御朱印とうどんを極めたい!!

乃木坂46のライブ映像を見ながらウイスキーを飲む時間が至福です。

〖読み方〗露天神社のカラフルな御朱印と「願いが叶う」ご利益

「お初天神」として知られる露天神社(つゆのてんじんしゃ)では多種多様なカラフルな御朱印を頂けます。JR大阪駅のすぐ近くに位置しており、「願いが叶う」ご利益で有名です。

多種多様なカラフルな御朱印

御朱印所

露天神社の授与所

露天神社の御朱印は社殿の向かいにある授与所で頂けます。

露天神社の御朱印の見本

露天神社の御朱印の見本

こちらでは多種多様でカラフルな御朱印を頂けます。数えてみるとどうやら12種類あるようですが、直書きはそのうちの1種類だけです。

受付時間 10:00~17:00

初穂料 500円

※書き手の方が一人だけのようで、その方が不在だと帰るまで待つか書置きになります。

御朱印

露天神社の直書き御朱印

「曽根崎心中」の舞台になった神社らしい御朱印です。

天皇即位の儀式に関わる神社

周囲の高層ビル

露天神社はJR大阪駅から徒歩圏の、高層ビルに周囲を囲まれた谷底のような場所に位置する神社です。この地はかつて曾根崎洲と呼ばれた大阪湾の孤島で、そこに「住吉住地曾根神」と祀ったことを起源とする神社のようです。

かつて皇室の儀礼の中に八十島祭というものがあり、即位した天皇は翌年に難波津を訪れて祭祀を行っていました。露天神社はこの祭祀に関わる神社の一つとされており、儀式の形式が定まった8世紀初頭には既に存在していたと考えられています。

901年に大宰府へ左遷される途中の菅原道真がこの地で都を偲び、「露とちる 涙に袖は朽ちにけり 都のことを思い出づれば」と詠んだことが社名の由来とされていますが、入梅の時期に祭礼をすることで呼ばれた「梅雨天神」から転じたというもの、梅雨時期になると清水が湧き出る井戸が境内に存すること等々、諸説あるようです。

曽根崎心中と「お初天神」

1703年に堂島新地の天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が境内で心中を遂げます。これを近松門左衛門が「曽根崎心中」として戯曲化したことで神社は一躍有名になり、ヒロインの「お初」から「お初天神」と呼ばれるようになりました。

お初天神通り

お初天神ビル

境内に隣接して「お初天神通り」があり、そこには「お初天神ビル」や「お初天神参道ビル」等が軒を連ねています。

2013年には「プロポーズにふさわしいロマンティックなスポット」として「恋人たちの聖地」の一つに選定されています。

アクセス

交通

JR大阪駅下車徒歩約10分

阪急電車大阪梅田駅下車徒歩約11分

大阪市営地下鉄谷町線 東梅田駅下車徒歩約4分

地図

周辺の寺社

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

「願いが叶う」ご利益のある境内

「学問の神様」菅原道真を祀る天満宮ですが、それ以外に病気平癒・商売繁盛・恋愛成就等にご利益があり、ほぼ全ての願いが叶う最強パワースポットとされています。

社号標と大鳥居

社号標と大鳥居

「お初天神通り」の反対側にあります。あくまでも「露 天神社」であって「露天神社」ではなく、「つゆのてんじんしゃ」であって「ろてんじんじゃ」ではないのです。

石柱

拝殿の正面に立つ石柱

先の大戦の際に米軍の戦闘機から機銃掃射を受け、その跡が残されているそうです。

ブロンズ像

「お初・徳兵衛」のブロンズ像

「お初・徳兵衛」のブロンズ像は2004年に建立されました。

拝殿

正面から見た拝殿

斜めから見た拝殿

白っぽい建物が印象的でした。

本殿

露天人神社の本殿

境内社

開運稲荷神社

開運稲荷神社

1909年の「キタの大火」で近隣に祀られていた玉津大神、天信大神、融通大神、磯島大神が焼失し、翌年に露天神社境内に合祀したものです。「お初・徳兵衛」のブロンズ像のすぐ隣にありますが、曽根崎心中とは全く無関係のようです。

水天宮・金刀比羅宮

水天宮・金刀比羅宮

大阪中之島・久留米藩蔵屋敷内に祀られていた水天宮が明治維新の際の蔵屋敷返上により丸亀藩蔵屋敷内の金刀比羅宮に合祀され、こちらも返上となったため今度は高松藩蔵屋敷内の金刀比羅宮に遷座されました。

1909年の「キタの大火」で社殿が焼失したため、露天神社内の境内に遷座されました。

このブログのイチオシ記事

www.goshuinbukuro.com

「評価に値する」と思われたらワンクリックお願いします。読者登録とブックマークを頂けるともっと嬉しいです。