酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖乃木坂〗衛藤美彩が通った「まる彦」の味噌ラーメンと日本酒の組み合わせは秀逸

今回は味噌ラーメンが評判の乃木坂らーめん東京食品「まる彦」をご紹介します。ここはソニーミュージックエンタテインメントのビルに近いことからアイドルグループ乃木坂46の衛藤美彩が事務所の帰りにいつも通い、テレビ番組でもお勧めとして紹介した店です。それ以来店側もこれに便乗してPRし、その結果聖地としてファンが集結するような場所になっています。東京でグループのイベントが開催される際、こちらでラーメンを食べてから参加するというのがディープなファンの流儀で、当日はかなりの行列ができるようです。

乃木坂46の衛藤美彩が通った店で、今やファンの聖地となっている

乃木坂46は平成23年8月に結成されて翌年2月にデビューしましたが、所属事務所が面していた坂がグループ名の由来となっています。

当時全盛期で「向かうところ敵なし」だったAKB48の「公式ライバル」という普通じゃない売り出し方であったため、当初は「けったいな」とか「ばったもん」といったような形容詞しか感じられませんでした。しかし独自の方向性を確立させてからは右肩上がりの上昇を続け、今や人気絶頂といってもよい状況となっています。

衛藤美彩は選抜常連の人気メンバーで、正統派女性アイドルとしては大変に珍しく酒好きを公言しています。番組企画でワインや焼酎をカメラの前で飲んで酔っ払ったこともありますが、それでもアイドルとしての気品を保っているのですから相当なものです。

自分と同じ名前の日本酒があるということで「美彩淡露(びさいたんろ)」をブログで紹介したところ、通常の50倍売れてしまったという逸話の持ち主です。

「みさみさセット」は味噌ラーメンと日本酒の組み合わせ

まる彦の外観今回は行列といったものはありませんでしたが、それでも店内は混み合っていました。愛想の良いおばちゃんが忙しく店内を動き回っており、とても人気アイドルに便乗した店には見えませんでしたが、通常メニューに加えてしっかりと特別メニューが用意されています。ネットで見るとかつては「六本木らーめん」と名乗っていたようですが、「乃木坂らーめん」としれっと改名しています

特別メニュー常連客の衛藤美彩にちなんだ「みさみさセット」は味噌ラーメンと彼女にちなんだ美彩淡露という、恐らく他のラーメン屋ではありえないような組み合わせとなっていました。

平日の昼間からどうかと思いましたが、100㍉なら影響なかろうということで「みさみさセット」を注文することにします。声に出すのはさすがに恥ずかしく、おばちゃんにメニューを指さして「これお願い」と言ったところ、厨房の中へ向かってでかい声で「みさみさ一つ」と言われました。

【美食市】阿部助次作“お米日本一コンテスト”で日本一のお米

正統派味噌ラーメンと口当たりの良い日本酒の組み合わせは秀逸

みさみさセット油の膜が表面を覆った熱々のスープは少し甘めの味噌の味が濃厚でコシのある中太麺とよく合っていました。もやしもシャキシャキしていて、しっかりと炒めているのだろうと思います。押さえるべきところを全て押さえた、実に正統派の味噌ラーメンです。海苔がグループのマークの形に切っていることには感心しました。

美彩淡露は甘く口当たりの良い酒でスイスイ飲めました。しかしラーメンを食べながら日本酒を飲んだのは初めての経験です。

一般客でも違和感なく過ごせるよう節度を保っていた

気が付くとさりげない音量で乃木坂46の曲が店内に流されています。メンバーの写真やサインも貼られていますが、あくまで店内の一角に限られ、一般客でも特に違和感なく過ごすことが出来るようになっていました。人気者にあやかった店というものは店内がそれ一色となってしまい、部外者からは逆に引かれるということになりがちですが、そうならないようギリギリのところで節度を保っているのはさすがです。

乃木坂にあやかった当ブログも大ヒットしてほしい

それにしても衛藤が紹介すればラーメン屋は繁盛し日本酒は50倍売れています。メンバーの松村沙友里が番組内で紹介した「凍天」や「サーモン塩辛」も、注文が殺到してたちまち在庫切れとなったそうです。写真集やタイアップ企画の文庫本までバカ売れするなど、乃木坂が関われば何でも売れるという時代となったようです。

乃木坂に触れることにより、当ブログのPV数も爆発的に上昇することをひたすら願います。

乃木坂ラーメン東京食品「まる彦」

営業時間 月~木・土 11:00~翌4:00

     金・祝日前日11:00~翌5:00

     日・祝   11:00~22:00

定休日:無休

 

※炊きたてはもちろん冷めても美味しい!食感はもちろん香りが違う!土壌・肥料・水までこだわり注文後に精米。コンテストで日本一、阿部助次さんの究極コシヒカリ!

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。 

◆握手会で衛藤の列に並んでみた

www.goshuinbukuro.com

◆期間限定メニューの「ハルジオ」目当てに再訪した

www.goshuinbukuro.com

◆濃厚なカレースープとご飯が絶妙な取り合わせだった「マナツ」

www.goshuinbukuro.com

◆聖地の中の聖地である乃木神社

www.goshuinbukuro.com