酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

【御朱印】虎ノ門の金刀比羅宮は縁結びで大人気だった

今回は虎ノ門にある金刀比羅宮の御朱印をご紹介します。

金刀比羅宮(本宮)は香川県の琴平に鎮座する神社で琴平山の中腹に位置し、お参りするには785段の階段を上がらなければなりません。上がりきった本宮からは讃岐平野と瀬戸内の絶景が楽しめます。地元ではこんぴらさんとして親しまれています。

出雲大社と同様に金刀比羅宮もまた全国に分社がありますが、虎ノ門の金刀比羅宮もまたその一つとなります。

もともとは丸亀藩主の邸宅、現在では超高層ビルの敷地

1660年に丸亀藩主の京極高和が邸宅を愛宕下に建造した際、領内にあった金刀比羅宮の御分霊を邸内に勧請したことが始まりでした。こんぴら参りをしたくてもできない江戸の人々の熱烈な要望に応え、毎月10日に限り邸内を開放し参拝を許可しました

当時は「金毘羅大権現」と称していましたが、明治22年に社号を金刀比羅宮に変更しています。

f:id:minamimachida0706:20171111172209j:plain

金刀比羅宮の敷地内には1965年に「虎門琴平会館ビル」が建設されていましたが、三井不動産との共同開発により建替えられ、現在では高さ115mで地上26階建ての虎ノ門琴平タワーとなっています。

超高層ビルと一体化した境内

f:id:minamimachida0706:20171111172307j:plain

正面鳥居と社号碑は超高層ビルのピロティ部分に位置しています。

f:id:minamimachida0706:20171111172437j:plain

社殿へと続く参道もオフィス街特有の光景となっていました。

f:id:minamimachida0706:20171111172532j:plain

神楽殿では毎月10日に里神楽が奉納されます。

f:id:minamimachida0706:20171111172632j:plain

銅鳥居は1821年に奉納されたものです。

f:id:minamimachida0706:20171111172705j:plain

社殿は先の戦災により焼失してしまいましたが、昭和26年に拝殿と幣殿が再建されました。 ともに総尾州檜造り、銅板葺きの権現造りです。

f:id:minamimachida0706:20171111172738j:plain

幣殿の奥に位置する本殿は昭和五58年に再建されました。

縁結びのパワースポットとして大人気の結神社

讃岐の金刀比羅宮は古くから航海安全の神様として人々の信仰を集めていましたが、虎ノ門の金刀比羅宮は縁結びの神様として知られています。

f:id:minamimachida0706:20171111172820j:plain

本殿向かって右側の結神社は江戸時代以降、良縁を求める多くの女性により厚い信仰を集めていました。良縁祈願に訪れた女性たちは、この結神社の前で自らの黒髪を一部切り取り、或いは折り紙を持参し、社殿の格子や周りの木々にそれらを結わい付け良縁を願い、成就させたといいます。同時に「縁を結ぶ」と「物を結ぶ」を掛けたもので、現在でも週末には良縁祈願に訪れる女性が列をなすそうです。

f:id:minamimachida0706:20171111172849j:plain

結神社の隣には喜代住稲荷神社があります。

周辺に香川を偲ぶことが出来るような施設がほしい

東京の金刀比羅宮は虎ノ門の他に水道橋にあります。虎ノ門ほど立派な建物ではありませんが、すぐ隣に讃岐うどんの「水道橋麺通団」があり香川県をしのぶことができます。ところが虎ノ門にはそういったものが全くありません。香川県のアンテナショップは新橋にありますが、せっかくですから虎ノ門・金刀比羅宮の近隣にも何かそういった施設を持って来ればいいのにと個人的に思っております。

f:id:minamimachida0706:20171111173031j:plain

御朱印は金刀比羅タワー1階の社務所でいただけます。パソコンが何台も置かれており、近代的オフィスのようでした。

f:id:minamimachida0706:20171111173059j:plain

大変丁寧に書いた御朱印をいただきました。

 

◆虎ノ門周辺のおススメスポットの記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com