酒とうどんと御朱印の日々

過ごしやすくなりました。GoToキャンペーンで各地の個性的な神社仏閣を巡りませんか

〖渋谷〗澤乃井の釜揚げうどんは魚介系スープのような複雑で力強い味だった

宮益坂上の澤乃井は釜あげうどんの元祖ともいわれる宮崎うどんが名物で、看板メニューの釜揚げうどんを実際に食べてみました。釜揚げ特有のモチモチフワフワした麺が魚介系を思わせる複雑で力強い味のつけ汁をしっかりと受け止め、美味しいうどんだったと思います。

宮益坂上にある宮崎うどんの店

澤乃井の店

澤乃井は渋谷駅から宮益坂を上りきる寸前に位置する宮崎うどんが名物の店です。店内の雰囲気は居酒屋そのもので、またうどんだけでなく蕎麦も扱っています。

メニュー

それでも店が最もアピールしているメニューが釜揚げうどんであり、また周囲を見回すとほとんどの客がうどんを食べていました。

澤乃井の開業は昭和59年で、先代の店主が釜あげうどんの元祖ともいわれる宮崎うどんの中の名店「重乃井」で修行の後に開業させました。厳選した2種類の粉をブレンドして毎日うどんを打ち、全国の産地から厳選した醤油・椎茸・昆布・鰹節を使用して出汁をとっていますが、オリジナルよりは若干辛めで関東人の好みに合わせているようです。

芸能人のサイン

店内には多くの芸能人やスポーツ選手のサインが掲げられており、こんなところからも相当な有名店であることが伺えました。(「河合奈保子」の名前を本当に久しぶりに見た。)

ちなみに赤坂にも「澤乃井」といううどん屋があるようですが、こちらとの関係は全く分かりません。

宮崎うどんとは?

九州でうどんといえば博多や長崎の五島列島が有名ですが、それらに比べて宮崎うどんというのはほとんど知られていないのではないかと思います。

澤乃井の先代店主が修業した唱和41年開業の重乃井が元祖とされており、茹でたうどんを釜からすくい、水で締めることなくそのまま出す「釜揚げ」うどんで人気となりました。「釜揚げ」は讃岐うどんでも王道中の王道の食べ方ですが、麺が若干細めでフワフワしており、またつけ汁の味が全く違います。最後にゆで汁でつけ汁を割って「そば湯」のようにして飲むというのも宮崎うどん独自の文化です。

魚介系スープのような複雑で力強い味

釜揚げうどん

基本メニューということで釜揚げうどんを注文しました。麺は釜揚げ特有のモチモチフワフワした食感で、若干細目であること以外は讃岐うどんとされほど差はないのではないかと思いますが、つけ汁が全く違っています。

讃岐うどんのつけ汁が醤油をベースとした「かえし」と出汁を合わせたスッキリとしたものであるのに対し、澤乃井のつけ汁は多種多様な成分が絡み合った複雑な味わいで、魚介系つけ麺のスープを思わせる力強さがありました。複雑で力強い味のつけ汁をモチモチフワフワしたうどんがしっかりと受け止め、全体としては大変においしいうどんだったと思います。

残ったつけ汁

最後に残ったつけ汁をどんぶりからすくったゆで汁で割り、そば湯のようにして飲むのが宮崎流です。対して期待はしていなかったのですが、これもまたなかなかの美味でした。

澤乃井

住所:東京都渋谷区渋谷1ー8ー5小山ビル1F

営業時間;11:00~23:00 [月~土]

11:00~20:00[日・祝]

定休日;年末年始

★スマホでご覧の方はPCでも見て頂きますと写真がよくわかります。

 「参考になった」という方ははてブのところをポチっとして頂きますと幸いです。

◆全国各地のご当地うどん

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com