酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

おはらい町通りとおかげ横丁を混同していませんか?

伊勢神宮内宮のお参りを終え「ふくすけ」で伊勢うどんを初体験した後、おはらい町通りを散策しました。

おはらい町通りとは宇治橋から五十鈴川に沿って北に約700m続く参宮街道です。伊勢神宮の門前町としては「おかげ横丁」という名前と混同されることが多く、私も行ってみるまで区別がつかなかったのですが、おはらい町通りの中間点である赤福本店前から西方向に延びるのが「おかげ横丁」です。

f:id:minamimachida0706:20170612233025j:plain

この辺りは明治の初め頃まで御師(おんし)と呼ばれる世話人たちの館が建ち並び、全国から来た参詣客をお祓いや神楽でもてなしたことから「おはらい町」と呼ばれるようになりました。沿道には伊勢うどんを始めとする料理店、赤福に代表される地元の名産品を扱う土産物屋等が軒を連ね、年間で500万人もの人々が訪れる超人気スポットとなっています。

 

宇治橋前のおはらい町通り入り口付近です。

f:id:minamimachida0706:20170620234001j:plain

電線が地中化され、路面は石畳で統一されています。建物の高さが揃っているので街がすっきりとしています。

f:id:minamimachida0706:20170620234038j:plain

「カキフライ串」で有名な伊勢角屋麦酒です。

f:id:minamimachida0706:20170620234114j:plain

実際に食べてみました。右手にカメラ、左手に串、なおかつ紙包みの底にタルタルソースが溜まっているためこのような写真になりました。

f:id:minamimachida0706:20170620234145j:plain

おかげ横丁が近づいてきました。

f:id:minamimachida0706:20170620234217j:plain

有名な赤福本店です

f:id:minamimachida0706:20170620234249j:plain

江戸時代には年間200~400万人もの参詣客で賑わったおはらい町ですが、モータリゼーションが進行した1970年代後半になると参詣客はバスや車で宇治橋前まで乗りつけ、お参りを終えるとそのまま次の訪問先へ行ってしまうという状況になってしまいます。伊勢神宮の参詣者は500万人を超えていたにもかかわらず、おはらい町を訪れたのはその内で僅か20万人という状況にまでなり「日本一滞在時間の短い観光地」とまで呼ばれました。

そこで立ち上がったのが赤福社長の濱田益嗣です。「洋風化したものが氾濫する時代だからこそ、日本的なこころのふるさとが求められている。」と考えた濱田は有志を募って昭和54年に「内宮門前町再開発委員会」を結成し、伊勢の伝統的な町並みの再生を始めました。

この動きに三重県や伊勢市も協力し、街並みを伝統様式を取り入れるよう整備する行為には融資が受けられるようにするなどした結果、わずか10年で江戸時代の街並みをよみがえらせることができました。

更に濱田は赤福本店の西側エリアに伊勢特有の街並みを自力で忠実に再現し、これを「おかげ横丁」と名付けます。これによりおはらい町はかつての賑わいを完全に取り戻すことが出来たのです。

 

おかげ横丁の入り口です。

f:id:minamimachida0706:20170620234348j:plain

かつての街並みを忠実に再現しています。

f:id:minamimachida0706:20170620234426j:plain

伊勢うどんの「ふくすけ」もこの一角にあります。

f:id:minamimachida0706:20170620234501j:plain

伊勢うどんを食べ終わり、食後のデザートということで赤福本店に向かいました。

f:id:minamimachida0706:20170620234548j:plain

こちらでは五十鈴川に面したこのような眺めの中でお茶とお菓子を楽しむことができます。

f:id:minamimachida0706:20170620234702j:plain

f:id:minamimachida0706:20170620234746j:plain

 

伊勢に来たらこれを食べずに帰る訳にはいきません。

f:id:minamimachida0706:20170620234821j:plain

関西以外では絶対に手に入らないと思われがちな赤福ですが、実は東京でも買える場所があります。伊勢神宮の遥拝殿である東京大神宮で11月から4月までの土・日・祝日に限り朝9時から1日限定700個に限り購入可能です。

 

ここでは銀行も街並みに合わせています。

f:id:minamimachida0706:20170620234858j:plain

郵便局もこんな感じです。

f:id:minamimachida0706:20170620234928j:plain

ポストは郵便事業の創業時に使用されていたものを再現したものだそうです。

f:id:minamimachida0706:20170620235005j:plain

僅か10年で江戸時代の街並みを再現できた裏側には伊勢市の景観形成基準があったといえます。

そこには「建築物の形態意匠の制限」としていろいろとやかましいことが書いてありますが、その中に「ただし、道路等の公共空間から通常望見できない部分はこの限りでない。」という一文が書き込まれています。つまり道路から見える場所だけを江戸風にしてしまえばそれでいいのです。

そのためよく見るとこんな光景を目にすることもできます。

f:id:minamimachida0706:20170620235039j:plain

f:id:minamimachida0706:20170620235129j:plain

 

江戸時代風の建物に根本的に改修するのは大変ですが、これなら比較的容易にできます。

 

ちなみに御木本道路と御幸道路が交差する「宇治浦田」の交差点で見た標識です。

f:id:minamimachida0706:20170620235207j:plain

景観というものは一度壊してしまうと取り返しがつきません。「近代化」という言葉に流されることなく「日本的なこころのふるさと」を追求した結果かつての賑わいを取り戻したおはらい町は街づくりの貴重な成功事例だといえます。

今後もこの景観を守り続けて頂きたいと思いました。

※観光カリスマと呼ばれた濱田益嗣ですが、一方で「外人は来てほしくない。いたらおかしいでしょ。」と発言して騒動になったそうで、確かにこれはいただけません。

 

◆一生に一度は行ってみたい「お伊勢参り」の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com

◆伊勢うどん「ふくすけ」にたまげた記事

minamimachida0706.hatenablog.com

◆この後お参りした猿田彦神社の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

最後までお読みいただきありがとうございます。