酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖伊勢うどん〗ふくすけは単に柔らかいだけではなかった

今回は「ふくすけ」をご紹介します。熱田神宮と伊勢神宮を巡る旅の途中で立ち寄りましたが、伊勢うどんを体験することは私にとって伊勢神宮の御朱印を頂くことと同じくらい重要なことでした。全国各地に存在するご当地うどんの中でも伊勢うどんは超個性的な存在で、平成25年の実施された式年遷宮の際によくテレビで紹介されていましたが、私はこれまで食べたことがなかったのです。麺類を主要テーマの一つとするブログを運営しているものとして、伊勢うどんはどうしても外すことはできません。

伊勢うどんとは?

伊勢うどんとはその名の通り伊勢市を中心とするエリアで食べられているうどんで、徹底的に時間をかけて柔らかく茹でた極太麺に、たまり醤油にだしを加えた黒く濃厚なたれをからませて食べます。具やトッピングが少なく、薬味の刻みネネギだけで食べることがほとんどです。

極太麺であるために、麺を茹でる時間が非常に長く、通常のうどんが15分程度であるのに対して1時間近く茹でるといいます。常に茹で続けているため釜のなかからすくってすぐに提供でき、汁がないためすぐに食べ終わることができます。そのためお伊勢参りで混み合う客を次々さばくのにも適したメニューであり、現在に至るまで人気メニューであり続けています。

江戸時代から続く超人気店「ふくすけ」

伊勢はそう簡単に訪れることができるような場所ではないので、店選びに関しては事前に入念に情報を収集して検討し、最終的に「ふくすけ」を選びました。

ふくすけ「食べると福がある」ということにちなんで名づけられた店名ですが、江戸時代から「生きているうちに食わなければ、死んで閻魔に叱られる」と言い囃されるほど人気だったといいます。

現在でも「伊勢うどんの美味しい店」というテーマでググれば大抵の記事で真っ先に名前が挙げられるような店であり続けています。

人気スポットの「おかげ横丁」に面する「ふくすけ」

伊勢神宮内宮のお参りを終えて時刻は12時半です。ちょうど食事時でひょっとして恐ろしいくらいの行列ができているかもしれないと思いつつ店に向かいました。

おかげ横丁「ふくすけ」は「おはらい町通り」と直交した「おかげ横丁」に面しています。「おかげ横丁」は伊勢を代表する人気スポットであるため、週末ともなると観光客で大変に混雑するエリアとなります。

ふくすけの看板左側の屋根の奥に「伊勢うどん」の「勢どん」という文字が見えますが、こちらがふくすけです。

ふくすけの店頭座敷にテーブルが並んでいますが、それ以外に土間に縁台がいくつも並べられ、そこでも大勢の人がうどんを食べていました。平日で天気が悪かったこともあり、心配していた行列はありませんでした。

講札店内には講札と呼ばれる看板のような物が数多くかけられています。かつて伊勢詣でのための「講」が全国に数多く組織されており、それぞれの「講」が指定した旅館にはこの「講札」が目印として掲げられていました。講札が数多くかかっていることはそれだけ人気があったという事を意味します。

スポンサードリンク

日本一受賞米 究極のコシヒカリ【美食市】

単に柔らかいだけではなかった

「手打ち伊勢うどん」を注文すると番号札を渡され、5分程度で番号が呼ばれうどんが運ばれてきました。次々と訪れる客にすぐに出せるよう、うどんは常に茹で続けているようです。

手打ち伊勢うどん評判通り極太でふわふわしているように見える麺が印象的です。

かき混ぜた手打ちいせうどん思わず「伸びてんじゃねえか?」と心の中でつぶやきましたが、かき混ぜると意外と弾力がありしっかりとだれが絡みました。単に柔らかいだけのうどんならこの時点で崩れてグチャグチャになったはずであり、どうやら柔らかい以外の何かがありそうです。

食べてみると実に不思議な食感です。ふわふわモチモチしていますが、柔らかい中にどこか一本芯が通っていて全体的にはシャキッとしています。食物繊維がいっぱい入っているような感じで、事前に想像していたイメージとは全然違っていました。

完食した手打ち伊勢うどんそうであるなら話は簡単です。余計なことを考えることなく一心不乱に貪り食い、たちまちのうちに完食しました。

柔らかさに加えてコシもある

柔らかいうどんといえば「道頓堀今井」のきつねうどんが有名ですが、これはだしの旨さを十分に味わうためのうどんです。讃岐うどんにおけるぶっかけのようにたれを絡ませるタイプは純粋に麺を味わうものであり、うどん自体がよほどしっかりとしていなければお話になりません。

たれを纏ったふくすけのうどんからは甘辛いたれの味だけでなく、しっかりとしたのど越しも感じました。柔らかいだけではなく実はコシもあるのです。

「コシがある」と「硬い」を混同している人が多すぎる

伊勢うどんを評して通常使われるのが「徹底的にコシをなくした」という表現で讃岐うどんの対極とされていますが、これには疑問を感じています。

「コシがある」ということと「硬いこと」を混同している人があまりにも多すぎではないでしょうか。当ブログでも繰り返し書いていますが、硬いこととコシがあるということは全く別物です。よくできた讃岐うどんもまた柔らかく、それでいて芯の部分にしっかりとした弾力を備えており、これは伊勢うどんと共通しているのです。

ふくすけを出ておかげ横丁とおはらい町通りを散策した後、猿田彦神社に向かいました。そして月夜見宮までひたすら歩き続けることになります。

 ふくすけ

住所:伊勢市宇治中之切町52おかげ横丁

営業時間:10:00~17:00

定休日:無休

スポンサードリンク

※炊きたてはもちろん冷めても美味い!食感はもちろん香りが違う!コンテストで223点の中から日本一に輝いた阿部助次さんの究極コシヒカリ!詳しくはコチラ

日本一受賞米 究極のコシヒカリ【美食市】

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆旅のスタート地点である熱田神宮

www.goshuinbukuro.com

◆おはらい町通りとおかげ横丁を歩いてみた記事

www.goshuinbukuro.com

◆柔らかいうどんで人気の関西うどんと博多うどん

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com