酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖西新宿〗東京麺通団の釜玉は絶妙なハーモニーだった

今回は新宿の東京麺通団をご紹介します。私は平成7年8月から平成9年2月まで期限付きの出向で四国に行っておりましたが、その内で最初の半年間は高松に住んでいました。

うどん好きになって出向解除を迎えた私は今度は東京のうどん屋のレベルの低さに愕然とすることになりますが、その私を救ってくれたのが東京麺通団でした。こちらの釜玉をすすると、うどんと玉子と醤油が口の中で絶妙のハーモニーを奏でるのを感じます。

麺通団とは何か?

麺通団とはもともと香川のタウン情報誌の編集者で作られ、地元の穴場のうどん屋を紹介し続けてきたグループです。掲載していたコラムを単行本にした「恐るべき讃岐うどん」がテレビで紹介されたことによって讃岐うどんブームの火付け役となり、遂にはこれを題材とした映画「UDON」が公開されるまでになりました。

団長の田尾和俊氏と評論家の勝谷誠彦氏が共同でプロデュースして開店したのが東京麺通団で、ここでは高松の名店である「宮武」の指導を受けたスタッフの打ったうどんが食べられます。

東京麺通団が創業したのが平成15年で、その前年にはなまるうどんが東京進出したこともあり、ようやく東京でもまともなうどんが食べられるようになりました。

釜玉うどんとは?

讃岐うどんにおいては「かけ」「ざる」「釜揚げ」「釜玉」が四大食べ方とされていますが、東京麺通団は私が初めて釜玉うどんを食べた店です。

通常茹でたうどんは一旦冷水で締めます。それによりあのエッジの効いたシコシコとした麺ができますが、釜揚げはうどんを締めずに釜から直接すくってどんぶりに入れます。冷水で締めていないためモチモチとした食感が楽しむことが出来、通常はこれをつけ汁で食べます。

一方茹で上げた麺に生卵をからめ、生醤油をかけたものが釜玉うどんです。

釜玉うどんは香川の名店「山越」で生まれたというのは有名な話ですが、誕生した時期についてははっきりとはしていません。いずれにせよ私が高松に住んでいた平成7年~平成8年頃はまだまだ一般的な食べ方ではなかったはずです。中心部の店で食べまくっていた私は一度も出会うことがありませんでした。

スポンサードリンク

牛肉の仲卸が黒毛和牛の乳脂と豪州牛肉を手でほぐした極上のコンビーフ

東京麺通団の釜玉は絶妙なハーモニーだった

東京麺通団久し振りに訪れた店は昔と同じ場所に同じ姿でありました。

さっそく釜玉を注文します。茹でている麺を釜から直接すくうためタイミングが悪いとしばらく待たされますが、ちょうど茹であがった時だったのですぐに食べられました。

釜玉うどん久しぶりの麺通団の釜玉です。

良く書き回した釜玉うどんとにかくよくかき混ぜてすすり込みます。

うどんと玉子、玉子と醤油、うどんと醤油、それぞれは最高の相性の良さです。それが三つ重なったことで口の中で絶妙なハーモニーを奏でます。うどんはモチモチしていて、その中にしっかりと腰がありました。そこに玉子と醤油が加わることで、1+1+1が5にも6にもなったように感じます。

香川県の地図店の壁には香川県の地図が貼られ、うどんの名店の位置が示されています。所々「閉店しました」というシールが貼られているのが寂しいところです。

また屋島の「わら屋」に行ってみたくなりました。

讃岐うどん大使 東京麺通団

営業時間 平日 8:00~23:30

     土日祝10:00~23:30

スポンサードリンク 

※熱々のごはんに、極上コンビーフと卵をのせるだけ!味付けは一切必要なし。コンビーフの美味しさで食べられます 詳しくはコチラ☟

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆東京の讃岐うどんの名店の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com