酒とうどんと御朱印の日々

過ごしやすくなりました。GoToキャンペーンで旅をしたいのですが仕組がわかりません

〖釜玉〗東京麺通団は間違いなく新宿で一番美味いうどん屋である

今回は新宿の東京麺通団をご紹介します。私が初めて釜玉うどんを食べた店であり、間違いなく新宿で一番美味いうどん屋だと思います。

麺通団とは何か?

麺通団とはもともと香川のタウン情報誌の編集者で作られ、地元の穴場のうどん屋を紹介し続けてきたグループです。掲載していたコラムを単行本にした「恐るべき讃岐うどん」がテレビで紹介されたことによって讃岐うどんブームの火付け役となり、遂にはこれを題材とした映画「UDON」が公開されるまでになりました。

団長の田尾和俊氏と評論家の勝谷誠彦氏が共同でプロデュースして開店したのが東京麺通団で、ここでは高松の名店である「宮武」の指導を受けたスタッフの打ったうどんが食べられます。

東京麺通団が創業したのが平成15年で、私が初めて釜玉を食べたのがこの店です。

釜玉うどんとは?

讃岐うどんにおいては「かけ」「ざる」「釜揚げ」「釜玉」が四大食べ方とされていますが、東京麺通団は私が初めて釜玉うどんを食べた店です。

通常茹でたうどんは一旦冷水で締めます。それによりあのエッジの効いたシコシコとした麺ができますが、釜揚げはうどんを締めずに釜から直接すくってどんぶりに入れます。冷水で締めていないためモチモチとした食感が楽しむことが出来、通常はこれをつけ汁で食べます。

一方茹で上げた麺に生卵をからめ、生醤油をかけたものが釜玉うどんです。

釜玉うどんは香川の名店「山越」で生まれたというのは有名な話ですが、誕生した時期についてははっきりとはしていません。

お中元、お歳暮、自分へのご褒美につるわの「THE讃岐うどんセット」 かけ、ぶっかけ、釜玉、色んな讃岐うどんを自宅で楽しんでいただきます。

新宿で一番美味いうどん屋だと思う

東京麺通団久し振りに訪れた店は昔と同じ場所に同じ姿でありました。

さっそく釜玉を注文します。茹でている麺を釜から直接すくうためタイミングが悪いとしばらく待たされますが、ちょうど茹であがった時だったのですぐに食べられました。

釜玉うどん久しぶりの麺通団の釜玉です。

良く書き回した釜玉うどんとにかくよくかき混ぜてすすり込みます。

うどんと玉子、玉子と醤油、うどんと醤油、それぞれは最高の相性の良さです。それが三つ重なったことで口の中で絶妙なハーモニーを奏でます。うどんはモチモチしていて、その中にしっかりと腰がありました。そこに玉子と醤油が加わることで、1+1+1が5にも6にもなったように感じます。

東京麺通団は間違いなく新宿で一番美味いうどん屋だと思います。

香川県の地図店の壁には香川県の地図が貼られ、うどんの名店の位置が示されています。所々「閉店しました」というシールが貼られているのが寂しいところです。

讃岐うどん大使 東京麺通団

営業時間 平日 8:00~23:30

     土日祝10:00~23:30

熟練の職人が丁寧に生地を練り上げ、一晩寝かせて熟成させました。創業から28年、うどん県香川で可愛がられ鍛えられた「手打ちうどん つるわ」の公式サイトはこちら

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆東京の讃岐うどんの名店の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com