着いただけにありがたみが全然違い、「奥社こそが戸隠神社である」というのはやはり事実であるようです。

神社周辺の見どころ

鏡池周辺

戸隠山のみどころとしては戸隠神社の他に小鳥ヶ池と鏡池があり、中社から奥社へ向かう車道からわき道に入ると見ることが出来ます。

小鳥ヶ池

小鳥ヶ池は中社から奥社へ向かう車道から少しだけ森の中に分け入った場所にあります。

小鳥ヶ池車で入れない場所にあるため訪れる人もほとんどなくひっそりとしていましたが、池の周辺は自然豊かであり、紅葉や戸隠連峰の美しさは素晴らしいものがありました。

鏡池

有名な鏡池は小鳥ヶ池から山道を1時間くらい歩いた場所にあります。

鏡池戸隠連峰の麓にある鏡池は、その名の通り気象条件に恵まれれば水面に鏡のように写された戸隠連峰を見ることができます。車道もつながっているためこちらはかなりの人出です。

戸隠そば

長野県はそば処として知られていますが、その中でも戸隠のそばは信州そばではなく戸隠そばと呼ばれ、岩手のわんこそば、島根の出雲そばとともに日本三大そばの一つとされています。しっかりとしたコシがあり、わさびや大根おろしといった薬味が麺の味を巧みに引き出した、まさに食べたかったそのものそばでした。

麺好きの私は長野を訪れるたびにそばを食べていますが、善光寺周辺ではフラストレーションがたまることが続いていました。それだけに戸隠で満足することができて安心しています。

「うずら家」のざるそば

「うずら家」のざるそば

「蕎麦の実」のざるそば

「蕎麦の実」のざるそば

ぼっち盛りとは

戸隠そばをざるで注文すると、一口ぐらいの量ごとに束ね、5~6束をひとつのざるに並べた独特の盛り方で出てきますが、この盛り方がぼっち盛りです。

水を殆ど切らずに出すというのも戸隠そばの特徴のようで、一見すると「伸びてんじゃねえか?」と思いますが、決してそんなことはありません。

戸隠神社は冬季もお参りできる

戸隠神社の記事では「冬季は閉鎖されていてお参りできない」と書いてあるものも多いようですが、決してそんなことはありません。中社以外は社務所が無人になるだけであって、お参りは可能です。当然それなりの備えは必要ですが、冬季の戸隠神社は夏季とは全然違った魅力があります。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆真冬にお参りした(極力同じ場所で写真を撮るようにしましたので比較して下さい)

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社宝光社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社火之御子社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社中社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社奥社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社九頭竜社の記事

www.goshuinbukuro.com