酒とうどんと御朱印の日々

この1年でサンライズ出雲・瀬戸に3回乗りました。こんな素晴らしい列車を廃止させてはいけません。皆さん、乗って残しましょう。

風船を割って出てくるのは水滴?と疑うような不思議な和菓子

〖骨付鳥〗うどん市場兵庫町店は味も見た目も典型的讃岐うどんだった

うどん市場兵庫町店(うどんいちば)は高松を代表する繁華街の入口に位置しており、お昼だけ営業する店が圧倒的という讃岐うどん店の中で夜まで営業している便利な店です。味も見た目も典型的な讃岐うどんで、骨付鳥も食べることができました。

高松を代表する繁華街に位置するうどん市場兵庫町店

高松市の中心部を南北に貫く高松中央商店街は、兵庫町・片原町東部・片原町西部・丸亀町・ライオン通り・南新町・常磐町・田町の8つの商店街を総称したもので、アーケードの総延長は2.7㎞あって「日本一長いアーケード」として知られています。一日の通行量は平日が約13万人で休日が約14万人(共に2011年)となっており、平日・休日共に四国でもトップクラスの通行量です。

なかでも兵庫町商店街はJR高松駅に最も近い場所に位置しており、高松中央商店街の表玄関と言ってもよい立地となっています。

はなまるうどんの巨大店舗

まさに高松を代表する繁華街であり、はなまるうどんの巨大店舗も出店しています。この店は10年前に高松に来た時にもありました。丸亀製麺は香川県内では苦戦が続いていますが、はなまるうどんは頑張っているようです。

うどん市場兵庫町店

その「はなまるうどん高松兵庫町店」の斜め前に位置しているのが「うどん市場兵庫町店」です。

(広告)

夜まで開いている便利な店

讃岐うどんは基本的に昼食として食べるものであり、夜まで開いている店を探す際は苦労します。夕食をとる店ということで探して見つかったのがうどん市場兵庫町店で、結果的に宿泊していた高松東急REIホテルのすぐ前にありました。

うどん市場の1号店である塩屋町店が誕生したのは1983年で、「市場のように安く、市場のようにいろんなものがあって、市場のように賑わっている」店を目指して名付けられたといいます。現在は兵庫町店のみのようですが、この店は1995年に私が高松に赴任した際に既にあったように記憶しています。讃岐うどんのあまりのマニアックさに面喰い、どう注文していいかわからない「セルフ恐怖症」になりかかっていた私にとって、こういう「入りやすい」店は本当にありがたかったのです。

骨付鳥も扱っている

和食の兄と洋食の弟がコンビで始めたというだけあってうどん市場兵庫町店では讃岐和牛や温泉卵を使用したかけやぶっかけなど数多くのメニューがあり、特に香川第二の名物と言われる骨付鳥も扱う珍しいうどん屋です。

骨付鳥は塩・こしょう・ニンニクで味付けした鶏モモ肉を焼いたもので、ハリウッド映画に出てきたローストチキンをヒントに丸亀の居酒屋で開発されたものです。高松に住んでいた当時「そのうちに」と常に思っていながら急な異動により食べる機会を失ってしまっていたもので、正式なものはこの前夜に食べていました。

きちんと焼くと20分かかる(ビールを飲みながら待つしかない)ものを讃岐うどんの店でどう扱うか注目です。

(広告)

見た目からして典型的な讃岐うどんだった

うどんはオーソドックスにかけうどんを注文しました。

うどん市場のかけうどん

半透明な麺と透き通った出汁という、見た目からして典型的な讃岐うどんです。麺は柔らかくて程よい弾力があり、のど越しが良く口の粘膜に吸い付いてきます。イリコの香りが漂う出汁もやさしい味わいで、麺と絡んでお互いの良さを引き出しあっていました。

骨付鳥

骨付鳥もそれほど待つことなく登場しました。恐らく既に焼き上がっていたものを温めなおしたのでしょう。

骨付鳥の食べ方の解説

食べ方の解説まで壁に貼られていました。

はさみでカットした骨付鳥

ハサミを使って肉をカットします。にんにく醤油が肉の味を巧みに弾き出して大変に美味でした。

うどん市場兵庫町店

高松市兵庫町2-8

営業時間

11;00~17:00(月)

11:00~20:00(火~土)

定休日 日・祝(連休の場合は営業)

(広告)国内最大級宿泊予約サイト!「宿泊+航空券」「宿泊+新幹線」が可能!

◆今回の旅で巡った店

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com