酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖スモジ〗ラーメン二郎相模大野店の「そのまま」と必殺技の天地返し

今回はラーメン二郎相模大野店をご紹介します。二郎系の中でも超個性派の店として知られており、いかつい店主が仕切る店内は様々な決まりごとがあって面倒な店に思われがちです。しかし慣れてしまえば健康的なラーメンを食べることができる快適な店でした。初回はぜひ「ラーメン少なめ」で「そのまま」とコールすることをお勧めします。

「二郎系ラーメン」とは

二郎系ラーメンは慶応大学の近くの港区三田に店舗を構える「ラーメン二郎三田本店」とその直系店で修業した人がのれん分けして出店したもので、全国に約40店展開しています。

最近では「大勝軒系」や「家系」といった師弟関係をベースとした系統が話題となっていますが、その中でも二郎系は「ジロリアン」と呼ばれる熱烈なファンを抱えていることで知られています。

これまで避けていた「二郎系」に挑戦してみた

あまりにも有名な二郎系ですが、私はこれまで一度も食べたことがありません。麺の上に野菜やニンニク、脂身等が山盛りになった見た目にインパクトのあるラーメンが二郎系の特色ですが、これでは麺にたどり着くまに大変なことになることは容易に想像できます。「自分はラーメンが食べたいのであって大盛野菜炒めが食べたいのではない」というのが正直な気持ちでした。

しかし調べてみると山盛りの野菜を克服するために「天地返し」という必殺技もあるようで、初めて二郎系に挑戦してみようという気持ちになりました。

「少しややこしい店」を自認するラーメン二郎相模大野店

ラーメン二郎相模大野店

単に自宅に一番近いからという理由で相模大野店を選んだのですが、どうやらジロリアンの間でも有名な癖の強い店だったようです。

「スモジ」と呼ばれている

数あるラーメン二郎の店舗の中で、相模大野店だけ「スモジ」という呼び名が付けられています。「相撲」と間違われることが多い「相模」の二郎であることに加え、店主が元力士であったことも関係しているようです。(見た目はかなりいかついオヤジである)

現在では店のHPにも「スモジ」と書かれ、アドレスもsumojiとなっています。

「当店は少しややこしいお店です」

注意書き

相模大野店のHPではトップページの冒頭部分にでかでかと「当店は少しややこしいお店です。よろしいですか?」と書かれ、また店の正面にも「うちで本当にいいんですか?」と書かれた注意書きが掲示されています。ラーメン二郎を紹介したネットの記事の中では「初めてのラーメン二郎でおすすめできない店」として相模大野店が唯一名指しされており、「何の前知識もなしでこのお店に行ったら、トラブルを起こす事必至だと思います」とまで書かれていました。

有名ラーメン店の味をそのままご自宅にお取り寄せ

相模大野店で事前に知っておいた方がいい注意点

ラーメンを食べに行くのに予習をしたのは今回が初めてです。

店内に体が入ったら食券を買う

店内に入った瞬間

行列が進んで店内に体が入った時点でいったん行列から離れて自販機で食券を買い、再び元の位置に並び直すというルールのようです。

初回は「少なめ」を頼むべし

二郎系は麺の量が多いといいますが相模大野店も同様であり、初めての人は「大盛禁止」であるとされています。普通盛りでも相当な量があるため、初回は「少なめ」で様子を見ることをお勧めします。

店内で動画は禁止、人が写りこむ写真も禁止

食券の自販機の所にでかでかと貼りだしてあります。厨房の内部を撮ることも禁止のようですが、逆に言うとラーメンの写真は自由に撮れるということです。

トッピングの種類を伝える「コール」は店主に聞かれてから

ラーメン二郎というと「アブラナシヤサイカラメマシニンニクスクナメ」(背脂なし、野菜多め、スープのタレ多め、ニンニク少なめ)というような呪文のような注文の仕方が有名で、これを「コール」というそうです。

相模大野店のコールは「そのまま」「ニンニク」「ヤサイ」「アブラ」「カラメ」の5種類で、麺が茹で上がる直前に店主の方から聞いてきます。客の方からコールすると微妙な空気になるようなので、店主が自分の方を見て「そちらの少なめの方は?」というように聞いてくれるまでじっと待ちましょう。

ちなみに相模大野店では麺の硬さは指定できず、「マシマシ」もできません。

最後はどんぶりをカウンターにおいてテーブルを拭く

食べ終わったらどんぶりをカウンターの上に置き、最後は布巾でテーブルの上を拭いて席を立ちましょう。その際に店員に「ごちそうさま」と一声かければ気分よく店を出ることができます。

最初は「ブタ入り」と「ニンニク」で失敗した

ホームページ上の写真では「食券購入方法」の一例として少なめラーメン1枚(750円)、ブタ入り1枚(250円)と書かれています。少なめラーメンにはチャーシューが入っていないと思った私はラーメンとチャーシューの食券を買い、ニンニクが入っていないのは寂しいということでトッピングで頼んだのですが、これが失敗でした。

どんぶりの上には山盛りの野菜に加え、何ともう一つチャーシューの山ができているではないですか。チャーシューの脂身と大量の刻みニンニクの刺激は相当なもので、息も絶え絶えとなりながら何とか完食しましたが、しばらく胃がもたれてしまって大変でした。

これではとても記事にできんということで、せっかくの写真を消去してしまったことが今となっては悔やまれます。

有名ラーメン店の味をそのままご自宅にお取り寄せ

少なめラーメン「そのまま」と必殺技の天地返し

一回目は散々な結果となりましたが、これで二郎系を評価してしまうのは何やら残念に思われ、日を改めて再度挑戦してみました。

今度は「そのまま」

少なめラーメンの「そのまま」

今回は少なめラーメンでも「ブタ入り」はなしで、トッピングについても「そのまま」です。一般的な二郎系のイメージと違い、意外なことに随分とやさしい見た目です。(野菜の奥にチャーシューが隠れている)

必殺技「天地返し」

二郎系では麺の上に野菜が山盛りとなっており、そのまま上から食べていくと麺にたどり着くころには伸びてしまっていることになります。

天地返し

それを避けるための必殺技が「天地返し」で、どんぶりの底から麺を持ち上げ、野菜と麺をひっくり返して野菜の上に麺を置きます。主として麺が伸びないためにするものですが、これにより野菜とスープがなじんで食べやすくなるという効果もあります。

むしろさっぱりとした健康的なラーメンだった

極太麺はどちらかというと柔らかめです。スープは少々辛めの醤油味がベースとなっていますが、脂がギトギトというイメージとは正反対で、極太麺とよく合っていました。野菜がたっぷりと入っていることから、どちらかというとさっぱりとした健康的な味わいだったと思います。

ラーメン二郎相模大野店は決して怖くない

ネット上でも賛否両論(賛の方が多いようだが)のスモジですが、すべての客に平等に美味しいラーメンを食べてもらいたいという店主の真面目さが原因であるように思います。いろいろと決まりごとの多い面倒な店のようにも感じられますが、よく見れば難しいことは何一つなく2回目になれば快適に過ごすことができます。スモジは決して怖い店ではないのです。

 

※有名店のラーメンの味をそのままご自宅にお届けする全く新しいサービス。職人が作った手作りのスープをパックして冷凍便にてお届け。詳しくはコチラ

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆町田・相模原周辺の名店

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com