酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

【御朱印】覚園寺本堂の拝観案内は絶対に参加した方がいい

来迎寺のお参りを終えてから覚園寺に向かいました。

金沢街道の「岐れ路」交差点から斜めに伸びる「お宮通り」は最終的に鎌倉宮に突き当たりますが、ここを右に進むと瑞泉寺、左に進むと覚園寺にたどり着きます。鎌倉の特色である尾根と尾根の間の谷間に延びる道を10数分進んでたどり着きました。

f:id:minamimachida0706:20170626165516j:plain

覚園寺の本堂である薬師堂は決まった時間に寺側の案内で拝観することとなっています。10時開始の案内に間に合うべく家を出たのですが京浜東北線のダイヤ乱れに伴う横浜線の遅延に巻き込まれてしまったため、先に来迎寺をお参りして時間を調整し11時の案内に参加しました。

f:id:minamimachida0706:20170626165546j:plain

門をくぐってすぐ正面にあるのが愛染堂です。本尊の愛染明王坐像の他に鉄造不動明王坐像、木造阿閦如来坐像を安置しています。

f:id:minamimachida0706:20170626165638j:plain

ここでは人間の欲望、煩悩を全て受け入れて生きる力を与えてくれます。

 

愛染堂の脇に小さな鐘が下がっていました。

f:id:minamimachida0706:20170626165655j:plain

ちょうど新緑の時期であったためお堂周辺の緑が見事でした。

f:id:minamimachida0706:20170626165714j:plain

これだけでは単なる古都の小さな寺院ということで終わってしまいますが、覚園寺の神髄はこの拝観受付所の奥にあります。ここから先は住職が約50分かけて案内してくださいますが、全て撮影禁止となっています。写真がないので記憶の中の映像を言葉で説明しなければなりません。

f:id:minamimachida0706:20170626165732j:plain

覚園寺は薬師ヶ谷と呼ばれる谷間の地形に縦長に広がっていて、北鎌倉の建長寺と隣り合うほどの広さとなっています。拝観受付所からまっすぐ進むと正面に本堂である薬師堂が見えてきます。

現在の建物は1354年に足利尊氏によって再建された茅葺の仏堂で、一面の緑の中に茶色の堂々たる姿を見た時は思わず声が漏れてしまったほどでした。

雰囲気としては杉本寺の本堂をもう少し縦に延ばしてより武骨にしたような建物とでも言えばいいでしょうか。参考までに杉本寺の本堂の写真を載せます。

f:id:minamimachida0706:20170626165749j:plain

鎌倉幕府第2代執権の北条義時が1218年に運慶に薬師如来像と十二神将を彫らせ、薬師堂を建ててこれを納めたことが覚園寺の始まりです。

その後1296年に三度目の元寇がないよう祈念して薬師堂を正式な寺に改めました。

 

1337年の火災で薬師堂は焼失しますが1354年に足利尊氏が再建して現在に至っています。薬師堂の天井には足利尊氏の名前と1354年を意味する「文和三年」という年号を記した板が残されていました。

 

薬師堂からさらに奥に進むと江戸時代の名主の住宅を移築した旧内海家住宅があります。

茅葺屋根を室内からじっくりと見上げたのはこれが初めてでしたが、常にいろりに火を起こして上昇気流を発生させなければならないというのがよくわかりました。建材には全てすすが染みついていて、そのため天井で茅をささえる竹は独特の風情が出て高く売れるそうです。(それ以外は柱も梁も二束三文らしい)

別の場所で撮ってきた茅葺屋根の裏側です。

f:id:minamimachida0706:20170626165807j:plain

すすが当たる場所とそうでない場所で竹がまだら模様となり、それがいいそうです。 

その他岩盤に掘った大きな矢倉の内部に十三仏信仰に基づく石仏を祀った十三仏やぐら、黒地蔵に願いを託してその分身を借り受け、願いが叶うと自分でもう一体作って合計二体返すという千躰地蔵尊など様々なものがあります。

 

新緑の時期に晴れ渡った天気であったため一面まぶしいほどの緑でした。案内していただいた住職は「今が一番いい時期ですよ」と言われていましたが、恐らくこれを毎日言っているのではないかと思います。これからの時期はアジサイがどこにも負けない程綺麗なのだそうですが、「アジサイの時期は皆さんあの寺とあの寺とあの寺に行ってしまうので逆にすいている」そうです。

 

鎌倉の奥座敷にある実に見事な空間でした。決して華やかではありませんが、自然と調和した簡素で力強い美しさがあります。薬師堂の拝観案内は誰もが一回は行ってみた方がいいと自信をもってお勧めできる場所です。

何回通ってもその度毎に新しい発見があるのですから鎌倉という街は実に奥が深いと思いました。

御朱印は拝観受付所で頂けます。

f:id:minamimachida0706:20170524233608j:plain

これまで頂いてきた数多くの御朱印の中でも屈指の芸術的御朱印を頂きました。

 

◆鎌倉最大の穴場スポットである長寿寺の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「鎌倉で最も美しい仏像」がある来迎寺の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

◆見どころが多すぎてまとめるのに苦労した英勝寺の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 最後までお読みいただきありがとうございます。